地金相場と金相場 

April 11 [Thu], 2013, 10:34
金の相場と言っても、実は2つあるのです。
ひとつは今まで述べてきました金の相場であり、もうひとつが地金相場と呼ばれるものです。
この地金とは実際に存在する金のことを言います。またその実際の金を売買することを地金相場というのです。
これに対して金相場というのは、実際の金を持たずして取引を行うものです。インターネットを利用して売買を行います。
ですから金の実物が世界でを動いているわけではないのです。
金を売買する場合には、購入伝票だけのやりとりをするのです。
金自体は銀行などに預けられているのです。
そしてその価値は実際の金の価格より高く評価されて取引されています。
勝手に投資対象として、価値だけが取引される中で価格が上昇しているのです。ここが金融市場が複雑と言われる所以ですね。

金とは限られた資源です。世界中に存在する金の量は決まっていますから、売買できる量も上限があります。

その金を純粋に求める人もいれば、金相場に投資をしようとする人もいるのです。
金と言う本来安定した高い価値のある資源の価格を変動させてしまうのが、金相場なのです。

元金融系会社OLの呟き
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:よくる
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる