ついに 分岐します

December 30 [Thu], 2010, 18:43
大事なお知らせ

このブログ「ザ・sake〜きき酒師ミキの酒日記」は、以下のブログと分岐することにしました。


「ザ・baby〜きき酒師ミキの育児+sake日記〜」

ブックマークされているみなさん、お気に入りに入れているみなさん、
本当にありがとうございます。

お手数で申し訳ありませんが、引き続きお楽しみいただける方は、新しいアドレスの登録をお願いします。

ただ、このページもこのままずっと残して、お酒が飲める日が来たら、戻ってまいりますので、
どうぞよろしくお願いします。


アメブロの使い勝手がよくわかりませんが、戻りたくなったら、また戻るかもしれません。
(わがままですみません)

携帯から更新しやすい、画像をアップしやすい長所を発見して飛びついてしまいました。

どうぞわがままをお許し下さい。

では、新しい「ザ・baby〜(略)」でお会いしましょう!!

生後22日目

December 29 [Wed], 2010, 13:14
月曜日に
秋田市から派遣された助産師さんが家に来ました。

赤子の体重計ってもらいました。

生まれたとき(12月7日) 

退院前日(12月11日) 

12月27日 g

と、ようやく体重的には生まれたときに戻り、
一日平均19.5g増えているようです。

午後10時半には 消灯し(寝る、寝ない関係なく)、朝6時にはカーテンを開ける
という生活リズムをつけてください。
と言われて実践中です。

母乳の状態も見てもらって、さらにマッサージもしてもらって、
「十分出てるので、このまま母乳でいきましょう!!」
と言われました。
B(赤子)にとっては「粉ミルク」は余計なお世話みたいで。。。

ここ何日かはちゃんと足りているみたいで、
飲んだ後はわりと機嫌よくしてくれていまる。
(だからパソコンからも更新できるわけで・・・)

今、後ろでしゃっくりしています。

助産師さんの話では
「赤ちゃんとお母さんは一心同体。赤ちゃんは お腹の中に10ヶ月もいたんだから、お母さんの気持ちなんか隠しようがないのよ。
なんでもわかっているの。お母さんのかわりに泣いていることもあるんだから。」
とのこと。
「泣きたいときは一緒に泣いていればいいのよ。」
ですと。




↑妹からメリーをもらったんで、ベッドに付けてみました。

今はまだ 黒いもの、赤いもの ぐらいしかよく見えてないみたいなんで、
ベビーミッキーの頭しか見えてないかな?

出産直後レポ

December 26 [Sun], 2010, 12:25
出産レポのつづき
(※リアル表現あり。)

こないだ書き忘れたことなどあったんで 書き加えておきます。

頭が見えると言われてから三時間以上かかったんですが、死を覚悟するほど苦しい陣痛の中、
私を勇気づけるためか助産師さんが
「ほら!頭が出てきてるから触ってみて!」と言われて恐る恐る 腕をのばしました。 しかし そんなことよりも耐え難い痛みが優先し、一瞬触れたか触れないかのうちに 手をひっこめてしまいました
助産師「どう?わかった?」
私「わからないけど、(もうどうでも)いいです」
というやりとりがありました(笑)
とにかく あの痛みからは一秒でも早く逃れたかったので余裕がなく。

そして赤子が取り上げられたあと、へその緒が繋がったまま 私の胸元に赤子がぬめぬめ状態のまま置かれて 「へその緒、せっかくだから切ってみましょう!」と言われ、息も絶え絶えに 三回に分けてへその緒を切る!(想像よりはるかに太く一回で切れない)
あーなんかの記念碑が建ったときの町会議員みたいだなー と もうこのときはテープだろうが、へその緒だろうが何でもよくなっていました。

そして10分ぐらいかけて 先生が切ったとこを縫合してくれて、赤ちゃんはきれいにされて身長、体重など計られていました。私は頭がからっぽ、目はかすみ、脂汗まみれの放心状態でした。

そしてカンガルーケアといって また、赤子が寝ている私の胸元に置かれるんですが、置かれた瞬間に 胸がムカムカしてきて吐き気が。(ごめん)
「苦しかったら言ってくださいね」
「気持ちわるいです。ちょっと無理。」
そのまま赤子は隣にあった移動式ベッドへ。泣き声もなく、疲れて寝ちゃったみたい。頑張ったね。

その後 コータロに続いて、家族が分娩室に入ってきました。
もう明け方5時すぎてたので家族はいったん帰り、二時間近く分娩室で過ごしたあと、貧血のため立ちあがれず、車いすで自分の部屋へ移動。
ところが興奮のあまり、寝付けず、やっと寝れたのは午後シャワーあびてからだったかな。

その後は日に日に全身が筋肉痛でした。あちらこちらが痛くて痛くてまともに歩けず ひどい有り様でした。でもあの痛みに比べたらもう何でも耐えれると思えるようになりました。 微熱も続きましたが、無事に5日後に退院できました。

生後18日目 (きき乳レンジャー)

December 25 [Sat], 2010, 10:13
母乳って 母親の食べたものが直接影響するんですが、甘いものを食べると母乳が冷たくなって赤ちゃんは満足しないし、あぶらっこいものを食べると乳腺がつまって乳腺炎になるらしいし、赤子に湿疹は出るらしいし、かなり食生活には気を使います。
冷たいお乳が赤ちゃんは嫌いみたいで、常に人肌燗がいいんですと。しみじみしてるね。。。
授乳してるときは きき酒審査員ならぬ、きき乳審査員ばりに真剣な表情になる赤子。 まして着てるものも白衣のように白いときが多いんで。
そのうちジュルジュル言い出してもいいけど、せっかく含んだんだから ペッと吐き出してはいかんぜよ。 自分の母乳評価が気になる毎日です。
ちなみにこないだの一週間健診では、体重のふえかたが1日15gと、平均よりやや少なめなんだよね。さらに 乳質が「やや不良」とされてしまいました。
私も杜氏さんたちみたく いい酒(乳)作らなきゃ。評価される怖さを知ったから、食生活見直そう。

生後16日目

December 23 [Thu], 2010, 21:07
今日 ついに ようやく

へその緒 が取れました。
今まで
毎日の沐浴のあと、へその緒をガーゼで覆ったり わりと手間だったんで、そういう意味で嬉しかったです。
早速、病院でいただいた 木の箱に入れました。

さあ、早く寝ておくれ。

産後15日目

December 22 [Wed], 2010, 22:03
産む直前 +14.5キロ まで増えた私の体重が、
今日現在で
+6キロのとこまで戻りました。8.5キロ、2週間で戻ったってことか。
体重だけ見ればうれしいけど、
「体重は戻っても体型は戻らない」
という この世で一番恐ろしい格言を聞いて
失望と不安と2つ我にあり!って感じです。
今はまだ産後まもないから動けないけど、
来年入ったら モムチャンダイエット?やろうかと。 本も買ったし。

私の体重が戻ったのは
1、トコちゃんベルト着用 2、コントレックスを箱買いで1日1.5リットル飲んでる
3、母乳
4、玄米食に切り替え、肉、お菓子断ち

すべては母乳のため!
母乳は赤子のために!
なんですが、自動的にダイエットになってる?みたい。とにかく授乳のたびに、喉が渇く。そのかわり 玄米はもりもり食べてます。
がんばるます(←琴欧州風に。)

あ、そうそう
赤子はリズムがまだまだ日によって変わるので、こっちもヒーハーです。
名前のイニシャルは「B」です。「びっくりドンキー」ではありません。

今日のさきがけ

December 21 [Tue], 2010, 8:00
友人からメールで送られてきた さきがけ記事の画像。
照井杜氏のりりしいお姿を拝見できたのはうれしいけど、問題はその隣。
「ノギャルが酒造り」?!酒にまで手を出すなー!! それを記事にするなー!!
農閑期とはいえ、農業なら農業を突き詰めてください。
あれこれ手を出さず、やるならトコトンやれ!全県まわれ!帽子をかぶらず、つけま落とさず、櫂入れなどして、微生物環境を乱さないでください。
(まだ記事読んでないけど)話題性のある方々ですが、1回の体験ぐらいで さきがけさんも追わないでください。
朝から憤りを感じます。
オムツかえたり、母乳やったり、寝不足なのもありますが。
また 寝よう。
しかし 昨夜はしぶとくベイビーが寝てくれなかったよ。この子には将来ひとつのことを突き詰めてほしいわぁ

この足で蹴っていたのか

December 17 [Fri], 2010, 16:06


この足で 私の胃や肋骨をぐいんぐいん、蹴っていたわけだ。

とにかく この足はバネが強くて、おむつ取り替えるとき奮闘してます。

ブログのタイトルを変えて、そろそろアメブロかどこかに引っ越そうかと計画中です。

タイトルは
「きき酒師ミキ」で検索できるように、

「ザ・baby〜きき酒師ミキの育児日記」・・・??

酒から離れてしまったし、おもいのほか母乳も出るので当分お酒はご法度なので、
また 酒が飲める日がきたら 
「きき酒師ミキの酒日記」に戻ろうかと思います。


日中あまりにも 赤子が寝るので、たまに存在を完全に忘れているときがあって
特にシャワーなんか浴びたあと、「はっ!」と思い出すことがあります。

赤子の顔を出すことに抵抗があるので、気になる人は我が家まで見にきてください。

知らない人がいると 死んだフリをするのが得意な赤子なんで、おとなしくて 助かります。

今日もお友達と2歳の男の子が来てくれてにぎやかでしたが、
起きないし、このあと(夜)が思いやられます ははは。






↑ クリックでどうか応援お願いします ↑

出産レポ (長い。目のために早く書く。)

December 16 [Thu], 2010, 14:52
※リアル表現あり。興味のない人はとばしてください。
記録として残しておきたいので 書きます。


12月5日(日) PM8:30

この日は おじいさんに会いに行って、車に往復1時間半揺られました。
お腹に向かって「もう出てきていいよ。出たい出たい出たい。」と話したのも、この日が最初。
帰ってきて トマト鍋を作って食べて 妹が帰ったあと
突然 鈍い痛みが一撃お腹に走ったような気が・・・。

お腹を抱えて ソファに横になる。。。
「なんだか今までにない痛み。感触・・・気のせいかな」

12月5日(日)深夜〜6日(月)早朝

さっきお風呂に入ったからか、 なんかチラチラとお湯が出るきがする。
と、思いながら、床につく。

寝返りのたびに なんか出るかんじ。
熟睡できず。

12月6日(月)AM7:00
この不安を残したまま生活できないので、
ひとまず 産婦人科に電話。「まさかとは思いますが・・・」と、症状を話すと
「9時から診療開始なので、9時にいらしてください」
とのこと。
念のため、かばんに用意してある、入院の準備の最終チェックをして玄関においていく。

12月6日(月)AM9:00
一番に診てもらえた。
「まさかとは思うんですけど・・・」と一言断り、診てもらう。
内診をするなり 先生が
「破水してます。入院になります。」
と冷静に 応えるではありませんかーーーー。

パニックになりそうなのをこらえて 先生の説明を聞く。
陣痛が起こる前に起こる「破水」を「前期破水」というらしい。
陣痛がすぐ起きそうな感じもないので、誘発剤を飲んで陣痛を起こすらしい。
破水をすると細菌に感染しやすいとのことで、点滴もするとのこと。
助産師さんたちが「破水です」と連絡し合っているのをよそ目に二階の入院病棟に連れていかれる。

12月6日(月)PM10:00

誘発剤を飲む。
まだ陣痛はこないので、病棟ひととおり案内してもらう。
点滴も打つ。

12月6日(月)PM1:00
また誘発剤飲む。
なんとなく にぶい痛みがきてる。
お昼も食べ終って、元気、元気。
親が入院グッズを届けてくれる。

12月6日(月)PM1:00
また、誘発剤。
痛みが10分間隔。
でも余裕
昼ドラに出てくる主人公の秋田弁は、秋田弁ではない。ずーずー弁だ。


12月6日(月)PM2:00
先生がきて、「陣痛がついてきたんで、誘発剤はもう飲まなくていいです。」
とのこと。


12月6日(月)PM3:00〜
痛みが5分間隔。
確か、夕方にかけて 陣痛の合間に何度かトイレに行き、全部戻した。
誘発剤も出てきてしまった。いいのかな。
陣痛がくると痛みでトイレの床にうずくまって、痛みが引くのを待つ。
その後は 何も口に入らず、
用意した「ウィダーインゼリー」も飲めない。水もちょっとした飲めない。
親が一度帰る。


ここから 地獄。地獄。地獄。

何も手につかないくらい痛い。腰が完全に砕け散っていると思われ。
次第に痛みが 2〜3分間隔。
親も駆けつけるが、何を聞かれても無言。
本当に痛いと 人間 声もでない。涙もでない。

コータロに携帯かけて、親にそのまま渡す。
代わってもらったけど「うん」を3回しか言えない。


12月6日(月)PM9〜12:00

何度か 内診するために 分娩室に連れていかれる。
(今どのくらい子宮口が開いていて、赤子がどれくらいおりてきてるか診る)
けど、分娩室へ向かう廊下を歩いている途中で、痛みの波がくるので、空き部屋で少し休もうとしたら
助産師さんに「違うよ、そこ。だめ!入っちゃダメ」
といわれ、廊下でひざまずこうとしたら
「だめ!倒れたら起き上がれないよ」
といわれ、手すりにつかまって うめきながら痛みが引くのを待つ。

ほんと 地獄。
妹もいつの間にかきてるけど、痛みのあまり「うん」という声も出せない。無反応。


痛みの波がくるたびに 意味なく何度も ナースコールしてしまう。
次の波で死ぬと思って、親が待っている待合室へ何度も「さよなら」の挨拶をしにいこうとする、
が、痛みで途中でうずくまる。

「テニスボールありますか?」(テニスボールで陣痛の痛みを少し軽減できる)
「おしるし みたいなのきてます」
声にならない声で。

妹に
「コータロ 新潟から 向かってるって!!9時ころ家出たって!!」(来る予定はなかった)
と伝えられるが、
なんと 私の答え
「ふうん」


生きるか死ぬかのとき、人間は驚けない。


12月7日(火)AM0:00
ここから、ずっと 4時半まで分娩室。子宮口8〜9cm。
助産師から親に
「明け方まではかからないでしょう。1時か2時。」


12月7日(月)AM1:20
ついに子宮口全開大。
「いきんでいいよ」の声に 「ようやく」と思い、「死」を感じながらも救われた気分。
助産師さんの
「お父さんもきましたよ」の声に
思わず「お父さん って誰!?赤子の?私の?どっちよ!!」
といいたくても 声にならない。
結局オヤジでした。
コータロはまだ。 7時間はかかるからな。

横向きの方がいきみやすいようだと判断され、
何度も横向きになったり、仰向けになったり
もちろん陣痛は2分ぐらいの間隔。

痛みの波MAXがきたら
「ふーーーーーーーーーーーーーっ」とながーーーくながーーーく息を吐く。
そして 同時に いきむ。
そうすると 赤子がおりてくる。
しかし、私の場合、何も食べてない飲んでないの体力消耗で
2回に1回 微弱陣痛がきてるようで、その微弱ではうまくいきめず、
自分で判断しながら いきまなければならなかった。
しかし、微弱とはいえ、腰をハンマーで思い切りたたかれるような激痛。

いきむ姿勢の練習もさせられた。
何と その2分間隔の間に。腰を分娩台に押し付けて、手すりを手前に持ち上げるように、
顔は顎をあげないで引く。目は閉じるな。助産師さんの顔を見ていきむ。
痛くても叫ばない。叫ぶと いきむ力が顔の方にいって「もったいない」

ここから 助産師と私の格闘。
女の闘い。
私の「ふーーーーーーーーっ」で助産師さんの前髪が飛ばされる。
助産師「もったいない。今のもったいないよ
。もっといきめるよ。」
私「(ふーーーーーーーーーっ じゃなく)ぶーーーーーーーーーーーーーっ」

もうわけがわからない。体力がもたない。
いつ出てくるの。
「お父さん(こーたろ)待たなくていいから 出ておいで。
会いたい 会いたいよーーー」と陣痛の合間に弱い声でもらしてみる。

一番大きな頭が産道を通れなくて、出てきそうになったり 引っ込んだり
助産師さんの「あ、引っ込んだ」
に 絶望を何度感じたか。

「もう どこ切ってもいいから 出して。帝王切開でもいい。」
と心底思う。
夜中なので 眠気も一瞬くるけど、すぐ 激痛でたたき起こされる。

そのうちに 手と唇が がたがた震えているのに気付く。
ビニール袋を口につけて といわれる。
過呼吸症状みたい。

顔の欠けた アンパンマンと一緒で
「いきめ」と言われても 力が出ない。
私、一体 あと30分かな っていわれてから 何時間これやってるんだろ。

「頭が見えてる」と家族に伝えられるが、それから何時間も経過していたようだ。



12月7日(月)AM4:00
「お産の準備をします」
って言われて 
足を上の台に乗せる。(よく見るあの感じ)
助産師さんは手術着になっている。大きいシートみたいなのが向こうの台に広げられる。
その間ずっともちろん「ふーーーーーーーーーーーっ」は続く。

12月7日(火)AM4:20
公太郎到着。
助産師さんに「旦那さん、来ましたけどたちあいますか?」
私「いい。(×)」
と首フル。
陣痛が始まってからはずっと助産師さんに タメ口の私。たまに何か聞かれても無視していた。(ひどい)

あれ、いつのまにか 手術着の先生が。
いきむいきむいきむ。

どことはいわないけど 切られる。
そんな痛みより 陣痛の痛みがすごすぎて 何も感じない。


12月7日(火)AM4:30

フーーーーーーーーーっ

もう 叫ぶなと言われても 声にならない声を発してしまう。
なんて叫んだか覚えてないけど、きっと 異物がつまった掃除機みたいな、人間からは絶対でない声を発していたみたい。
(こーたろは あまりの恐怖に分娩室の前で震えていたらしい)

「もう死んでもいい。さよなら」と
いきんでいると、

下半身が全部もってかれる 感覚。

何かでた?

わおわおわおわお!!!!!!



助産師「いいよいいよ。ここからはハッハッハッでいくよ」
私「ハッハッハッハッハッハッ・・・(え?なんでかわったの?)」

「おぎゃあおぎゃあおぎゃあおぎゃあ」


どこかで 知らない赤子が泣いている・・・意識がとおのく。

あれっ!!胸元に赤子が置かれる。

生まれたんだ!!

産んで私の第一声
「こんなん 入ってたんだ!!!!!」

すげーーーーすげーーーーすげーーーー!!!

赤子と一緒に声あげて 号泣。
「よかったーーーーー終ったーーーーー」
みたいなことを言ってたと思うが
こーたろに聞いたら
「すっきりしたーーーー」と大声出していたらしい


そのあと へその緒と自分で切りました。
すごい太くて3回に分けて切りました。

5分後に でゅるんと胎盤が出てきて、胎盤も見ました。
でか!!
なんかいろいろでてくるから いろいろ産んだ気分。

呆然としながら 縫合される。み、みず くれ・・・・。

「あれっ!ところで 男?女?」と思ったけど、聞く気力もない。脱力。

10〜15分くらいかけてやっと縫合が終って 先生が
「よくがんばったね」と肩をたたいて、そのまま出て行こうとしたので、

「ところで 男ですか 女ですか」
と聞くと


「えっ!見てなかったの??女の子だよ」

私がへその緒を切ったときに 見ていたとおもったらしい。

いや、でもそのへんは ちゃんと言おうよ。
取上げたときに「女の子です」とかさ。ドラマでもそんな感じでしょ。

産後6日目(バーンは続くよどこまでも)

December 13 [Mon], 2010, 7:07
昨日無事母子ともに退院しました。
新潟から義両親もかけつけるわ、おまけに雪サラッと積もったのにタイヤ替えてないわ、わやわやじかったです(←秋田弁)
育児は体力勝負ですね。
夜は二時間おきに授乳ですね。授乳ったってまた寝付くまで30分弱くらいかかっちゃうし、寝不足です。産後1、2日目に比べたら、そんなにビービー泣かなくなったので助かってはいますが、これは20代と30代の差がだんだん出てきそうな予感です。
まあ でもなぜか母乳が産後3日目からもりもり出るようになりました。
産前はお腹が、今度は胸が(ガブリエル)バーンと張っているじゃあないですか!妊娠、出産にバーンはかかせない存在です。
大きな変化がありすぎて、何から書いていいかわからないけど、家が片付きすぎてパソコンすら行方しれずなので、また追々と。
そうそう、「ビギニング2010」の上そう(搾り)予定が12月14日に変更になったとか。あれあれ
その日って、もともとの出産予定日だったよね。一週間早い新月の夜に産気付いて翌日の朝、ビギニングより一足先に生まれちゃったけど。14日だなんて!やはりこの子は微生物をもコントロールできるのか!?
P R
最新コメント
アイコン画像縺倥e縺?&繧薙↓縺。
» 一白水成 純米吟醸 無濾過生原酒(袋しぼり) (2013年12月04日)
アイコン画像Alamat Supplier Tas Branded Kw Termurah di Surabaya
» 一白水成 純米吟醸 無濾過生原酒(袋しぼり) (2013年11月07日)
アイコン画像mikiから栗林さまへ
» 生後18日目 (きき乳レンジャー) (2010年12月30日)
アイコン画像mikiからB.びふぃだむさまへ
» 生後18日目 (きき乳レンジャー) (2010年12月30日)
アイコン画像mikiから醍醐女将さまへ
» 生後16日目 (2010年12月30日)
アイコン画像mikiからB.びふぃだむさまへ
» 生後16日目 (2010年12月30日)
アイコン画像栗林
» 生後18日目 (きき乳レンジャー) (2010年12月26日)
アイコン画像B.ビフィダム・デラックス
» 生後18日目 (きき乳レンジャー) (2010年12月25日)
アイコン画像醍醐女将
» 生後16日目 (2010年12月24日)
アイコン画像B.ビフィダム
» 生後16日目 (2010年12月24日)
2010年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:きき酒師miki
  • アイコン画像 現住所:新潟県
  • アイコン画像 趣味:
    ・マンガ-「島耕作全集~課長編~」買っちゃいました
    ・お笑い-アメトークが好きでDVD買っちゃいました
読者になる
読売新聞に日本酒のコラムを連載していましたが、3月で終了しました。 書く仕事、求む!!!