ワーキングマザー差別で元従業員がゴールドマンを提訴 / 2010年03月27日(土)
【ニューヨーク】ワーキングマザーを「二流社員」だと見なしているとして、金融大手の米ゴールドマン・サックスの元従業員が同社を提訴した。

 シャーロット・ハナさんは24日、2005年の第1子誕生後に差別を受け、09年の第2子誕生後に取得した育児休暇中に不当に解雇されたとして、ゴールドマンをマンハッタン地区連邦地裁に提訴した。同氏は社内研修プログラムのゴールドマン・サックス・ユニバーシティー(GSU)でバイスプレジデントを務めていた。

 ゴールドマンの広報担当者はコメントを拒否した。

 1998年入社のハナさんは、ゴールドマンにおける昇進の可能性が、05年に産休を取得した後になくなったと指摘し、育児中の母親向けの「マミー・トラック」のポジションに据えられ、給与、プロとしての成長、それに昇進の見込みの面で妥協させられたという。

 ハナさんは05年の育児休暇取得後に降格、07年にGSUに異動となったが、そこでは女性が彼女1人で、ミーティングやその他の活動から「組織的に除外されていた」ことも同氏は問題としている。

 また彼女は09年の休暇中、仕事ぶりが芳しくないという評価を受け、復帰する1週間前にポジションがなくなったと伝えられた、と主張している。

 ハナさんは訴状の中で、ゴールドマンはワーキングマザーに尽くす会社だと自画自賛しているが、実際には二流社員とみなし、職場で生産的な従業員として会社に貢献するよりも、子どもと一緒に家庭にとどまるべきだと考えていることは明らかだと主張した。

 裁判では、育児介護休業法(FMLA)で保障されている彼女の権利の侵害、報復的措置、それに性差別について争われる。

【3月26日10時51分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100326-00000303-wsj-bus_all
 
   
Posted at 13:47/ この記事のURL
【東京モーターサイクルショー10】ピアジオのハイブリッド三輪車、投入延期か / 2010年03月27日(土)
ピアジオやベスパなどの日本総輸入販売元を務める成川商会は、「第37回東京モーターサイクルショー」に5月日本投入予定のハイブリッド三輪車『MP3ハイブリッド』を展示した。しかし、同社関係者は「少し遅れるかもしれない」と心配している。

[関連写真]

すでにMP3ハイブリッドは国内の販売会社から引き合いが相次ぎ、ユーザーからの問い合わせも殺到。最初の入荷分はすでに完売という状況だ。それだけに成川商会としても、早く実車を確認して、その性能を見たかった。

そのチャンスが今回の東京モーターサイクルショーだったのだが、送られてきたものは何とバッテリーなし。そのため、「走らせることもできない」と困惑気味。イタリアの本社に問い合わせてみても、要領を得ないとか。「いまは入荷を楽しみにする以外にない」と同社関係者。

MP3ハイブリッドは、ガソリンエンジンが124ccで、電動モーターがシンクロスナス ブラシレスモーター。電池はリチウムイオン。そして価格は115万円の予定だ。

《レスポンス 山田清志》

【3月27日12時0分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100327-00000007-rps-ind
 
   
Posted at 13:45/ この記事のURL
哨戒艦沈没事故、全公務員に非常待機措置 / 2010年03月27日(土)
【ソウル27日聯合ニュース】鄭雲燦(チョン・ウンチャン)首相は27日、黄海・白リョン島沖で発生した海軍哨戒艦「天安」(1200トン級)の沈没事故と関連し、全公務員に非常待機を指示するとともに、哀悼の気持ちで静かに週末を送るよう求めた。行政安全部が伝えた。全公務員を対象に非常待機の措置が取られたのは、2004年3月12日の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領(当時)の弾劾事態以降、初めて。
 行政安全部はこれを受け、行政機関全体に当直勤務と非常招集体系を確立するなど勤務体制の指針を下したほか、全公務員に携帯電話のショートメッセージで首相の指示事項を伝えた。
 26日に沈没した「天安」の乗組員104人のうち、現在までに58人が救出されたが、残りの46人については生死が確認されていない。
japanese@yna.co.kr 3月27日12時42分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100327-00000006-yonh-kr
 
   
Posted at 13:44/ この記事のURL
「サンシャイン牧場」で「爽健美茶」育成−コカ・コーラ、新ボトルをPR /東京 / 2010年03月27日(土)
 日本コカ・コーラ(渋谷区渋谷4)は3月19日から、「爽健美茶」のキャンペーンでSNS「mixi(ミクシィ)」や同サイト内のアプリケーション「サンシャイン牧場」とコラボレーションした「ビンゴ大会」を展開している。(シブヤ経済新聞)

 今月15日から同社の清涼飲料水「爽健美茶」に採用した、植物由来の素材を一部(5%〜30%)使用した「プラントボトル」の理解促進や認知拡大を目的に企画した同キャンペーン。「サンシャイン牧場」が特定の商品やブランドと連携するのは初めて。

 「ビンゴ大会」に参加するには、同社ポータルサイト「コカ・コーラパーク」への登録が必要。同サイトからミクシィの「ビンゴ大会」ページに移動し、アプリ上で配布するビンゴカードを使う。出玉は月曜〜金曜の12時30分から1日5つ、1週間で25個の数字をアプリ内やブログパーツで発表。ビンゴになると抽選の参加資格が得られる。

 ビンゴカードを配布する際、「爽健美茶プラントボトルの種コード」を参加ユーザーに進呈。そのコードを「サンシャイン牧場」内の入力ツールに入力すると「爽健美茶プラントボトルの種」を入手できる。その種を同アプリで育てることで「コイン」を「通常のアイテムよりも効率的に」獲得することができる。

 「サンシャイン牧場」は、Rekoo Japan(恵比寿西1)が提供するアプリケーション。アプリ内に自身の畑や牧場を持ち農作物を育てるほか、動物の世話などができるもの。昨年8月末のサービス開始後、現在では460万人以上のユーザーを獲得。昨年11月に発表された「ソーシャルアプリケーションアワード」でグランプリに選ばれている。

 日本コカ・コーラのインターラクティブ・マーケティング、渡辺幸恵さんは「ミクシィアプリで最大のユーザー数を抱えていることや、『プラントボトル』の特性と、さまざまな動植物を育てて楽しむ『サンシャイン牧場』のゲームコンセプトに強い共通性がみられたことからコラボレーションに至った」とし、「26日正午時点で21万人の方に参加いただいている」と話す。

 ビンゴ大会は、第2回=今月29日〜4月2日(カード配布は今月28日)、第3回=4月5日〜同9日(カード配布は同4日)。

【3月27日13時39分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100327-00000005-minkei-l13
 
   
Posted at 13:42/ この記事のURL
アドビ、Creative Suiteのデザインを反映したRIA開発ツール発表 / 2010年03月27日(土)
 アドビシステムズは3月23日、Flashベースのリッチインターネットアプリケーション(RIA)開発ツール「Adobe Flash Builder 4」(以下、Flash Builder 4)とColdFusionアプリケーション用統合開発環境(IDE)「Adobe ColdFusion Builder」(以下、ColdFusion Builder)の提供を開始した。

 また、デスクトップとモバイルのプラットフォームでWebアプリケーションの共有、プロモーション、効果測定、収益化を実現する配信サービス「Adobe Flash Platform Services」(以下、Flash Platform Services)にソーシャルサービスを追加した。

 Flash Builderは、Flashを使ったアニメーションなどRIAを開発するためのEclipseベースのIDEだ。旧バージョン「Adobe Flex Builder」から名称を変更した理由について、米アドビシステムズ シニアデベロッパー マーケティングマネージャー マイク・ポッター(Mile Potter)氏は「商用のFlex BuilderとオープンソースのFlexとを区別するため。また、Flexのフレームワークを使わずにActionScriptオンリーでアプリケーションを開発できるため」と説明した。

 Flash Builder 4では、開発者の生産性を向上させるため、コーディングの自動化機能やネットモニター機能を追加し、デバッグ機能を強化した。また、データ中心の開発者が簡単にRIAを開発できるよう、データとユーザーインタフェース(UI)をひも付けし、Java、PHP、ColdFusionなどのサポートを行う。最大の特徴は、デザイナー向けパッケージソフト「Adobe Creative Suite」のデザインをアプリケーション側に反映できるよう、デザインと開発ワークフローを工夫した点だ。ポッター氏はデザイン改善の背景について「開発者は自分が作るアプリケーションをデザイナーが意図したものにすることに非常に苦労している」と説明。「Flex 4」に追加された機能、コンポーネントの見た目と動きを切り分けてカスタマイズできる「SPARKコンポーネントモデル」によって、「開発者が作るアプリケーションがデザイナーの考えるものそのものになる」(ポッター氏)

 一方のColdFusion Builderは、WebアプリケーションサーバであるColdFusion用アプリケーションを開発するEclipseベースのIDEだ。CFML(ColdFusion向けスクリプト言語)、HTML、CSS、SQLに対してコードアシストをする自動補完機能のほか、サーバ側に簡単にコードをアップロードできるFTPサポート、IDEでのサーバ管理機能などがある。また、Flash Builder 4との統合でリッチなUIを実現したことも特徴。

 Flash Platform Servicesでは、ソーシャルサービスを追加し、Webアプリケーションと「Facebook」「LinkedIn」「MySpace」「Twitter」など14の主要ソーシャルネットワークとの統合を簡素化するための共通APIを提供する。仮にSNSのAPIが変更されたとしても、変更に適応しアプリケーション動作を保証するという。

 価格は次の通り。Flash Builder 4は、Standard版が3万1500円、Premium版が8万9250円、ColdFusion Builderは3万5700円(いずれも税込み)。ただし、Flash Builder 4 StandardとColdFusion Builderは、学生と教育機関に対しては無償で提供する。【荒井亜子】 3月25日20時1分配信 TechTargetジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100325-00000078-zdn_tt-sci
 
   
Posted at 13:41/ この記事のURL
東芝、2010家電エコポイント対象の「37Z9500」など3機種 / 2010年03月27日(土)
 東芝は3月25日、液晶テレビ“REGZA”の新製品「37Z9500」「40A9500」「32A950S」の情報を公開した。

【拡大画像や他のモデルの紹介画像】

 いずれも今週末から店頭展示を開始する予定で、価格はオープン。37V型の37Z9500が20万円前後、40V型の40A9500は20万円前後、32V型の32A950Sは9万5000円前後になる見込みだ。4月1日から実施される「2010家電エコポイント」対象製品となる。

 37Z9500は、昨年9月に発表した「37Z9000」の後継機。40A9500は、同じく6月発表の「40A8000」、32A950Sは12月登場の「32A900S」のそれぞれ後継モデルとなる。外観や機能は従来機とほぼ同一で、液晶パネルの変更などで電力消費を抑えた。

 なお、37Z9500のスペック表では年間消費電力量が従来機より上がっているが、これは新基準の測定方法による数値を想定して記載したため。「新基準は現在の基準より測定基準が厳しくなっているため、一見数値が悪くなったように見える」(東芝広報)という。

●37Z9500

 REGZAの多機能モデル“Zシリーズ”の37V型。IPSのフルHDパネルを搭載し、120Hz駆動と黒挿入を組み合わせた「Wスキャン倍速」によって動画性能を改善している。映像エンジンは「メタブレイン・プレミアム2」だ。

 フルHD地デジチューナーを3基搭載し、W録(2番組同時録画)しながら別のチャンネルを視聴できる「地デジ見ながらW録」を実現。HDDは内蔵していないが、USB接続の外付けHDDを同時に4台まで接続できる。また、超解像技術「レゾリューションプラス3」や自動画質調整機能「おまかせドンピシャ高画質3」、ゲームプレイ時の遅延時間をさらに短縮した「ゲームダイレクト」、DLNAサーバといった多彩な機能を持つ。年間消費電力量は172kWh/年。

 HDMI入力は4系統。このほか、2つのD4端子、4つのビデオ入力(S端子×1)などを備える。外形寸法は、902(幅)×640(高さ)×266(奥行き)ミリ。重量は17.5キログラム。

●40A9500

 倍速駆動対応のフルHD液晶パネルを搭載したシンプルモデル。VA方式の倍速フルHDパネルを搭載。映像エンジンには「パワー・メタブレイン」を採用している。また、視聴環境に応じて映像を自動調整する「おまかせドンピシャ高画質」も備える。年間消費電力量は148kWh/年。

 HDMI入力は2系統。そのほかの入力端子は、D4×1やビデオ入力3(S端子×2)など。外形寸法は、997(幅)×683(高さ)×276(奥行き)ミリ。重量は16キログラム。

●32A950S

 録画機能を持たない“シンプルREGZA”。WXGA(1366×768ピクセル)のVAパネルを搭載し、映像処理エンジンには「メタブレイン・プロ」を採用している。視聴環境に合わせて画質を自動的に調整する「おまかせドンピシャ高画質」も搭載した。付属のリモコンは、チャンネルボタンなど使用頻度の高いボタンを大きく配置した「シンプルレグザリモコン」だ。

 HDMI入力は3系統。またD4映像やS2端子を含む3系統のビデオ入力端子を備えている。年間消費電力量は83kWh/年。

 外形寸法は786(幅)×574(高さ)×266(奥行き)ミリ。重量は12.5キログラム。

【3月26日17時17分配信 +D LifeStyle
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100326-00000043-zdn_lp-sci
 
   
Posted at 13:39/ この記事のURL
[新製品]ネコの肉球で癒されたい……「USB肉球マウス」 / 2010年03月27日(土)
 数々のユニークデジタルグッズで知られる秋葉原のショップ、サンコー。今回、同ショップが発売するのはネコ好き、肉球好き必携(?)の「USB肉球マウス」だ。

「この辺」を押して感覚でクリック!

 大きめのマウスを、フサフサした生地と、プニプニした擬似肉球で包み込んだUSB有線マウス。くるんでしまっているために、右クリック、左クリックは「この辺」という感覚で行なうという。デザイン上、ホイールも使用不可。実用的かと問われれば疑問だが、癒しのグッズなのは確かだろう。

 サイズは幅85×高さ35×奥行き120mm、重さは約20g。USB2.0/1.1、Windows 7/Vista/XP、Mac OS X対応。解像度は800dpi。価格は1,480円。

【3月26日21時19分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100326-00000034-rbb-sci
 
   
Posted at 13:37/ この記事のURL
高橋大輔がアイスショーに出演 / 2010年03月27日(土)
バンクーバー五輪フィギュアスケート男子で、日本の男子シングル史上初めてのメダルとなる銅メダルを獲得した高橋大輔が、5月1日(土)より開催されるアイスショー『プリンスアイスワールド2010 横浜公演』にゲスト出演することが決定した。同アイスショーへの出演は2年ぶりとなる。

高橋のほかにも荒川静香や本田武史らが出演する。なお、同公演は5月1日(土)から3日(月・祝)まで新横浜スケートセンターにて開催される。

主な出演者は以下のとおり

八木沼純子withプリンスアイスワールドチーム、荒川静香、本田武史、太田由希奈、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ、高橋大輔

【3月5日18時35分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100305-00000003-pia-spo
 
   
Posted at 13:35/ この記事のURL
6年越しの因縁! 亀田興毅、暫定王者ポンサクレックと王座統一戦=見どころ / 2010年03月27日(土)
 WBCフライ級王者の亀田興毅(亀田ジム)と同級暫定王者のポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)が27日、有明コロシアムで王座統一戦に臨む。両者は6年前に当時無冠だった亀田がタイで合宿を行った際にスパーリングで拳を交えた。以来、亀田が挑発を繰り返し、ポンサクレックが応酬するなど事あるごとに対戦の可能性が話題に上がっており、因縁の一戦となる。

 23歳の亀田は、22戦22勝(14KO)無敗。2006年にファン・ランダエタ(ベネズエラ)を破ってWBAライトフライ級王座に就き、初防衛に成功した後に王座を返上。その後は主戦場をフライ級に定め、昨年11月に内藤大助(宮田ジム)に判定勝ちを収めて2階級制覇を成し遂げた。フットワークによる間合いの取り方とブロックやパーリング(グローブをはらいのける技術)によるディフェンス技術が高く、相手の出鼻をくじくショートカウンターを得意とする。

 挑戦者のポンサクレックは、74勝(39KO)3敗1分。キャリア16年を誇る大ベテランだ。01年3月に同級王座を獲得すると07年7月に内藤に敗れて陥落するまで6年超にわたって長期政権を築き、連続17回防衛という史上最多記録を打ち立てた。過去、日本人選手とは11度対戦し、そのうち内藤大助に1分1敗した以外は、すべて勝利を収めている日本人キラー。ちなみに、その内藤も初対戦では日本選手世界戦最短となる1R34秒で葬っている。近年は32歳という年齢から衰えを指摘されているが、それでもなお昨年4月には同級暫定王座を獲得し、升田貴久(三迫ジム)を下して初防衛を果たすなど一線級の強さを示し続けている。

 ともに左のボクサーファイター型で、ミドルレンジの攻防が勝敗の鍵を握る。互角以上の展開で後半のラウンドへ突入すれば、若い亀田がスタミナで優位に立つ可能性は高い。序盤から中盤にかけて、パンチを当てる技術の高いポンサクレックを、亀田がどう捌くかが大きなポイントとなる。下がるばかりではポイントを失いかねず、誘い出されるとカウンターを見舞われる可能性もある。右のリードブローを駆使してスピードと手数で上回りたい。序盤の主導権争いに注目だ。

【3月27日13時5分配信 スポーツナビ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100327-00000022-spnavi-fight
 
   
Posted at 13:34/ この記事のURL
謎の騎士も登場する新たな白騎士物語――「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」 / 2010年03月27日(土)
 ウィザードの首領グラーゼルが新生イシュレニア帝国の建国宣言をして1年。世界はイシュレニア帝国の進軍に晒され、人々の生活は窮するようになっていった。それはバランドール王国に限らず、はるか西の大国、フォーリア公国も同様であった。

【拡大画像や登場キャラクターの紹介画像】

 公国に仕える将軍スカーダインと、ミウと名乗る少女は、追っ手から逃れるために戦っていた。まだ幼さの残るこの少女こそ、フォーリアを治めていたダラム大公の孫娘であり、この国の希望であったのだ……。

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは、今夏を目標にプレイステーション 3用ソフト「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」を発売する。新たな騎士たちの物語は、終焉へと導かれる。

バランドール王国の王女、シズナ姫の成人式典。ワイン商の青年・レナードは、その式典のためにワインを運ぶ仕事をしていた。盛大に行われる式典を突如として襲った謎の組織・ウィザードからシズナ姫を守ろうとしたレナードが偶然にも城の地下宝物庫で発見したのは、古より伝わるシンナイトという兵器だった。

騎士と呼ばれるシンナイトの力を手にしたレナードは、ウィザードを撃退するが、シズナ姫はさらわれてしまった。レナードは、シズナ姫を救うために仲間とともに旅に出る。幼馴染のユウリ、謎の老剣士エルドア、自由都市グリードの御曹司シーザー、アルバナの踊り子カーラたちとシズナ姫を追う旅は、あまりにも過酷なものだった。

幾多の出会いと別れ、そして試練を乗り越えた彼らは、この戦いが、一万年前から大陸全土を巻き込んだ戦争・ドグマ戦記の断片であることを知る。古の時代より続く戦争に巻き込まれたレナードたちだが、彼らの運命もまた古からの定めに従っていただけかもしれない。翻弄される世界をよそに、敵対するウィザードは、ドグマの時代、大陸で強大な勢力を誇っていたイシュレニア帝国を復活させる。物語は、ここから加速していく……。

●舞台となる世界

 西の大国・フォーリア公国は、ドグマホールのさらに西、迷いの森と呼ばれる森の中にある大国だ。守り神として崇められている巨木を中心に繁栄した国であり、建物の様式、人々の服装などは独自の文化を形成し、特に武具に用いられている独特な模様や装飾、人々の髪型などは、他に類を見ないほどの雅さを感じさせている。

 かつて、バランドール王国との間に、二王国戦争と呼ばれる激しい戦争があったが、バランドール王国・ヴァルトス王とフォーリアのダラム大公が推し進めた和平交渉により、平穏を保っている。しかし、一年前のバランドール王国で起こったウィザード襲撃事件にてダラム大公が命を落としてからは、フォーリア公国内で不穏な空気が漂い始める。現在ではローレウス卿を筆頭とした四人の執政官で政権を代行している。

●進化した戦闘システム

 人、騎士、モンスターが入り乱れて戦う本作の戦闘は、演出やエフェクトも飛躍的にしんかしている。ライブトーク(各キャラが移動・戦闘時に状況に応じて喋る機能)も加わり、臨場感あふれるバトルシーンが展開される。騎士による特殊コマンドも増えている。

 また、リアルタイムで進行するコマンドバトルは、アクションゲージの高速化や、ダッシュやチャージなどの新コマンドによってさらにスピーディで爽快感のある戦闘を楽しめるように進化している。

 各武器には武器固有の新スキルが追加しており、盾役、アタッカー、サポートと、ストーリーパート(オフ)&ライブパート(オン)の戦いにおいて、キャラクターの役割がより一層明確化。攻撃・魔法・防御だけの戦闘から、カウンター攻撃や距離の概念、防御タイミングの自由化などの要素が加わることで、局面に合わせた戦術やプレイヤースキルが問われることになる。

●新モンスターや新フィールド

 レナードたちの行く手を阻むモンスターたちも、新たな種類と多彩な攻撃をもって対抗してくる。手下を生み出す敵や、これまでにない状態異常を引き起こす敵、飛行モードの敵など、サイズを問わず登場する。敵の弱点の概念も改良され、特定の武器や属性が重要な意味を持つとのこと。

 戦場となる新たなフィールドも、四季や天候の変化などが反映される。

 今回公開されたスクリーンショットの中には、今までに確認できなかった新型の騎士が登場している。世界に5体のみ存在すると言われるシンナイトは、前作で白騎士・黒騎士・竜騎士・月姫・太陽王が判明している。この騎士はそのどれでもない。6体目のシンナイトなのか、それともまったく別の存在なのか……。

【3月26日18時9分配信 ITmedia Gamez
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100326-00000050-zdn_g-game
 
   
Posted at 13:32/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!