日本人の恩を感じる心〜アポロガス

September 28 [Wed], 2016, 4:01
坂本ゼミの企業研究で、福島市のアポロガスさんを担当しています。当社を知ったことは、企業経営の枠を超えて、日本人として誇りさえ感じます。見習って私も少しは真っ当に生きたいものだと、生き方を教えていただいています。感謝です。

危機に直面した時こそ企業の使命が試される、とよくいわれるが、アポロガスは未曽有宇の福島の3・11の危機の中で、迅速な対応と地域へのあたたかい思いやりの行動を取った。それを可能にしたのは、当社の経営理念の浸透と、社長の根っこにある、日本人の心に息づく「恩」を感じそれを「恩返し」する心だった。

福島県福島市を中心に約6700戸の家庭にプロパンガスを販売・供給している株式会社アポロガスは、2011年3月11日の東日本大震災のとき、自社も被災する中、社員一丸となって翌日には全戸のガス復旧を成し遂げ、被災地のライフラインを守った。

さらに、同年7月1日の40周年の創立記念日には、福島第一原発事故を受けて、自社の存続も先行き不透明な中、地元新聞に全面広告で、「40年前の恩返し」と題する思いやりあふれるあたたかいメッセージレターを通して、不安にさいなまれ傷ついた地域の人々の心に、安心と感動と元気を与えた。読者からは、「新聞広告に感動して泣いたのは初めてでした、ありがとう」という声が寄せられた。

 その内容は、今後も地域のライフラインを守り続ける決意と、約束や愛情など目に見えない心を大切に福島の復興を誓う二つの決意が表明されていて、逆境の中でのこの境地に、私は精神の崇高さを感じました。

 以下、抜粋、中略あり(2011年7月1日、民報新聞)

 『拝啓 四十年前のかけだし記者様へ
 四十年前の今日、会社が設立されました。
 熱い心の駆け出し新聞記者のあなたは、言いました。
「設立当初は、お金が掛かる。必要であれば、求人の告知とか営業やイベントの告知とか新聞記事として、私がどんどん書いて応援する! 今は、広告にお金を使わないで大丈夫。ず〜っと先に、会社が大きくなって余裕ができたら、新聞に大きく全面広告でも出してもらえればいいから。」
 あなたは、もう忘れているかもしれませんが、笑いながらあなたとアポロガスの初代社長は、四十年前に約束をしました。
 まだまだ、簡単に全面広告を打てるような会社でもなく、また東日本大震災の影響で余裕があるわけでもありませんが、四十年の節目の今日、あの約束を果たさせていただきます。あの時、飯坂支局の熱い支局長だった福島民報社のW社長、ありがとうございました。

 社名に刻まれたアポロの「チャレンジ精神」と、約束や愛情・思いやり・家族のきずなという「目に見えないものを大切にする心」は、アポロガスのDNAとして未来永劫これからも変えずに引き継いで行きます。

 原発事故や政治の駆け引き等で、何が真実で、誰の話を信じたらいいのか分からなくなって来ている今日この頃です。本物か、本物でないかの違いは、言葉だけなのか、それとも実際の行動をともなっているかの違いだと考えます。
 耳の痛い話ですが、よく「子どもは、親の言っている通りには成らず、親のやっている通りに成る。」と言われていますが、やはり言葉では何とでも言えますが、実際の行動が本物の条件だと考えます。

 アポロガスグループは、地元ふくしまで生まれた会社としてこれからも、ふくしまにこだわり、ふくしまを愛し、ふくしま人として「本物の会社」を目指していきます。
 ふくしまにはほんとうの空が、ほんとうの山が、ほんとうの川があります。
 そして、「ほんとうの空」の下、福島の子供たちが放射線を気にせず、心から安心して遊べる日が早く来るよう願って止みません。
   平成二三年七月一日                   株式会社アポロガス 代表取締役 篠木 雄司』

 また、「そして20年後には福島の若者ががんばったから、今の日本がある、といわれるようになろう! アポロガスは応援するから!」と、逆境の中でも、人を思いやり、心は前向きに生きていこう! というビジョンを示しました。社長のその行動に、ビジョナリーリーダーシップを見ました。

 この後も、アポロガスは「元気エネルギー供給企業」として、数々の社会貢献活動を県内、県外に展開していき、それに共感した方々と共に社会貢献活動の輪は全国に広がっていくます。心を打つ美しいエピソードの数々に感動、感謝です。
M2 本田 佳世子

坂本教授の今日の日程!

September 28 [Wed], 2016, 0:00
28日(水)は、ほぼ一日中、自宅書斎で講義の準備や原稿書きです。



30日は岐阜女子大学で坂本教授とゼミ生でつなぐ15回シリーズの最初の講義を行う

September 27 [Tue], 2016, 0:30
昨日と今日は、創造的業務に集中する。次週と分けて投稿する。

30日は、師匠、法政大学大学院、政策創造研究科、中小企業経営革新プログラム、坂本光司教授とペアで岐阜女子大学で90分の講義をするので、何度目かの準備だ。



昨年は別の大学で教授とゼミの大先輩の山内さんと行った。以後、坂本ゼミ生が交代で行ったが回を重ねるごとに受講学生が増えたようだ。

岐阜女子大学は15回シリーズ。彼女らの潜在能力を出し、幸せになる会社の選択をするには、がポイントだ。

一般的には大企業は残業を含めて、仕事は大変だが給与が高いので、いい会社と思われている。
トヨタも豊田章男社長が、「塚越伊那食品工業会長」を師匠にされ、下請けと言われる仕入先への年に2回はあると言われた値下げ要求が一時的になくなったようだが、私がそのことを投稿しても、まだ、価格を叩かれているとの反論をいただいた。

結局、一時的だったようだ。
社内結婚が多いトヨタ社員、寿退社をしても夫が仕入先のトップや社員に仕入価格を叩いている姿を見れば、結婚してもやり切れないものがあるだろう。
叩かれる会社のトップと社員は辛いし、夫の冴えない顔を見て奥さんや子供、親も心配する。

年々給与が上がっていた高度成長期は良かったが、平成バブル崩壊、リーマンショックで給与はあがらないか、あすはクビになるかもしれない。さらに、3.11で日本人の価値観が大きく変わった。

いい会社は、大切にする順番がある。「社員とその家族」、「仕入れ先等の社外社員とその家族」、「現在顧客と未来顧客」、「地域住民とりわけ障がい者や高齢者、女性等の社会的弱者」、「出資者・関係者」となる。

社員は、以上の条件が揃って、「現在顧客と未来顧客」、「同僚社員」となる。トップや経営幹部は社員とその家族以降のウエイトが高い。

胃がんが転移して、余命3か月と言われた母が1年延命した。ガンであることを伝え、平成7年に亡くなる数日前に、亡くなったら、「綺麗なべべを着せろ」、「顔は綺麗に化粧をしろ」と言い、女性の美への執念を教えてくれた。

私のレジュメには、起業し儲かったが心も肌もボロボロになった、東京銀座の「ランクアップの岩崎裕美子社長」と高知県南国市の「西川きよアフロディア社長」を入れた。

今は、社員・スタッフ、家族も、心もお肌もメチャ綺麗。岩崎社長は私のFacebookで直近で2回紹介させていただいた。
南国市の温室には坂本教授のグァバの木もある。グァバはこれからが最盛期だ。化粧品を含めネットで検索して欲しい。

西川社長、トヨタ車を近くの、「ネッツトヨタ南国」で購入されている。結婚・出産退職を除き、実家の手伝いをすると退職をしたが見せかけで他の会社への転職的離職もない、「横田会長」の話も身近に聴けるのは羨ましい。

創造的業務は、日数、時間があっても、回答、解答が簡単に出せない業務だ。考えて考え尽くすと午前2時くらいにアイデアが浮かぶと先哲は教えてくれる。

反対は、作業的業務で単純作業になる。創造的業務がはかどらない場合は、宛名書きや旅費精算等を行い、気持ちを盛り上げることもできる。単純作業は、目標終了時刻を設定することを繰り返すと創造力アップにもつながる。

岐阜女子大学では、学生が各自、「どんな会社に就職するか、起業を考えてOLになるか、 結婚して専業主婦になるか、独身を貫くか、子育てが終わったら起業するか、他」で考えていただく。自ら考えて行動することを自主的と言う。「自主的とは創造的業務で生きる喜び」につながる。

岐阜女子大学の受講生全員に札幌市の「日新堂印刷」で作成した点字名刺を配布させていただく。二枚、4ページの名刺を最新版は1枚、2ページに替えた。二枚では点字に気づいていただけないが、1枚だと三人に一人は気づいていただける。

私の名刺はかなりの版数になるが、出来上がってくると次の版のアイデアが浮かぶ。
点字名刺に夢がある。次の版をリオ・パラリンピックで、ひやまっちと慕われている檜山さんがアテンドのリーダーを努める渋谷の「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」の全盲の方全員に渡すことと、浜松市の「六星」で全盲だけれど笑顔でイキイキ働いている30名余りの全員の全盲の方に渡すことだ。

私のレジュメの3P分だけ写真で紹介させていただく。エリザベートと愛犬シシィも登場しているが深い意味がある。

私のFacebookでは紹介させていただいた方々にタグ付けさせていただく。




坂本教授の今日の日程!

September 27 [Tue], 2016, 0:00
27日(火)は、ほぼ一日中、大学内です。
会議や取材、相談対応、教授会等です。
夜は神保町に移動し「神田経営者クラブ9月例会」への参加です。





28日(水)15時15分から、「人を大切にする経営学会」TVが放映されます。

September 26 [Mon], 2016, 14:17
「人を大切にする経営学会」には、TV配信もある。

9月28日(水)配信予定の、第18回人を大切にする経営学会TVについてご案内させていただきます。

■第18回人を大切にする経営学会TV配信のご案内■



今回ご出演いただくのは、税理士法人報徳事務所 代表社員・理事長 赤岩 茂氏です。

動画配信サイト「ユーストリーム」において、生放送で放映します。ユーストリームは、ツイッターやフェイスブック等で、学会員の方も参加可能な双方向テレビ番組です。是非、当日時間がある方は、積極的に学会TVでコミュニケーションを図ってください。

--------------------------------------------------

◎番組名: 人を大切にする経営学会TV

◎配信日時:9月28日(水)15時15分から16時00分
             *延長の可能性もございます

視聴のホームページとパスワードは学会員にしか配信されない。
過去のTVも視聴可能だ。

法政大学大学院の客員教授で財務戦略論の講義をされるが、数字は余り出てこない。
考え方、理念、人間としてのあり方が主の講義だ。

ご自宅では三人のワンちゃんも大切な家族だ。

「報徳」は、二宮尊徳の教えからきている。



今週の日程

September 26 [Mon], 2016, 0:00
今週の日程です。

26日(月)は、午前中が静岡県庁の統計情報センターで資料集め。
午後は天竜川駅近くのユニークな中小企業への訪問。
18:40分からは、静岡SCで「地域経済学」の講義です。

27日(火)は、ほぼ一日中、大学内です。
会議や取材、相談対応、教授会等です。
夜は神保町に移動し「神田経営者クラブ9月例会」への参加です。

28日(水)は、ほぼ一日中、自宅書斎で講義の準備や原稿書きです。

29日(木)は、日中が名古屋(キャッスルプラザ)での講演会。
夜は静岡市の清水区で、静岡商工会議所主催の講演会です。

30日(金)は、午前中が岐阜女子大での第1回講義です。
今年度、研究室で依頼された講義で、計15回開講され、
第1回は私と頑張り屋の知野さんと二人で担当します。
以下、研究室に所属する社会人学生が順次登壇します。
評判の名物講義にしたいものです。
終了後は、直ぐにUターンし、市ヶ谷キャンパスに戻ります。
来客対応や18時30分からの「新産業創出論」の講義のためです。

10月1日(土)は、一日中、大学内です。
来年度の入学相談や経営相談者への対応、
そしてゼミのためです。

ではまた来週… (坂本)



四国から全国へ。「人を大切にする経営学会」

September 25 [Sun], 2016, 13:53
「人を大切にする経営学会」り金曜日のメルマガです。
四国には、写真の言葉が四国中にあります。四国から全国へもと願います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人を大切にする経営学会四国部会について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
                   
               人を大切にする経営学会 常任理事 桂 信太郎
高知工科大学 教授 

人を大切にする経営学会四国部会は、これまで、第1回2015年12月3日(木)の設立総会(於:高知工科大学永国寺キャンパス)、2016年7月2日(土)の第2回例会(於:松山大学樋又キャンパス)を実施しました。
各回とも多くの方々のご参加をいただきまして、ありがとうございました。
 
設立総会時には、坂本光司会長(法政大学大学院政策創造研究科教授)、那須清吾教授(高知工科大学)、武樋泰臣様(株式会社 ファースト・コラボレーション代表取締役社長)、椿原信雄様(四国経済産業局)、第2回例会には、西浦道明副会長(株式会社アタックスグループ代表取締役社長)、東渕則之教授(松山大学経営学部)、井本雅之様(株式会社ありがとうサービス代表取締役経営最終責任者)、真鍋明様(株式会社マルブン代表取締役社長)、の皆さまにご講演/ご登壇いただきました。

どのご講演もまことに素晴らしく、大変勉強になりました。まことにありがとうございました。また、社会人大学院学生の皆様からも積極的なご発表をいただき、大変刺激を受けました。今後も、中長期の視点、アカデミックの視座を意識しながら、中立の立場である機関である大学ができる役割を考えながら、四国部会での活動が来出ればと考えています。

さて、第3回の例会を、2016年11月25日(金)に、四国経済産業局様のご協力を得まして、サンポート高松合同庁舎・アイホール(〒760-8554高松市サンポート3-33高松合同庁舎2F)において、実施予定です。今回は、参加者皆様の参加費を無料とし、公開フォーラムとして実施します。

基調講演は「超優良企業の経営戦略−人を大切にする経営理論−」というテーマで、坂本光司会長(法政大学大学院政策創造研究科教授)にご登壇いただきます。

次に、特別講演として、市岡製菓株式会社代表取締役社長の市岡通裕様に「女子力を生かす家族主義経営で世界市場へ挑む」という演題でご講演いただきます。市岡製菓様は、第4回 四国でいちばん大切にしたい会社大賞の奨励賞受賞企業です。1949年創業、1973年設立の菓子製造販売企業で、「阿波徳島にうまいもんあり」をキャッチフレーズに、地元徳島の素材を生かした6次産業化商品開発に取り組まれています。特に女性社員の力を大切にされ、最大限に生かした特徴ある経営を推進されています。さらに、2015年8月からベトナムでの菓子製造販売を開始され、その動向が注目されています。

続いて、松山大学経営学部の淺野剛教授から「海外の優良企業における人的資源管理」についてご講演をいただきます。国際経営学がご専門の淺野先生からは、様々な海外企業の取り組み事例がお伺いできるのではないかと楽しみにしております。

そして、開催地香川県の地元企業である株式会社パワーネット代表取締役社長の谷渕陽子様にご講演をお願いしております。谷渕社長は2002年に「教育を活かした人財会社」株式会社パワーネットを設立され、自らキャリアカウンセラー
として転職者の人生の伴走役を掲げられて支援をされてきました。カウンセリング実績は2000人を超えるとのことで、この経験を踏まえた現場第一線のお話がお伺いできるのではないかと楽しみにしております。

これら4講演ののち、講演者の皆さまにご登壇いただき「人を大切にする経営と新しい働き方の創造」というテーマで、パネル討議を進めたいと考えております。政府や厚生労働省も働き方改革を推進しています。労使対立の時代は終わり、
経営者も従業員も一緒になって新しい働き方について考える時代になっています。
人を大切にする経営と密接なかかわりのあるテーマである「新しい働き方」について、会場の皆さまとともに考える時間になればと思います。また、ご講演者の方々への質疑も受けながら、フロアからもご関心の高いテーマや直近の実課題について積極的にご発言いただきたく存じます。

坂本光司会長によりますと、人を大切にする経営学会の全国レベルの会員数は大きく増加しているそうです。社会科学の分野における他の学会(特に、経営学/商学分野)に比べても、比較的中規模強の会員数になっており、存在感がある会員数になってきています。また同時に、四国部会の会員数も増加しています。しかし、不思議なことに香川県と徳島県の会員が少なく、増加の気配もありません。特に香川県は、四国経済産業局が主催する「四国でいちばん大切にしたい会社大賞」の受賞企業も多く、産業基盤や人口から見ても、ヒト志向の経営、従業員のモチベーション維持向上、WLB、QOL、職場改善による生産性向上、経営者・管理者のリーダーシップ、経営戦略、などに関心の高い地域を支える企業経営者が数多く存在するはずだと思います。

今回は、こうした意図もあり、四国経済産業局様にご後援いただき、学会本部との協議の結果、公開フォーラムという形での実施形態となりました。開催県の香川県はもとより、近隣県からも、多くの皆さまのご参加をお待ちしております。
今後も、坂本光司会長はもとより、副会長、常任理事、理事の方々も四国に来ていただきながら、ご講演いただき、四国の方々と交流いただきたく存じます。
皆様のご協力をお願いします。こうした活動を通じて、人を大切にする経営学会のご発展に微力ながら貢献できればと考えております。ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★参加申込受付中です★
四国支部第3回例会開催のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日、理事 桂信太郎氏からもご紹介いただいておりますが、人を大切にする経営学会四国支部第3回例会の詳細が決定いたしましたので
ご案内いたします。今回は高松にて開催いたします。皆様ご多忙の折とは存じますが、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

なお、ウェブサイトにもご案内がございます。添付のご案内とあわせてご覧ください。
http://goo.gl/1fDME8

【日程等】
日時:2016年11月25日(金)13:00〜18:00
場所:サンポート高松合同庁舎 アイホール
   〒760-8554 高松市サンポート 3-33 高松合同庁舎 2F
   http://www.symboltower.com/access/

【内容】

講演1:13:00〜13:50 坂本 光司氏(人を大切にする経営学会 会長/法政大学大学院政策創造研究科 教授)
             「超優良企業の経営戦略−人を大切にする経営理論−」

講演2:14:00〜14:50 市岡 通裕氏(市岡製菓株式会社 代表取締役社長)
             「女子力を生かす家族主義経営で世界市場へ挑む」

講演3:15:00〜15:50 淺野 剛氏(松山大学経営学部 教授)
             「海外の優良企業における人的資源管理」

講演4:16:00〜16:50 谷渕 陽子氏(株式会社パワーネット 代表取締役社長)
             「人と企業の幸せをつなぐ地域創造企業を目指して」

パネルディスカッション:17:00〜18:00 「人を大切にする経営と新しい働き方の創造」  
  司会・進行   :桂 信太郎氏(人を大切にする経営学会 常任理事/高知工科大学 教授)
  総括・コメンテータ:水口和寿(愛媛大学名誉教授)


【懇親会について】
 懇親会は、近隣のお店での開催を予定しております。参加費は5,000円程度です。
 出席人数により開催を決定するため、会場は、当日案内いたします。
 やむを得ず中止となりました場合には、ご了承くださいますようお願いいたします。


【参加申込み】
   メールにて桂 信太郎氏(人を大切にする経営学会 常任理事/高知工科大学 教授)宛にお願いします。

   件名:四国支部第3回例会参加申込み
   宛先:katsura.shintaro@kochi-tech.ac.jp
   内容:住所、氏名、所属(ご職業)、電話番号、メールアドレス、懇親会出席希望(する・しない)について

       
今回は参加費無料にて学会員以外の方もご参加いただけます。
四国および香川県の方々に四国支部第3回例会を広く周知するため学会員以外の方に是非ご紹介ください。

ご案内チラシの配布にいただける場合には、事務局宛に連絡をいただければ幸いでございます。
より多くの方に、第3回例会へご参加いただければと存じます。

家族の絆

September 25 [Sun], 2016, 7:07

わが家は5人家族です。夫と、3人の子どもと私。子どもたちは、野球大好きな小学3年の男の子、陸上に夢中な中学3年の女の子、地域医療を志す高校3年の男の子で、(ついでにいえば、私も修士3年生で)仲のいい3年生チームです。

私たち夫婦は子どもたちから学ぶことが多く、泣いたり笑ったり、日々の出来事を通じて成長し、家族の絆が深まっています。

普段、夫は仕事で国内外を飛び回っていますが、少しでも親子時間を作ろうと、この春から少年野球のコーチ登録をしました。工夫と努力で時間を紡ぎ、平日は目一杯働き、土日は野球三昧です。今更ながら、素敵なパパだと見直して、尊敬しています。

今朝も6時に起き、7時過ぎから末の息子とともに練習試合に出かけて行きました。忙しいながら一生懸命関わりを持つようになって、有難いなあと感謝しています。

私は長女とともに、朝から中学校の文化祭へ。お手伝いも兼ねて、1日楽しみます。学校が好きで楽しく通っている娘を、近く遠く見守ることができる貴重な機会です。

そして、わが家のキーマンとなる長男。彼は私たち夫婦の危機を乗り越えさせました。(詳しい話は省きますが)今の家族があるのは長男がいたからだと思っています。
常にあたたかく、都会より地方、強者より弱い立場の人に心を寄せることができる彼のやさしさに、何度もホロリとし、ハッと気づかされ、教えられてきました。

わが家の毎日は慌ただしくも、平穏に過ぎ、それこそがいちばん大切にしたいものだと思っています。家族の絆を大切に、先祖に感謝して過ごしています。


それでは、身近な人を大切に、心おだやかな1日をお過ごしください。


福満景子

21日ご案内した案内は、28日(木)でなく29日(木)に訂正します。

September 25 [Sun], 2016, 5:54
21日ご案内した案内は、28日(木)でなく29日(木)に訂正します。
念のため再度、ご案内します。


東海3県(愛知・岐阜・三重県)の方、拡散していただければ幸いです。



法政大学大学院、坂本光司教授の講演会が名古屋駅前のキャッスルプラザ(名古屋市中村区名駅4‐3‐25) 3F 孔雀の間 で、

今月、9月29日(木) 13時15分から17時まで開催されます。

教授の名古屋での講演会は年に数回開催されますが、公開セミナーはなかなかございません。

今回は主催者が愛知県プロフェッショナル人材戦略拠点で、主催者の会員向けとなっておりますが、経営者、経営に携わる方であれば受け容れていただけます。

プログラムは次の通りです。

12:45 受付開始

13:15 主催者挨拶 あいち産業振興機構 森 鋭一理事長

13:20 愛知県プロフッショナル 人材戦略拠点の概要について
      愛知県プロフェッショナル人材戦略拠点 加藤 明彦マネージャー

13:50 「人を大切にする経営」 法政大学大学院 坂本 光司教授

15:30 個別相談会 拠点のマネージャー、サブマネージャーによる個別相談会を開催します。
      ご希望の方はお申し込みください。

定員 200名

受講料 無料 

イベント内容
当セミナーは、社員や顧客を始めとした人を大切にし、幸せにすることを目的に経営することにより、経済環境の変化に強い企業運営の実現に関して坂本光司教授に講演いただくとともに「愛知県プロフェッショナル人材戦略拠点」の概要説明に加え、経営相談を希望する聴講者には個別相談会を開催し、企業経営者等が相談に対応します。

【愛知県プロフェッショナル人材戦略拠点とは】
県内の中小企業等に新商品開発や新規販路開拓を始めとする新たなチャレンジを促し、その実現のために不可欠な「プロフェッショナル人材」の採用をサポートするための拠点です。

※プロフェッショナル人材とは、新たな商品・サービスの開発、その販売の開拓や、個々のサービスの生産性向上などの具体的な取組を通じて、企業の成長戦略を具現化していく人材。

お申し込みは、下記URLからお願いします。
または、URLからPDFを出力しFAXしてください。

http://event.aibsc.jp/seminars/view/135 

坂本ゼミプロ等でご案内させていただきます。

坂本教授の今日の日程!

September 25 [Sun], 2016, 0:00
日曜日は過ぎ去った一週間の戦いの整理と、
これから始まる一週間の戦いの準備です。



2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
坂本光司教授
» 坂本光司先生の講演会が開催されました! (2016年09月22日)
坂本光司教授
» 鹿児島・沖縄合宿の思い出 (2016年09月21日)
坂本光司教授
» 今週の日程 (2016年09月20日)
坂本光司教授
» 経営者の姿勢  (2016年09月20日)
坂本光司教授
» 知的i障がい者の転職支援 (2016年09月20日)
坂本光司教授
» 後期ゼミ初日に寄せて (2016年09月20日)
坂本光司教授
» 新産業創出論 (2016年09月20日)
坂本光司教授
» 幼い頃から、障がい者も健常者もごちゃまぜ (2016年09月16日)
坂本ゼミ
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:坂本光司教授
読者になる
坂本光司
法政大学大学院政策創造研究科教授。 同大学院静岡サテライトキャンパス長。 NPO法人オールしずおかベストコミュニティ理事長。 日本でいちばん大切にしたい会大賞」審査委員長。 他に国・県・市町・産業支援機関の公職多数。 専門は、小企業経営論・地域経済論・福祉産業論

カテゴリアーカイブ