新倉PAのトイレ 

May 08 [Thu], 2008, 15:39
明け方の外環、トイレに行きたくなり、そこにちょうどあったのが「新倉PA」だった。

私はここがとても気に入ってしまった。

道路下のスペースを利用した細長いPAで、昼間は小さな売店もあるようだが、ほとんどがトイレで占められている。

一見何の変哲もないただの殺風景な普通のトイレなのに、なぜだか何とも言えない雰囲気を醸し出している。

さりげない場所に、観葉植物がわさわさ・・・・・う〜〜〜ん・・・・・オサレ・・・・・・・・

地味な外観にひっそり佇む超控え目さの中に、とても自然にわさわさ繁っているジャングル。


最近のPASAのトイレは信じられないほど豪華絢爛だ。

たとえば、東名「日本平」は三ツ星ホテルにも引けを取らないような高級感を誇るし、刈谷ハイウェイオアシスなんか真ん中にソファがありジャズが流れ・・・・・もうトイレだか何だかわけがわからない・・・。

いくらなんでもただのトイレに、湯水のように金を使うのはどうなんでしょう・・・・?

そこにもってき、この新倉PAですよ。


金を使わずこのオシャレさ。

深く感心しちゃいました。

インテリアってお金がいっぱいかかるものだって思ってたけど、そうじゃないんだなって・・・。

まずは空間、そして雰囲気、最後に物質。

なのに、私は今まで、その逆をやっていた。


新倉PAの感心する点は、テーマを決めても、けしてやりすぎていないところだ。

ぜんぜんしつこさがない。

だから落ち着くのだろう・・・。

長距離をぶっ飛ばしてきた旅人を癒す小さなジャングル。

すばらスィ・・・・・

主婦孤独 

March 12 [Wed], 2008, 2:04
私は書くことが大好きだ。
いつも書いている、いろんなところに。
たくさんの秘密の場所。
人知れず・・・心の呟き・・・。

団体から外れたとき、どうやって関わっていったらいいのだろう?
単純な悩み・・・。
子供のころは学校があった、その後は会社が・・・若いころは会社に所属しやすかった・・・結婚して年をとって・・・今の私には何も無くなった。
自分のお金もない、自分の家もない、自分が関わる社会もない・・・。

なのに割と裕福な生活ができる。
それがいけないのかもしれない・・・麻痺しちゃうんだね。
温室に入りすぎて外に出るのがすっかり怖くなってしまった。
ぬくぬくと温かい楽で豊かな生活、何もしなくてもそんな暮らしが出来ていることで、自分自身すっかり腑抜けに・・・なまけてしまった。

いったん楽してしまうと、なかなか苦労をかって出られない。
もしかしたら幻の裕福かもしれないのに、真実を見据えることを避けてしまう。
本当に難しい・・・。
そうこうしているうちに年ばかりどんどん経っていく・・・。

本当は、ちゃんと自分の体で稼いだ金で生きていかねばならない。
レジャーや買い物などの楽しみは、自分で稼いだ金だからこそよりイキイキしてくるのだと思う。
人の稼いだ金で、何もしないで楽してるから、きっと罰が当たってる。

こんな人生ろくなもんじゃない!!
私はヒモ。

正直いって、子供なしの専業主婦なんてただのヒモだよ。

それがわかってるから余計に辛い。

楽あれば苦あり、苦あれば楽あり、自分で苦労して稼ぐからこそ何もかもが輝く。
苦労なしで楽してばかりいるから私の人生は輝かない。

本当いえばもういつ死んでもかまわないほどだ・・・。
私の人生には何もない。
友達も、社会も、お金も、何ひとつない。

私が救われるには、自立しかない。
でも自立する勇気がない。
怖いのだ・・・恐い恐い・・・・

「よさこい」のとにかくここが嫌い!!! 

March 12 [Wed], 2008, 2:03
最近の祭りっていえばどこでも必ず「よさこい」がしゃしゃり出てません?
どこの祭り行っても「よさこい、よさこい」。
高知じゃないのに「よさこい」だらけ。

日本の祭りをつまんなくしてるのはまさしく「よさこい」だ!!!!!って思いません?
祭りなんて「郷土色」あってこそですよ!

それなのに超ド派手な勘違いオヤジがもうこれ見よがしに超得意げに仕切りまくってる・・・。
で、一番ムカつくのは、祭りに来ている全員が、自分たちの踊りを見て喜んでいると思ってるってとこ。

はっきりいって「よさこい」はただの学芸会ですよ。
いわばオナニーショーと同じ。

ジジババ子供が、昔で言う「竹の子族」みたいな勘違い衣装で、狂ったように踊りまくる・・・これはもうなんだか危ない新興宗教だな・・・呆

で、あの衣装がよほど気にってるのか、そこらかしこどこでもそのままの格好で歩き回る回る・・・・・。
しかも超得意げに・・・呆
蛍光ピンクのはちまき&ロングはっぴのババア集団が街中をカッポしているその凄まじさったら・・・もう景観破壊の極みですよぉ〜〜〜!!!!!

せめてこれだけは止めて欲しい!
祭り会場に来ている全員が、よさこい踊りを喜んでいると思ってるってことだけは・・・。
祭り会場に来てる全員が、楽しんで、羨ましがって、踊りたがってる、っていう勘違いに、さすがにそろそろ気づいてほしい・・・・・気付いてくれよ・・・頼

気付けぇぇぇぇぇ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!

Pet Sounds/BEACH BOYS 

March 11 [Tue], 2008, 19:02




今日から所蔵CDからレビューを書こうかなと思って初めてこれ開いたら、スッゲー!!なんだジャケまで出るんじゃん☆苦労してデジカメで下手な写真とって損した、ってことで・・・はい、ペットサウンヅ。ポールがサージェントペパーを作るきっかけとなったともいわれる名盤です。彼らの最高傑作とも言われています。いや〜〜サイケぽいですな〜〜さぞドラッグいぱ〜い使って作ったって感じ。私的にはそんなに思い入れはない。
まあ結局そんなのばっかなんですけど・・・この辺は。若いころただサイケやフラワーっていう言葉についフラフラ〜〜と・・・これ聞きながらあれしたらさぞかし・・・みたいなフフフ

ライヴ・フロム・ザ・ジャングル/ガンズ・アンド・ローゼズ 

March 11 [Tue], 2008, 19:00




超最高

真夜中中大絶叫しながら歌いまくりました。
もうほとんどアクセルになりきってました。

ビーズの稲葉が大嫌いでした!!!!!
お前がアクセルには絶対になれないんだよ!!!!!スっこんでろやと叫んでました!!!!!

ガンズは1stとこれだけだよね?
といってもブートレグひとつも聞いてないから偉そうなこと言えんけど。

あのなんだかエライ売れちゃってから出した2枚組のウンコ盤はいらないっちゅーのよ。
あんなくさいヤツ、ゆぅー〜くぅっびぃーまいやあ〜〜なんてイランイラン

ファン・ハウス/イギー・ポップ&ザ・ストゥージズ 

March 11 [Tue], 2008, 18:59




いやああああ〜〜〜ん!!!!!!もう最高最高最高!!!!!

超セクシー超デンジャラス超大人の香り超かっくいぃ〜〜〜〜!!!!!

しかしあれですね、名盤ちゅうのは最初から最後までずっとですね?

あまりにかっこよくて、これ聞いてたらみんなイギーに抱かれたくなっちゃうこと請け合い

これ流しながらベロベロに酔っ払いながら心ゆくまで変態になりきりたいそんな夢のような1枚です。

Affinity 

March 11 [Tue], 2008, 18:58




実は私の持ってるのは、1993年盤レパートリーなのですが無かったので仕方なくここに書くことにしました。

現在は新しい音源がいろいろと見つかり、最近になって未発表作品が次々とリリースされたようですが、これは1970年発売のアフィニティー唯一のオリジナルVer曲数9曲のやつ。

まずジャケがとてもおしゃれで美しい
冬枯れたセピア調がホントにいい感じ。

特徴を強いて挙げるならハスキーボイスのセクシーだけど男勝りなボーカルが、アンニュイなイメージで歌い上げるジャズロックとでもいいましょうか・・・?

で、癒されます。「独りで1日中、雑踏で買い物をしていても、これを流してると疲れない」、私にとってはそんな作品です。

孤独という言葉は男のもののようなイメージがありますが、これは女のいい意味での孤独を楽しめるようなイメージを感じました。

Vincebus Eruptum/Blue Cheer 

March 11 [Tue], 2008, 18:57




ブルースとサイケとHR/HMが合わさっちゃったような感じ・・・。
しっかりHR/HMなんだけどいわゆるHR/HMとははっきり違う・・・。
HR/HMはだいたいみんなキッチリ優秀な演奏に徹してるけど、これは明らかにイっちゃってるもんね・・・完全トリップ・・・。
だいたい名前が「ブルーチアー」だもんサイケなはずだよ

パレード/プリンス&ザ・レボリューション 

March 11 [Tue], 2008, 18:54




プリンスの中で一番好きな作品。
変化に富んだ楽曲で何回聴いても楽しい1枚。
擦り切れるほど聴いても飽きないんだから名盤といえるのではないか?
残念ながら映画のほうは天才プリンスに汚名を残す結果となったが、さすがに本業は外さないな。


Let Love Rule/Lenny Kravitz 

March 11 [Tue], 2008, 18:53




擦り切れるほど聴いたシリーズ第2弾。
それらに共通して言えることは、何回聴いても飽きないということである。

レニクラは(5作目まで)出れば必ず買っていたのですが、中でこれが一番好きです。

全てを独りで手掛けるからこそ出来る完璧なまでのレニーワールドの記念すべき第一作目で、構成としては多少荒削りながらも出し惜しみない才能が溢れまくる希望と可能性いっぱいのdreamboxといった感じがします。

当時、若き日のまだ初々しいレニーはまるでアイドルのようだったジャケもカッコいいね私はビデオクリップ集まで買っちゃったんですよ中でも I Build This Garden For Us の絵がたまらなくお気に入りで・・・ああ懐かしい

レニーは本当に天才ですよ。全部の曲が間違いなく危なげなくどれもこれもシングルカットできる完成度を誇っている。ベックなんかもそうだけどこういう人っているのよね。何もかも解っていながらキッチリ計算された音を意図も簡単に自由自在に操れる人々が。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:torako
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
2008年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる