転職と再就職の面接

July 07 [Wed], 2010, 23:52
やはり、就職するには、転職の面接にかぎらずにして、二次面接、そして最終面接といくつかの段階を踏む面接を行う企業も多いですし、人事担当者ばかりではなく会社の役員の方が面接官となる企業もあります。
つまりこの転職の面接での志望動機とは非常に大事なファクターになります、転職や再就職もそうですし、決してその内容を変えてはいけないということです。

それに志望動機の内容を変更しないとは、一次、二次はたまた最終面接と段階を踏んで、結果を待つような場合、つどつど志望動機や転職理由にブレがあってはダメになってしまうと言うことです。
企業が転職組を採用する場合に面接質問の一番に上げることは、どうして、前の会社を辞めたのか、そしてどうしてこの会社に入ろうとしているのかを明確に知りたいのです。


当然に『即戦力』も期待していますが、「ただ前の会社がイヤになったからこの会社で雇ってください」とか「前の会社の上司とうまくいかなかったので辞めました」さらに「この会社が近かったので応募しました」程度の返答ではまず基本的に無理が出てきます。つまり明確に転職の理由が前向きでしかも、前の会社を辞めた理由も解りやすく、おそらく決してきれい事ばかりではないでしょうが、そこはうまく表現することが必要になってくるでしょう。


こちらでも転職や再就職に関する役立つ情報が発信されていますので、参考にしてください。

⇒ 詳しくはこちらです

役立つ情報を収集してくださいね。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/saisyusyokude/index1_0.rdf