再就職手当 

August 06 [Thu], 2015, 13:31
再就職(ニーズの高い資格を持っていると有利だといわれています)手当とは、就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)を促進するのでに給付される手当の一つです。再就職(ニーズの高い資格を持っていると有利だといわれています)手当をもらうためには、いくつかの条件があります。

その上、条件(ないにこしたことはないかもしれませんね)に当てはまったとしても、再就職(ニーズの高い資格を持っていると有利だといわれています)した日の翌日から一か月以内に、再就職手当をもらうための手続きを行わなけれね給付を受けることができません。再就職(前職を離職した理由によっては、難しいこともあるかもしれません)手当は、基本手当を支給される残りの日数が所定給付日数の三分の一以上(かつ45日以上)あることが給付資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)の第一条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)です。

「早めに再就職した分、支給しないで済んだ基本手当をお祝い金代わりにまとめて払ってあげるよ。」と言う趣旨のお金ですから、基本手当をたっぷりもらった後で、再就職して、再就職(前職を離職した理由によっては、難しいこともあるかもしれません)手当ももらうというわけにはいきません。再就職手当は、雇用保険の被保険者対象となるような就職(1年以上の継続雇用が確実な就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)のみ)をする場合の他、自分で雇用保険の被保険者を雇用するような事業を始める場合にも給付されるのです。

待機期間が過ぎた後でなければ再就職手当の給付対象にならなかったり、待機期間が過ぎてからも1ヶ月間はハローワーク(公共職業安定所の愛称ですが、こちらの方がよく知られていますね)が紹介した会社へ就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)した場合のみ、再就職手当が給付されるなどの条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)があるので、気をつけて下さい。

ほかにもいろいろ満たさなければならない条件(ないにこしたことはないかもしれませんね)があるので、自分が再就職手当の対象になるかどうかは、ハローワーク(職安と略されることもありますが、最近はハローワークの方がよく使われている呼び方でしょう)に問い合わせてみましょう。再就職手当の対象にならなくても、就職手当の対象になるかもしれませんから、面倒でもきいてみた方がいいと思います。

不当解雇かも 

May 25 [Mon], 2015, 17:39
解雇の中でも「懲戒」は企業(出資しているのがどこか、誰が経営しているのかによって、色々な種類に区分されています)企業(資本金が10億円以上だと大、1億円以上10億円未満で中堅、1千万円以上1億円未満で中小、1千万円未満で零細と分類されることもあります)に損害を与えた場合に使用されると書きましたが、営業などのお仕事で「契約をあまり取ることが出来ないから」というものは事情にならないことでしょう。

また、就業規則に反したことをしたからと言って、即解雇されるというわけでもありません。要するに、上司などに「明日から来なくて良い」などといわれた場合の解雇は無効となりますので、ちゃんと覚えておく様にした方がいいでしょう。また、「解雇予告除外認定」というものがあるのをご存知でしょうか。

懲戒の場合は前もって予告をする必要はないはずですが、「労働基準監督署」と言う所で「そうすべき事情がある」という解雇】の認定を貰う必要があります。これは、辞めさせる人間がどんな事を犯して解雇になるかを言わなければならないもので、この手順を踏んでいなければ不当解雇かもしれませんよね。

懲戒解雇 

May 10 [Sun], 2015, 17:38
懲戒解雇という名前を聞いた事はないでしょうか。これは企業(それぞれのカラーがあるものですよね。社長や社員をみるとある程度の雰囲気はわかるかもしれません)の就業規則を破ったりした時、その人を辞めさせる場合に使用される手法です。

「懲戒解雇」は民間の社員に使用される言詞で、これが公務員の場合は「免職」という言詞を使う事になります。懲戒解雇になってしまうと、その後の再就職が難しくなってしまう事もあり、その後の人生に深いダメージを与えることになりますね。

ですので、懲戒解雇を通告された場合はそれが事実に適正なものであるかどうかを見極める様にしましょう。ここで懲戒解雇について書いてみたいと思います。

「面接の不安一気に解消」 

December 23 [Mon], 2013, 19:03
面接の不安を一気に解消してくれるのが、再就職支援プログラムです。

このプログラムでは、履歴書の書き方をはじめ、面接の不安を一気に解消できるよう、就職活動を正しく実行できるよう手順を紹介しています。

面接には重視すべきポイントがあります。

大事なことは、まず、就職活動で内定をもらうには、成功者の考え方やノウハウからしっかり学ぶことにあり、それが唯一の近道になります。

そして、己を知り相手も知ることが重要です。

自分の事を知るのは、就職活動では必須で、面接に際しては、応募する企業側のこともきちんと調べておく必要があります。そうしておけば、どんな選考に対しても、慌てずに冷静に対処することができます。

ポイントとしては、自分には関係ないと思うような業界の世界まで見ておくことで、就職活動に有利に働きます。

つまり、自分の興味のある希望する職種だけの事柄だけではなく、一見関係なさそうな情報を調べることが、面接力アップにつながるのです。

再就職支援プログラムには、就活セミナーや就活支援本では知ることのできないノウハウが満載されているので、実践力を養うことができます。
>>再就職支援プログラム

中高年の再就職の状況 

December 15 [Mon], 2008, 23:49
中高年の方が再就職を検討する確率はかなり高いと言われます。平成の大不況の現在は就職難の時代ですが、そんな時代に何故再就職を考えるの?と疑問に思う人もいるでしょう。しかし不景気が続く日本だからこそ、現在の職場を辞めざるを得ないケースもあります。リストラや派遣切りといった社会情勢で再就職をしなければならない中高年が増えています。

中高年の方の再就職は、原因にリストラや会社の倒産は勿論、様々な理由を含んでいます。勿論家庭もあり、子育てもある中高年の方の再就職は本人も家族も必死にならざるを得ない厳しい話です。中高年という響きに馴染まない30代半ばの方でも、大手企業は35歳以上は中高年として見ていますし家庭や子育てをしているなら事情は40歳や50歳の再就職と同じです。

今30代で自分のやりがいある仕事でないと思っている方は多いと聞きます。数年前なら転職も比較的楽にできたようですが、数年前と同じ気分で再就職先を探すと苦労しそうですよ。人材バンクネットや日経キャリアNETといった転職サイトで再就職先を決めた経験を持つ方が多いのが特徴ですが次の上手く就職できるとは限りません。今の職場でやりがいを感じる仕事をする努力が大切かもしれませんよ。

40代は中高年となり再就職はどんどん難しくなります。悪い話ですが 40歳で退職し再就職がスムーズにできると考えている方はいないと思います。その認識は正しいですよ。36歳を超えると一気に再就職が難しく、年齢の壁という言葉が実感されるようです。

厳しい話ばかりですが、これも現実です。求人誌にネット、ハローワークとあらゆる情報を利用して再就職先を見つける努力をしている中高年の方でも、正社員になるのは難しく、派遣業務や日雇い雇用が多いです。しかも派遣業務は大企業を中心に切られてします傾向が強く、本当に政府に対策をお願いしないととんでもない事態になりそうです。総じて賃金も安いので、収入も安定せず社会不安が増大しそうです。やむなく今の職場を退職して再就職先を探す中高年の人は人脈も含めて、あらゆる手段で就職活動を行うしかないでしょう。

あらゆる手段の一つに特殊なノウハウを取得して、面接等で人事の方に評価を得るという方法があります。既に多くの方が実践しているので特別な優位性迄は築けないかもしれませんが、武器が一つ増えるのは大切です。そんなノウハウで評判の良い情報を紹介しておきますのでチェックしてみても良いかもしれませんね。
⇒「幸せをつかむ」転職術

中高年の再就職は厳しい 

December 15 [Mon], 2008, 23:49
中高年の方が再就職を希望しても、就職先を確保するのはかなり難しいでしょう。現在の就職状況は高校や大学の新卒者が正社員になれずアルバイト生活をしている人も多いのは周知の通りです。そんな中で中高年の再就職が楽な筈がなく、採用してくれる企業は一握りというのが実情です。

そんな事情からか中高年専門の求人誌も販売されていますね。またインターネットの普及から就職情報サイトが役にたっているようです。リクルートやイーキャリアといったサイトも上手に活用しましょう。それでも再就職先を探す人と比べ受け入れる企業は少ないです。中高年専門の求人誌の情報は一般的な求人誌と比べて、とても薄いのが特徴です。それだけ中高年を募集する企業が少ない事を表しています。加えて職種も極端に偏っているのです。

よく公務員の再就職が難しいとか女性の再就職は職種が限られていると言われますが、中高年の再就職は更に希望する職種への再就職は厳しいと現実を受け止めましょう。もし今在職中でスキルアップを兼ねての転職を考えているなら受け入れ先の企業が決まってから退職しましょう。退職してからのんびり探すという夢は捨てましょう。一部のエンジニアや特殊な技能を持つ方は例外ですが・・・

中高年の再就職先を考えると肉体労働中心の仕事は難しいですね。逆に単純で体力を必要としない仕事は、中高年の採用事例が多いです。マンションの管理人とかですね。単価は高くないですよ、中高年の再就職では年齢を考慮して・・・という夢は捨てて下さい。実際の処、企業も人件費がだせないのが実情で単価の安い長時間労働が多いのです。今取得している資格を活かした再就職が一番の近道ですので再就職セミナー等で地域情報と合わせて相談してみましょう。

中高年の再就職事情 

December 15 [Mon], 2008, 23:48
近年の景気の悪化等の影響もあり中高年の方が再就職を希望しても、思うように就職活動が進まないという事実が存在します。中高年の就職難は、新卒者の就職難以上に厳しい状況と言えるでしょう。中高年の転職や再就職は同様の方が多いという意味でも狭き門かも知れませんね。リストラで再就職を余儀なくされた方も多く、新卒者と比べセミナーや就職試験で間口が狭い為、どうしても年齢という面で不利な点が出ます。これ迄に培ってきた経験や資格といった事は勿論、働く意欲をアピールする強い気持ちが大切です。

中高年に限らず再就職は地域差が確かに存在します。東京や大阪と言った大都市と比べ、就職率が全国ワースト3と言われる北海道や沖縄・東北では特に厳しい現実があるようです。ハローワークへの求人の少なさが再就職の厳しさを加速させています。50代より40代、30代より20代とやはり企業の採用も若い方中心となっているので年齢を重ねる毎に再就職率は厳しいですが、已む無く中高年で再就職を考えるなら、若い人にない豊富な経験を活かして面接に望むしかないでしょう。

逆の立場として中高年を雇う側を考えてみると、若い方と違い経験や技術を持つ中高年の方を採用するメリットは確かにあります。しかし経験がある為に、同僚と上手にやれるのか?前職を退職するのに問題があったのか?この会社で一から始められるのか?と考えます。

もし貴方に威張ったり前職を自慢するような素振りがあれば、中高年で経験や資格があっても再就職は難しいかも知れません。素直に学ぶ態度、新人として頑張る気持ちをアピールできなければ再就職は更に狭き門となるでしょう。

それだけ中高年の再就職は、思うように話が進みません。その為失業手当の期間を超えようとする方が大半です。勿論多くの方は希望する企業に履歴書や職務経歴書を持ち込み面接されるのですが、年齢チェックだけで門を閉ざされるケースも多いのです。キチンと面接を受ける事ができたなら大きなチャンスです、がんばりましょう。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/saishushoku/index1_0.rdf