アトピー性皮膚炎とは

February 11 [Mon], 2013, 16:35
忍者になりたいブログ


アトピー性皮膚炎とは、アレルギー様の症状とつながっている状態の中でお肌の強い症状(かゆみ等)が現れるものであり要するに皮膚過敏症のひとつである。
美白という美容法は1995年から1999年頃に化粧品会社創業者・鈴木その子が必要性を訴えて流行したのは記憶に新しいが、それよりももっと以前からメラニン色素の沈着による様々な皮膚トラブル対策の言葉として使われていたらしい。
ついついパソコンの画面に集中してしまい、眉間に縦ジワを作り、更にへの字口(ちなみに私はこの形を「富士山口」とも呼んでいます)をしているのではないでしょうか?これはお肌にとって最悪です。
メイクの良いところ:自分自身の顔立ちがいつもより好きになれる。顔に無数に点在する面皰・クスミ・毛穴・ソバカス・傷跡等を隠せる。時間をかけて美しくなっていくというワクワク感。
かつ、たるみに深く関わるのが表情筋。これは様々な表情を生む顔の筋肉のことを指します。肌のコラーゲンと同じく、この表情筋の力も年齢を重ねるにつれて衰えてしまいます。
ドライスキンとは、肌に含まれるセラミドと皮脂の量が標準値よりも下落することで、肌(表皮)から水分が失われ、皮ふがパリパリに乾燥する症状を示しています。
「デトックス」術に危険性や課題はまったく無いのだろうか。そもそも身体に蓄積する毒素とは一体どんな性質のもので、その「毒素」は果たしてデトックスで流せるのだろうか?
その上に日々の暮らしのストレスで、メンタルな部分にも毒素は山ほど蓄積され、体の不具合ももたらしてしまう。この「心身ともに毒まみれ」というような感覚こそが、人々をデトックスへと駆り立てる。
美容とは、整髪や化粧、服飾などを利用して見た目をより一層美しくするために手を加えることを言う。なおかつ、江戸時代には化粧(けわい)と同じように使用されていたそうだ。
よく女性誌でさもリンパの滞りの代表格であるかのように掲載される「浮腫」には大別して、体の内側に潜んでいる病気によるむくみと、特に健康面で問題のない人でも発生するむくみがあると広く知られている。
そんな状況で大多数の皮膚科医が採用するのが、美白化粧品に配合されているビタミンC誘導体である。外用抗菌薬も併せて使うと6ヶ月前後で快癒に持っていけることが多いそうだ。
思春期ではないのに出現する難治性の“大人のニキビ”の社会人が増加傾向にある。10年間もしつこい大人のニキビに苦痛を感じている人々が評判の良いクリニックにやってきている。
尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸(hyaluronic acid)を混ぜた美肌水は皮ふに優しく、肌が乾燥しやすい方に効果的な化粧水です。防腐剤や芳香剤等の余分な成分を使っていないため、敏感肌の人でもご使用いただけるのが特長です。
アトピーというのは「不特定な場所」という意味のギリシャ語のアトポスを語源とし、「何かしらの遺伝的素因を保有している人のみに確認される即時型アレルギーを主とする病気」のことを指して名前が付けられたと考えられている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:sakorarwa
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sakorarwa/index1_0.rdf