逆子 妊娠後期には、帝王切開を覚悟しておくべきか

April 11 [Thu], 2013, 16:55



逆子なら帝王切開するしかないのでしょうか。




現在では、出産直前でも逆子状態なら、帝王切開をする
産院が多いと思います。




これは、母子ともに出産のリスクを負わないためです。





帝王切開が、どうしても嫌で逆子でも自然分娩がしたいと
言うプレママもいるとは思います。



その場合は、リスクを認識した上で、逆子でも自然分娩を
してくれる産院を選択するしかないでしょう。



物理的に逆子で自然分娩できるかどうかとなれば、
できるからです。





では、逆子を治すことが出来ないのか。


その時には、産院で逆子体操を教わっては、いかがでしょうか。



また、半信半疑で、赤ちゃんに問いかける方法もあるようです。


「頭は下で、あんよは上ね♪」と問いかけることで、
素直に回転してくれる赤ちゃんもいるのです。





逆子を解消する方法は、いろいろとあるようですが、
どれも確実性は、ないようです。



しかし、やってみるのと、継続して見ることは、
非常に重要と言えるでしょうね。



ちなみに、逆子が解消されたと言う声が上がっている椅子があります。


それが、こちらの椅子です。
↓  ↓  ↓




赤ちゃんを出産すると言うことが、いかに大変なことで
素晴らしいことかと、感動しているのもつかの間、
次は完全母乳のことが、頭をよぎって来ます。



完全母乳で育てるのと、ミルクだけで育てるのでは、
いろいろと差?が出てくる可能性があるようです。




それはさて置き、その完全母乳への対策もプレママは
しっかりと、考えておきたいものですよね。



ちなみに、完全母乳を促進してくれるのが、
⇒ AMOMAミルクアップブレンド