Finals week 

2005年05月13日(金) 17時22分
5月9日から12日までは私の大学のfinals week。Final examづくしの週・・・。
今回の私の日程は9日→Child and developmental psych, CSCI。10日→Modern world civilization。11日→principles of biology, statistics。最終の12日はなし。
なんとかすべて終え、金曜日に友達の引越しを手伝いに行った。
車を持っているのが私しかいないため、何往復もし、家にすべての荷物を運びいれ・・・なかなかの力仕事だった。寮はみんな引越しの真っ最中。家族が総出でトラックやら大きい車やらで荷物を運び出していた。
引越しを手伝った後、最後になるからということでみんなでApplebee'sに夕飯を食べに行った。そしてMariaと由香が家に泊まりにきた。由香は夏の間私のかわりにアパートに住むため、Mariaは明日の卒業式に行くため(寮は今日で閉まったから)1泊だけ泊まりに来た。
夜遅くまでみんなで話して寝た。

Leaving Nebraska 

2005年04月24日(日) 6時15分
朝起きてAshleeとママと一緒に教会へ。日曜の朝は多くの人が教会へ出かける。私はクリスチャンじゃなくて仏教徒なんだけど、興味があるので一緒に行った。というのも私はカトリックの教会には行ったことなかったから。Ashlee親子はカトリック教徒。古くて小さい教会だったけど中はきれいだった。カソリックはキリスト教の中でも厳しいと有名だけど、確かにそんな感じがした。入って正面にキリストの像があるのは同じだけれど、席に着く前には一礼し、聖書を読んだり、神父の言葉を繰り返した後は十字を切ったりとルールがあるようだった。私はキリスト教ではないのでやらなかったけど、みんなやるから居心地が悪かった。Baptistの教会は厳しくないので居心地は悪くないけど。やっぱり寺の方が居心地はいいです。
家に帰って近くにある馬のブリーダーをしている人のところに馬を見に行った。昨日の夕食に来ていた人の一人がそこで働いていて、子馬がたくさん生まれたから見においでって言ってくれたので。すごくたくさんの馬がいてびっくり。子馬も何匹もいてかわいかった。子馬って思ったよりも大きくてびっくり。そこには犬もいたし、牛もいた。Ashleeも初めて来たらしく、こんなにたくさんいるとは思わなかったって言ってた。一回りして家にもどった。
家に着くとMikeの両親、妹がいて今から鶏を肉にすると言っていた。Ashleeの家の鶏たちを肉にするらしい。みんなは気を使ってやらなくていいよって言ってくれたけど、一緒に手伝うことにした。生きている鶏を目の前で肉にする作業なんてそうそう体験できない。なにより私はそういうことは基本的に平気だから早速作業に取り掛かった。鳥を捕まえてきて吊るし首を落としてお湯で軽くゆでて羽を取る。かわいそうだって思ったけど、スーパーに売られてる鶏肉だってこういう作業を経て店に並んでるわけだし。羽をとる作業を手伝った。力もいらなくするする抜けていった。あとは、さばいてきれいにして完成。さばいたりするのはMikeの家族がやった。
作業がだいぶおわり今度はAshleeの車を洗車。4WDのでかい車だから洗うのも一苦労。そのあとMikeの家族と一緒に来てた5歳と2歳のAshleeのいとこと遊んだ。Ashleeの家の庭にある大きいトランポリンで遊んだりしてた。
写真は見に行った馬たち。右の写真の馬は目の青い珍しい馬。

Grand Island 

2005年04月23日(土) 5時29分
この日は朝起きてシャワー浴びて、シリアルを食べて11時頃に家を出た。Ashleeがシャワー浴びてる間、ママがコーヒーを飲みたいか聞いてくれて、私はコーヒー大好きだからもちろん飲みたいっていったらいっぱい作ってくれた。ママもコーヒー大好きなんだけど家族がほとんど飲まないからいつも作っても飲んでくれる人がいない。だけど今日はサキがいるから一緒に飲んでくれて嬉しいって言ってた。ママはespressoが大好きらしくて、espresso makerとコーヒーメーカーが一緒になったやつを使ってた。Ashleeが支度できたら家を出て少し離れてMikeの働いてる仕事場に行った。Mikeは家族(Mikeの兄弟たち)でやってる工場で働いてて車の修理、点検、ディーラー、家の修理なんかも請け負ってるらしい。そこでAshleeが買いかえようと考えてる車を試乗しがてら今日一日をその車で過ごすことに。車を乗り換えてGrand Islandへ向った。Grand IslandはNebraskaで3番目に大きい町。今日はそこでAshleeのstep brotherのシェーンのflag footballの試合を見に行った。flag footballは基本はアメフトと同じでタックルする変わりに腰についた布(flag)をとる。あと、ポールがないので得点方法はタッチダウンのみ。シェーン大活躍で相手のflagとりまくってた。
試合が終わり、Ashleeと私はみんなと別れてmallにいった。モールはHaysよりも大きく、victoria's secretやAmerican Eagleがあった。そこを少しぶらぶらして、昼ごはんを食べにRUNZAへ。RUNZAはほぼNebraska内のみの店舗展開でファーストフード。Ashleeお勧めだというので行ってみて、そこでおすすめのメニューRunza OvenStuff'd Sandwichesを頼んだ。中に牛肉とたまねぎの炒めたものが入ってるパンでドイツ料理のbierockに似てる。すごくおいしかった。
RUNZAを出たあとはSt.Paulという小さい町にAshleeのヘアカットをしに行った。私はしなかったんだけど、どんな様子か見に行くことにした。美容院では何人かの女の子がいて髪をきれいにまとめてもらっていた。どうやら近くでPromがあるらしくそのため。Promとは高校の卒業パーティーみたいなもの。みんなきれいに着飾ってドレス着ていく。そのおかげで予定よりも遅れてAshleeのヘアカット終了。そして家に帰った。

Going to Nebraska 

2005年04月22日(金) 5時12分
今日から日曜までNebraska州にあるAshleeの実家に遊びに行くことになった。Nebraska州はKansasのすぐ北にある州でくっついている。Haysは北のほうにあるからわりとNebraska寄り。だから違う州といっても1〜2時間くらいでNebraskaまで行ける。
Ashleeが私を迎えに来てくれて2時半すぎくらいにAshleeの車で出発。Ashleeの家のあるDannebrogという町までは3時間半くらいかかる。途中でガスステーションに寄ったりしつつのドライブ。Haysからひたすら北に向かいNebraskaに入った。そのあとは少し行って東に方向を変えてひたすら行き、Kearnyという町のあたりで少し北東の方向に行った。KearnyはスポーツでのFHSUの最大のライバル。カンファレンスが同じなのでバスケなどの対戦相手でもある。私がKearnyを知っているので、AshleeがKearnyに寄って少し町の様子を見せてくれた。Haysより大きい。店もたくさんある。Haysと同じくらいかと思っていたらKearnyはNebraskaで5番目くらいの大きさの町らしい。知らなかった〜。
Kearnyをでて1時間くらい行き、Ashleeの家に着いた。Dannebrogは小さな町でお店もほとんどなく、のんびりしたところだった。家に着いて玄関にAshleeのお母さんが出迎えてくれた。写真では見たことあったけど実際に会うのは初めて。スタイルが良くてきれいなお母さん。おしゃれだし。自己紹介して、少し話して中に入ると今度はAshleeのstep fatherのMikeがキッチンにいた。そこで少しまた話して、私が泊まる部屋に案内してくれた。荷物を置いてリラックス。Ashleeの家は一階建てで広くない家だけどすごくきれいにしてて、飾りつけもかわいいし、手入れの行き届いてる家だった。そして居心地がすごく良かった。テレビを見ているとAshleeの家族の友達の家族が何人か来てみんなでDinner。おいしかった。Ashleeのママはワインが好きなので私とAshleeにも白ワインを出してくれた。ママは赤だけど。Mikeはビール。両親が夕飯のときにお酒を飲むのは私の実家と同じだったからなんか余計リラックス。
ご飯の後はみんなでカードゲーム。ピッチというゲームをやった。私は途中で子供たちとUNOを一緒にやった。Ashleeの両親の友達の息子と娘で10歳と11歳くらい。1時くらいまでゲームは続き、そのあとはベットでぐっすり。
写真はAshleeの家の前から撮った周りの風景。まわりはほとんどFarm land。

Denver Nuggets 

2005年04月19日(火) 13時34分
Denver Nuggetsが今日の試合でレギュラーシーズンを終えた。今季は出だしはあまりよくなくて途中はかなり連敗続きだったけど、CoachがGeorge Karlになってからすごく調子が上がって32勝8敗(George Karlになる前は負けの試合数の方が勝ちの試合数より多かった)というすごい記録を作った。そのおかげでNuggetsはWest conferenceを7位で終えることができた。プレーオフは各カンファレンス上位8位までだから見事プレーオフ進出!
そして今日のレギュラーシーズン最後の試合もPortland Trailblazersに勝利。いい形で終えました。
プレーオフの相手はWest 2位のSan Antonio Spurs。Tim Duncanも怪我から復帰し、強敵だけど勝てない相手ではないと思うので頑張って欲しい。

私のNBAで一番好きな選手はNuggetsのEarl Boykins。彼のプレーは私の理想のPG。彼は頭を使ってプレーするのがうまい。それにムードを変えるということにかけては素晴らしいタイミングでやってくれる。点が欲しいときには自分で突っ込んでいって点を決めるということもできるし。すばらしいアシストをしてみんなの勢いをつけさせることもできる。NuggetsのスターターGのAndre Millerとはまた違ったG。Millerももちろんすごいとは思うけど。あとはCarmelo AnthonyとKenyon Martin。Boykins, Anthony, Martinは顔的にも好きだし。Nuggetsはみんな平等にうまい。誰が欠けてもベンチからの選手がそれを補えるという理想的な形。

今季は去年よりもNBAをよく見てるし、ニュースとかもよくチェックしてると思う。きっと一緒に住んでる智也とRobertがNBA好きっていうのもあるんだと思う。2人は私よりもずっとNBAに詳しいし。バスケについては私はRobertよりは詳しい自信はあるけどな〜。
基本的にWestではNuggets、EastではHeatに頑張って欲しいです。
もうすぐシーズン終わっちゃうと思うとさみしい・・・。
写真は左がMartin、右がAnthony。NBAのサイトより拝借。

over the rainbow 

2005年04月10日(日) 13時20分
今日はHaysでは珍しい雨。Haysに雨が降ることは少なく、基本的に乾燥地帯だからいつも晴れか曇りで空気が乾燥してる。湿った空気を感じるとその日は雨が来ることが多い。
今日の雨はいきなり降り出して、どんどん強くなってきて、そしてゆるくなってすぐやんだというスコールみたいなものだったんだけど、雨が降ってるときに私の部屋の正面に虹が現れたので写真を撮った。虹なんて見たの久しぶりだった。
虹のふもとには宝が埋まっているという言い伝えがどこかの国にあったと思うけど、今回の虹のふもとは家の目の前だった気がする。と言うことは家の前に宝が??
それはどうかわからないけど、虹がそのときの気持ちを明るくしてくれることは確か。
毎日に追われてその日その日を一生懸命に過ごすのではなくてたまには立ち止まってゆっくりとまわりに目を配ることも大切。そう感じた瞬間でした。
題名の"over the rainbow"は有名な歌の題名。Crystal Kayもアルバムでカバーしてたはず。いい曲です。

International Spiced up 

2005年04月07日(木) 6時04分
ISUのイベントでInternational Spiced upというのに参加した。International studentが自分の国について紹介(プレゼンテーションなど)するイベント。今回はインドネシア、ロシア、セントルシア、べネスエラの4か国から来た人たちがやった。パワーポイントを使ったりした紹介で写真などもたくさん見ることができた。
紹介が終わったあとはそれぞれの国の料理を試食。みんなプレゼンターが作ったもの。全部おいしかった。特にインドネシアのやつ!白いごはん(アメリカの米だけど)とその上に乗せて食べる鶏肉と野菜炒めみたいのだったんだけど、野菜炒めの味がなんともしっくり来る味だった。やっぱりアジアだからかな。味がある油(Mariaいわくstir fly oilという名前らしい)で炒めてあるんだけど醤油と唐辛子が使ってあるような味。ごはんによく合っておいしかった。

写真は左から私とロシアからの生徒Irena、そしてインドネシアからの生徒Maria。2人ともGraphic Design major。あとIrenaは20歳、Mariaは17歳。

Daylight Saving Time 

2005年04月03日(日) 5時04分
Daylight Saving Time(日本ではサマータイム)が今日から始まった。私はこっちに来るまでサマータイムは英語だと思ってた。だけど実際はDaylight Saving Timeでサマータイムではない。DSTは4月の第一日曜の夜中2時から始まる。一時間進めるから、4月の第一日曜日になったばかりの夜中の2時が同日夜中の3時に変わる。だから4月の第一日曜日の夜中の2時1分から2時59分までは存在しないことになる。今年は4月3日が第一日曜なので今日。
このシステムは日本ではないから初めは不思議だったけど、慣れれば8時なのにまだ明るい〜。って言う感じになって気分的に気持ちがいい。
DSTに変わるときは1時間損してる計算になるけど、1時間だけだから生活のリズムが変わるわけでもなく大丈夫。DSTになったのを忘れてしまうと次の月曜のクラスに遅刻ってこともある。DSTはもうすでに適用されてるので1時間早く授業が始まるため。
逆にDSTは10月の最終日曜日の夜中の2時におわる。つまり10月の最終日曜日の夜中の2時が1時間戻って1時になる。こっちは1時間得した気分。
実際には私は両方ともDSTが始まる、または終わる日曜になる夜中寝る前に時計を合わせて寝る。そうすれば朝起きるときにはDSTが始まっている(終わっている)状態になるから。
とりあえず、4月の3日からDSTが始まったので夜の8時くらいでも外はまだ明るい。夏の真っ只中だと9時すぎまで明るかったりする。
写真はDSTスタート後の夜8時頃の空。まだまだ明るい。

Leaving Denver 

2005年03月26日(土) 5時24分
ツナのフライトは8:55am。国際線だから(乗り換えするけど)、2時間前に空港に着かなくてはいけない。だから5時半頃起きて仕度して、6時から始まっているcontinental breakfastで朝食を食べてチェックアウトして空港へ向った。空港へは30分くらいで着いて、ツナの利用するNorthwestのカウンターへ行き搭乗手続き。機械を使ってやるセルフだったからすぐに済んで荷物を預けてベンチに座って話してた。このとき雪と雨が降っていたので飛行機が飛ぶか心配だった。でも画面のon timeの表示は変わらず、1時間前になったので荷物チェックを受けるため中にいくことにした。私たちは中に入れないのでここでツナとお別れ。最後に写真を一緒に撮って入り口まで見送った。またしばらく会えないので寂しくなった。15時間くらいの飛行時間をかけて日本からわざわざ来てくれて本当に嬉しかった。
ツナと別れてから空港を出てみのるを家まで送ってみのるともそこでお別れ。私たちはそのままHaysへ向った。最初の1時間半ほど仮眠を取らせてもらって、そのあとHaysまでの4時間くらいを私が運転した。途中、Colbyで昼ごはんを食べて、3時くらいHaysについた。由香を寮まで送っていって家に帰った。疲れていたのでそのまま昼寝。8時頃一回起きたけどおなかもそこまですいてなかったし眠かったからそのまままた寝た。で、朝まで熟睡。15時間くらい寝た。朝起きてメールをチェックしたらツナから無事日本に着いたというメールが届いてた。よかった。月曜からはまた学校・・・。残り2ヶ月弱頑張ります。ツナと私。Denver国際空港にて。もっとツナといっぱい写真撮ればよかったな〜。

outlet mall 

2005年03月25日(金) 4時59分
朝10時頃途中でみのるを拾って1時間ほど離れたところにあるPrime Outlet Castle Rockへ行った。ここにはGap, Nike outlet, Nine west, Tommy Hilfigerなどがある。Outlet mallなので少し安め。店もそれなりに広い。私はここのNike outletで靴を買いたかったんだけどいいのがなくて諦めた。智也はそこで緑のJordanモデルのバスパンを買った。途中お昼を食べつつ一通り回って疲れたので帰ることにした。明日の朝の飛行機でツナが帰ってしまうので残りの時間はみんなでのんびり過ごすことにした。
モーテルに戻る途中でStarbucks coffeeに寄って店内で飲みつつ話をしていた。HaysにはStarbucks coffeeがないため私と由香の希望で最後に飲みたいということで寄った。Denverの街中にはそこら中にStarbucksがあり探さなくてもすぐ見つかるくらいだった。1つくらいHaysにわけてくれてもいいのにね〜。
モーテルに戻りゆっくりして夕食を食べにモーテルの目の前のモールに行った。アメリカンな食事が揃うBuffetでみんなで最後の夕食を食べた。おなかいっぱいになって部屋に戻り、夜遅くまで話してた。
写真はoutlet mallに行く途中に見えたロッキー山脈。
2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像ちわ
» Leaving Nebraska (2005年05月04日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:saki_salt
読者になる
Yapme!一覧
読者になる