なんだろう こんな生き方じゃだめだ 

2005年04月19日(火) 10時41分
ひろが北島アトリエで働くようになって、とっても幸せそうだ。
なんだか嫉妬してしまう。

嫉妬というか、なんだろう変な気持ち。
置いていかれる不安かな。

ひろにくっついていくだけの人生なんて嫌。
わたし、こんな調子では満足できない。

花見でひとひねり 

2005年04月11日(月) 20時26分
*短歌*
桜が溜まる 川だまり
白いごみのよに 集まって
わたし 心をのせてます

*返歌*
川だまりのすきまの 空の清々しさよ


『まぁどういうつもりでゴミとかいってんのかはようわからんけど
その川だまりに写る空を見てみたらどう?
きれいな青やろ?
で、空を見てみ。きれいやろ?
下ばっかりみてないで上もみたらええねん。』

返歌、「の」が多すぎてかっこわるい。

病気なおって! 

2005年02月17日(木) 15時00分
携帯電話をやめてしまおうかと真剣に考えてる。
これまじで!

ちょっと気持ちが不安定になると
今まで安定してたことが一度でもあったかしら?
と思ってしまう。
ってか、ほんまに一度でもあった?そんな時。
「うわついた」精神状態がわたしの身上。(意識的誤用で)

昨日もまた、一人相撲。
どうしようもない(と勝手に思った)ので絵を描いてみた。ごしごしと。
うまく描けなかったので歌をつくった。
うまくつくれなかったので詩を書いた。
そこそこの出来だったので誰かに見せたくなった。
誰かに見せたくなった自分が気に食わなくて
決定的に「携帯を解約しよう!(そのうち)」と思った。

もうやだ〜
どうなってもいいから知らないところに行きたい〜
(痛いことだけは嫌よ)

どうしよう病気や! 

2005年02月15日(火) 10時15分
風邪ひいてるけど、風邪のことではなく・・・。

めっちゃ好きや、どうしよう。
病気や、わたし、病気!

あかんもう完全に愛してる 

2005年02月06日(日) 18時56分
土曜、シャッフル購入。モリケンタさんとは緊張してちゃんとしゃべれなかった…。
のち、ノーナライブ。しあわせ。
のち、ひろと待ち合わせ。手袋かう。
のち、ピザたべる。
「日曜の夢以来、一週間愛を育てててん。だから、つまり…会いたかった!」
すなおなわたし。すなおはきもちいい。
のち、ホテる。すなおにホテる。

いままでより、ずっと自然に手をつなげる。抱きしめられる。
しあわせ・・・。
ずっと自然にはしゃぎあえる。
しあわせ・・・。

日曜は、クラムボンの楽譜を買う。
ひろは、ディスペラードを買う。

ひろの質問。
「今ほしいものってなに?」
わたしの答えは
「欲しい物は、でっかい花束。欲しい“物じゃないもの”は、セックステクニック。」
ひろは
「どっちもいっぱいある。物は、例えば土地、家。
“物じゃないもの”はオーラ、カリスマ性、なんとかかんとかむにゃむにゃ。」

あとipodが欲しいって。
ジョージゼンセンのキーリング、いまいちやったし、バレンタイン奮発?
高すぎても、お返しに困るんちゃうかなって悩むわ。

ひろ、なんかくれるん?そんなん聞いて。

彼が好き、とても。
しあわせだけど、こわい。

ちょろりんの すてきなセーター 

2005年02月04日(金) 22時03分
山小屋で寝る前に聞かせてくれたお話。

いつもの回りくどいくらいの丁寧な語りと
きれいな低い声で話してくれた
「けろりんのすてきなセーター」。

ヘトヘトの身体にやさしく染みて
ほっぺたが、じわっとあたたかい涙でぬれた。

あの時思い描いた絵がまだ頭の中に鮮明に残っているから
「ちょろりんの すてきなセーター」は読まないでおこうと思う。

とても幸せだった夜。


ってこんな風に詩的に書くのは
近頃いろんな夢をみてるせい。

また夢。3 

2005年02月04日(金) 20時39分
わたしはキスしたくなった。
二人で甲板に腰掛けて足をブラブラさせながら座ってたから
こう・・・きゅっとひろを抱き寄せてね
んんーってキスしてん。
そして、こう〜〜、そのまま、ひろがわたしをそっと倒して〜
そこからは恥ずかしくて、よう言わんけど
あれこれとして〜
んで、ひろが、ゆっくり指を入れてん。
ほんで、わたしの体がきゅっとなって、んで、ああって気持ちよくなったところで
コツコツって音を立てて例の建築家が階段を上がってくる音がしてん〜。

うちらは慌てて服を整えて、ひろはワインの用意をしにキッチンに歩いていった。
わたしは相変わらず足をブラブラさせてた。

建築家はフランクな感じで「お〜お〜、おまたせ〜」
「どしたん、これ、おいしそうやな〜。あれ?にわくん、ワインあけてんの?」
「え、あけたらまずかったですか〜?」
「ええで、ええで。ワイン飲んで話しよか。
けどそれ俺のワインやで、それを忘れんといてや〜。」
「わかってますよ〜」
と、ひろと建築家の会話。
笑いながら聞いてるわたし。

わたしもキッチンにいって用意を手伝う。
建築家が後ろを向いてるときに、わたしはひろを肘でつっついて
「もう〜、途中やったのにぃ〜」っていう顔をする。顔ね、顔。顔だけ。
そしたら、ひろは「まぁまぁ、しゃあないやん。な?」っていう顔をする。顔だけね。

そして建築家と3人で、船についてああだこうだと話ながら
おいしいイタリアンとワインをいただく。
わたしは、ずっと「続きがしたい、続きがしたい」って
そればっか考えて、上の空。

そして目が覚めた。


だから、その、何が言いたいかっていうと
ひろに会いたいな〜って思ってん。

また夢。2 

2005年02月04日(金) 20時38分
屋根は帆布でなんとかなるんちゃう?
いや、そんなのでは嵐になれば一発であかん。海をなめるな。
とか言ってたら
甲板の上を人がこちらにあるいてきて
しゃがみこんで、わたしの目の前に顔を近づけてた。
その人がこの船の設計者だった。

推定36歳、ジョンレノンの眼鏡のフレームを太くしたような眼鏡、
肩にかかる程度の髪、きつめのパーマ(でも無造作)
2日前から剃ってない、みたいな口ひげ
結構たくわえた、あごひげ
くしゃっとしたシャツを着ていた。
全体的にはちょっとおしゃれな感じ。
不器用に笑う人。どこかで見た事がある感じの人。

そのひとはうちらの話を聞いていたらしい。
「うん、ここ、どうしたらいいと思う?」って私に話しかけてきた。

で、ひろを交えて3人で、なんだかんだ意見を言いあう。
と、そこは急に大学の様相を呈して来た。
その男性は建築家であり大学の講師であるらしい。

しばらく話した後、彼は何か用事があって階段を下りてどこかに行った。

わたしとひろの間で、この機会にあの建築家と仲良くなって
コネをつくっておこう、という空気が流れる。
で、この船について一しきり話し合う。
なぜか二人で食事の用意を始める。部屋には気持ちのいいキッチンまである。
イタリアンがサクっとできあがる。サラダがおいしそう。

また夢。 

2005年02月04日(金) 20時37分
大きな大きな船に乗ってた。
デッキの上を小1くらいの子供たちが後ろから前方に駆けていく。
50人くらい。
船は港に停泊していて、子供たちが乗り込んできたところ。
穏やかな海。やわらかい日差し。

涼やかな色の木材が甲板に張られてある。
薄めの茶で、手触りの良さそうな木。丁寧に施工してある。

マストが何本か細長く空に伸びていて、とてもきれい。
帆は張られていない。マストから白い帆が気持ち良さそうに垂れてる。

子供たちがはしゃぎながら看板の中央にある階段を駆け下りていく。
わたしが何か楽しげにその後ろを駆け足でついて行ってる。
ひろの気配がしていたけど、いたのかどうかはわからない。

下は学校のようになっていて長い廊下がある。
甲板の品のある雰囲気とは変わって、「学校」のイメージ。
子供たちは教室に入っていった。

わたしはクルっと後ろを向いて、廊下を歩いていった。
先ほど下りた階段とは違う階段を上がると、そこはわたしの部屋だった。
部屋といっても天井はない。
地下1階(と表現していいのかな)に位置する部屋で
天井がないので、そのまま甲板が見える。
甲板に穴があいていて、そこが部屋という感じ。
部屋は階段を挟んでふたつある。
船のお尻側がわたしの部屋。舳先側は知らない誰かの部屋。
知らない誰か、といっても、それが同い年くらいの男性だとわたしは確信している。
部屋はかなり広くて、わたしの部屋は100uほどある。向かいの部屋は70u程度。

はしごで登るタイプのベッドが置いてあって、そこに座った。
手すりの部分が木製ではなくソファの背もたれのようになっていて
なかなか座り心地がいい。
そこに座ると、甲板と目線が大体同じラインになる。
甲板のふちはステンレスで細くふちどられていた。
それがきれいだな、と思って眺めていると、わたしの横にひろがすわっていた。
前から一緒に座ってた、みたいな雰囲気。
二人で楽しげにはしゃぎながらベッドに座っていた。
この船のデザインについてあれこれと話し合っている。
屋根がなくて、これから先、大丈夫なのかって話になる。

気付けば船は海にでていた。

夢が現実ならいいのに 

2005年02月03日(木) 20時05分
こないだの夢が現実ならいいのにって感じる。
いい夢じゃなかったのにな。

将来を不安に感じるよりは
その瞬間に飛び込んでる状態の方が気持ちいい。
だからかな。

わからない。

きっとひろのことがすごく好きなんやと思う。たぶん。
また今週の土日もひろに会いたい。
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sake0141
読者になる
Yapme!一覧
読者になる