出産レポ (長い。目のために早く書く。)

December 16 [Thu], 2010, 14:52
※リアル表現あり。興味のない人はとばしてください。
記録として残しておきたいので 書きます。


12月5日(日) PM8:30

この日は おじいさんに会いに行って、車に往復1時間半揺られました。
お腹に向かって「もう出てきていいよ。出たい出たい出たい。」と話したのも、この日が最初。
帰ってきて トマト鍋を作って食べて 妹が帰ったあと
突然 鈍い痛みが一撃お腹に走ったような気が・・・。

お腹を抱えて ソファに横になる。。。
「なんだか今までにない痛み。感触・・・気のせいかな」

12月5日(日)深夜〜6日(月)早朝

さっきお風呂に入ったからか、 なんかチラチラとお湯が出るきがする。
と、思いながら、床につく。

寝返りのたびに なんか出るかんじ。
熟睡できず。

12月6日(月)AM7:00
この不安を残したまま生活できないので、
ひとまず 産婦人科に電話。「まさかとは思いますが・・・」と、症状を話すと
「9時から診療開始なので、9時にいらしてください」
とのこと。
念のため、かばんに用意してある、入院の準備の最終チェックをして玄関においていく。

12月6日(月)AM9:00
一番に診てもらえた。
「まさかとは思うんですけど・・・」と一言断り、診てもらう。
内診をするなり 先生が
「破水してます。入院になります。」
と冷静に 応えるではありませんかーーーー。

パニックになりそうなのをこらえて 先生の説明を聞く。
陣痛が起こる前に起こる「破水」を「前期破水」というらしい。
陣痛がすぐ起きそうな感じもないので、誘発剤を飲んで陣痛を起こすらしい。
破水をすると細菌に感染しやすいとのことで、点滴もするとのこと。
助産師さんたちが「破水です」と連絡し合っているのをよそ目に二階の入院病棟に連れていかれる。

12月6日(月)PM10:00

誘発剤を飲む。
まだ陣痛はこないので、病棟ひととおり案内してもらう。
点滴も打つ。

12月6日(月)PM1:00
また誘発剤飲む。
なんとなく にぶい痛みがきてる。
お昼も食べ終って、元気、元気。
親が入院グッズを届けてくれる。

12月6日(月)PM1:00
また、誘発剤。
痛みが10分間隔。
でも余裕
昼ドラに出てくる主人公の秋田弁は、秋田弁ではない。ずーずー弁だ。


12月6日(月)PM2:00
先生がきて、「陣痛がついてきたんで、誘発剤はもう飲まなくていいです。」
とのこと。


12月6日(月)PM3:00〜
痛みが5分間隔。
確か、夕方にかけて 陣痛の合間に何度かトイレに行き、全部戻した。
誘発剤も出てきてしまった。いいのかな。
陣痛がくると痛みでトイレの床にうずくまって、痛みが引くのを待つ。
その後は 何も口に入らず、
用意した「ウィダーインゼリー」も飲めない。水もちょっとした飲めない。
親が一度帰る。


ここから 地獄。地獄。地獄。

何も手につかないくらい痛い。腰が完全に砕け散っていると思われ。
次第に痛みが 2〜3分間隔。
親も駆けつけるが、何を聞かれても無言。
本当に痛いと 人間 声もでない。涙もでない。

コータロに携帯かけて、親にそのまま渡す。
代わってもらったけど「うん」を3回しか言えない。


12月6日(月)PM9〜12:00

何度か 内診するために 分娩室に連れていかれる。
(今どのくらい子宮口が開いていて、赤子がどれくらいおりてきてるか診る)
けど、分娩室へ向かう廊下を歩いている途中で、痛みの波がくるので、空き部屋で少し休もうとしたら
助産師さんに「違うよ、そこ。だめ!入っちゃダメ」
といわれ、廊下でひざまずこうとしたら
「だめ!倒れたら起き上がれないよ」
といわれ、手すりにつかまって うめきながら痛みが引くのを待つ。

ほんと 地獄。
妹もいつの間にかきてるけど、痛みのあまり「うん」という声も出せない。無反応。


痛みの波がくるたびに 意味なく何度も ナースコールしてしまう。
次の波で死ぬと思って、親が待っている待合室へ何度も「さよなら」の挨拶をしにいこうとする、
が、痛みで途中でうずくまる。

「テニスボールありますか?」(テニスボールで陣痛の痛みを少し軽減できる)
「おしるし みたいなのきてます」
声にならない声で。

妹に
「コータロ 新潟から 向かってるって!!9時ころ家出たって!!」(来る予定はなかった)
と伝えられるが、
なんと 私の答え
「ふうん」


生きるか死ぬかのとき、人間は驚けない。


12月7日(火)AM0:00
ここから、ずっと 4時半まで分娩室。子宮口8〜9cm。
助産師から親に
「明け方まではかからないでしょう。1時か2時。」


12月7日(月)AM1:20
ついに子宮口全開大。
「いきんでいいよ」の声に 「ようやく」と思い、「死」を感じながらも救われた気分。
助産師さんの
「お父さんもきましたよ」の声に
思わず「お父さん って誰!?赤子の?私の?どっちよ!!」
といいたくても 声にならない。
結局オヤジでした。
コータロはまだ。 7時間はかかるからな。

横向きの方がいきみやすいようだと判断され、
何度も横向きになったり、仰向けになったり
もちろん陣痛は2分ぐらいの間隔。

痛みの波MAXがきたら
「ふーーーーーーーーーーーーーっ」とながーーーくながーーーく息を吐く。
そして 同時に いきむ。
そうすると 赤子がおりてくる。
しかし、私の場合、何も食べてない飲んでないの体力消耗で
2回に1回 微弱陣痛がきてるようで、その微弱ではうまくいきめず、
自分で判断しながら いきまなければならなかった。
しかし、微弱とはいえ、腰をハンマーで思い切りたたかれるような激痛。

いきむ姿勢の練習もさせられた。
何と その2分間隔の間に。腰を分娩台に押し付けて、手すりを手前に持ち上げるように、
顔は顎をあげないで引く。目は閉じるな。助産師さんの顔を見ていきむ。
痛くても叫ばない。叫ぶと いきむ力が顔の方にいって「もったいない」

ここから 助産師と私の格闘。
女の闘い。
私の「ふーーーーーーーーっ」で助産師さんの前髪が飛ばされる。
助産師「もったいない。今のもったいないよ
。もっといきめるよ。」
私「(ふーーーーーーーーーっ じゃなく)ぶーーーーーーーーーーーーーっ」

もうわけがわからない。体力がもたない。
いつ出てくるの。
「お父さん(こーたろ)待たなくていいから 出ておいで。
会いたい 会いたいよーーー」と陣痛の合間に弱い声でもらしてみる。

一番大きな頭が産道を通れなくて、出てきそうになったり 引っ込んだり
助産師さんの「あ、引っ込んだ」
に 絶望を何度感じたか。

「もう どこ切ってもいいから 出して。帝王切開でもいい。」
と心底思う。
夜中なので 眠気も一瞬くるけど、すぐ 激痛でたたき起こされる。

そのうちに 手と唇が がたがた震えているのに気付く。
ビニール袋を口につけて といわれる。
過呼吸症状みたい。

顔の欠けた アンパンマンと一緒で
「いきめ」と言われても 力が出ない。
私、一体 あと30分かな っていわれてから 何時間これやってるんだろ。

「頭が見えてる」と家族に伝えられるが、それから何時間も経過していたようだ。



12月7日(月)AM4:00
「お産の準備をします」
って言われて 
足を上の台に乗せる。(よく見るあの感じ)
助産師さんは手術着になっている。大きいシートみたいなのが向こうの台に広げられる。
その間ずっともちろん「ふーーーーーーーーーーーっ」は続く。

12月7日(火)AM4:20
公太郎到着。
助産師さんに「旦那さん、来ましたけどたちあいますか?」
私「いい。(×)」
と首フル。
陣痛が始まってからはずっと助産師さんに タメ口の私。たまに何か聞かれても無視していた。(ひどい)

あれ、いつのまにか 手術着の先生が。
いきむいきむいきむ。

どことはいわないけど 切られる。
そんな痛みより 陣痛の痛みがすごすぎて 何も感じない。


12月7日(火)AM4:30

フーーーーーーーーーっ

もう 叫ぶなと言われても 声にならない声を発してしまう。
なんて叫んだか覚えてないけど、きっと 異物がつまった掃除機みたいな、人間からは絶対でない声を発していたみたい。
(こーたろは あまりの恐怖に分娩室の前で震えていたらしい)

「もう死んでもいい。さよなら」と
いきんでいると、

下半身が全部もってかれる 感覚。

何かでた?

わおわおわおわお!!!!!!



助産師「いいよいいよ。ここからはハッハッハッでいくよ」
私「ハッハッハッハッハッハッ・・・(え?なんでかわったの?)」

「おぎゃあおぎゃあおぎゃあおぎゃあ」


どこかで 知らない赤子が泣いている・・・意識がとおのく。

あれっ!!胸元に赤子が置かれる。

生まれたんだ!!

産んで私の第一声
「こんなん 入ってたんだ!!!!!」

すげーーーーすげーーーーすげーーーー!!!

赤子と一緒に声あげて 号泣。
「よかったーーーーー終ったーーーーー」
みたいなことを言ってたと思うが
こーたろに聞いたら
「すっきりしたーーーー」と大声出していたらしい


そのあと へその緒と自分で切りました。
すごい太くて3回に分けて切りました。

5分後に でゅるんと胎盤が出てきて、胎盤も見ました。
でか!!
なんかいろいろでてくるから いろいろ産んだ気分。

呆然としながら 縫合される。み、みず くれ・・・・。

「あれっ!ところで 男?女?」と思ったけど、聞く気力もない。脱力。

10〜15分くらいかけてやっと縫合が終って 先生が
「よくがんばったね」と肩をたたいて、そのまま出て行こうとしたので、

「ところで 男ですか 女ですか」
と聞くと


「えっ!見てなかったの??女の子だよ」

私がへその緒を切ったときに 見ていたとおもったらしい。

いや、でもそのへんは ちゃんと言おうよ。
取上げたときに「女の子です」とかさ。ドラマでもそんな感じでしょ。

  • URL:http://yaplog.jp/sakesakesake/archive/1112
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
mikiから星矢馬鹿酒さまへ
立ち会ったんですね!!!

すごい。

私は絶対「経ち合わせない」と最初に決めていたので、間に合ったけど、外で待っててもらいました。

自分がどれぐらいケダモノになっているのか 観られたくなかった。女性は最後まで神秘的なものでありたいと思ったからです。

それがよかったのかは。。。。よく分からない。
December 22 [Wed], 2010, 16:30
mikiから栗林さまへ
安産でしたねーーー!!
私も「破水」から始まらなければ、もう少し安産だったと思う。
誘発剤の副作用でやられたからなあ。

でも、7日に生まれてくれてありがとうって感じ。
無事に生まれてくれて。

育児日記つけてますよ。
でも、「母乳」「便」「尿」をチェックするだけで、その日の感想とかは書けない。
December 22 [Wed], 2010, 16:27
mikiから匿名さまへ
お返事遅くてすみません。

お会いしたことがある方・・・一体どなたかなあ。
めぐらせています。

感動してちょっと泣いちゃいました?!!?
うれしいです。誤字脱字満載ですが。

毎日 不安な日々でしたが、こんなにもこんなにも
出産ってすごいって 身をもって感じました。

人間が人間を生むって やはり「死」と隣あわせなんじゃないかと思いました。
(まあ、死ななかったけど)

お子さん、同級生なんですね。
奥様もお疲れ様でした。本当に女性は偉大だ!!!

今度お会いしたら、ぜひお声をかけてくださいね。
December 22 [Wed], 2010, 16:25
すべて読ませていただきました。
笑いと涙と感動と。
自分の息子の誕生を思い出しました。
息子二人の分娩に立ち合ったあのシーン。
やはり女性は偉大です。
久しぶりにいい話を読ませていただきました。
生意気になった息子に,ちょっと冷静に向かい合えそうです。
December 17 [Fri], 2010, 22:23
栗林
大変だったね〜(^_^;)

私はすんなり促進剤が効いて、子宮口もすんなり開いて、少しいきんであっさり。
親や旦那に、分娩室入る前に、生まれるよメール打つくらい余裕で助産師さんがビックリしてたな(笑)

出産より直後の胆石の手術の方が辛かった(*_*)
妊娠中は胆石ののたうつような痛みに耐えてたし…
普通だったら耐えられなかっただろうけど、子供のためだと思うと痛み止めも飲まずに頑張れた。

記録は大事だよ〜育児日記書くと楽しいよ。ちょっとした仕草や出来事を書いておくと励まされます。最近、書く暇無くて一日終わってますけどね〜
December 16 [Thu], 2010, 23:19
匿名
すみません。
以前、お会いしたもの(秋田人)です。
またお会いする機会があるでしょう。。。

さて、今回の出産の記事。
感激です。。。
ちょっと泣いてしまいました。
あまりの感激に書き込みしてしまいました。
お許しください。



私も7月に娘が産まれました。
mikiさんのがんばり、妻も同じでした。
私も立ち会いましたが、女性は偉大です。


ご苦労様でした。
そして、これからがんばってください!
いえ、娘同士、同級生です。子育てがんばりましょう!

お会いしたときに、名乗ります^^;
失礼しました。
December 16 [Thu], 2010, 18:45
P R
最新コメント
アイコン画像縺倥e縺?&繧薙↓縺。
» 一白水成 純米吟醸 無濾過生原酒(袋しぼり) (2013年12月04日)
アイコン画像Alamat Supplier Tas Branded Kw Termurah di Surabaya
» 一白水成 純米吟醸 無濾過生原酒(袋しぼり) (2013年11月07日)
アイコン画像mikiから栗林さまへ
» 生後18日目 (きき乳レンジャー) (2010年12月30日)
アイコン画像mikiからB.びふぃだむさまへ
» 生後18日目 (きき乳レンジャー) (2010年12月30日)
アイコン画像mikiから醍醐女将さまへ
» 生後16日目 (2010年12月30日)
アイコン画像mikiからB.びふぃだむさまへ
» 生後16日目 (2010年12月30日)
アイコン画像栗林
» 生後18日目 (きき乳レンジャー) (2010年12月26日)
アイコン画像B.ビフィダム・デラックス
» 生後18日目 (きき乳レンジャー) (2010年12月25日)
アイコン画像醍醐女将
» 生後16日目 (2010年12月24日)
アイコン画像B.ビフィダム
» 生後16日目 (2010年12月24日)
2010年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:きき酒師miki
  • アイコン画像 現住所:新潟県
  • アイコン画像 趣味:
    ・マンガ-「島耕作全集~課長編~」買っちゃいました
    ・お笑い-アメトークが好きでDVD買っちゃいました
読者になる
読売新聞に日本酒のコラムを連載していましたが、3月で終了しました。 書く仕事、求む!!!