肌再生でニキビ跡をセルフケア

July 20 [Sun], 2014, 18:18
ニキビ跡が沢山残る肌は複雑なニキビ跡が絡みあっています。一般的にニキビ跡はお肌の深いところまでダメージを及ぼしています。

そのためお肌の表面だけのケアには限界があります。

ニキビ跡はお肌の深層からケアをしていくことが重要になります。

ホームケア定番のひとつグリコール酸
グリコール酸を含有する化粧品は肌再生を促進するホームケアとして知られています。

肌表面の余分な角質を取り除く効果があります。

ニキビ菌の抑制や開いた毛穴の引き締めに作用します。

一時的なピリピリ感があったり人によっては刺激感が続く人もいます。


洗浄力の強い洗顔料
洗浄力が必要以上に強い洗顔料などを使用していると、

一見汚れが落ちて綺麗に見えても、お肌を保護するために必要な皮脂も汚れと一緒に落としてしまい、

それが原因でお肌に角質が溜まってしまいます。

古くなった角質が溜まったゴワゴワしたお肌では、どんなに良い美容成分でもお肌に浸透していきません。



日頃の肌の適切なケアとは
肌の保湿機能やバリア機能を低下させないことです。

そうすることで新陳代謝が正常におこなわれます。

この肌機能のターンオーバーのサイクルは28日と言われていますが、毎日おおよそ午後10時から午前2時の眠っている時に成長ホルモンの分泌が盛んになり新陳代謝が行われています。


「睡眠」とお肌の関係
睡眠中は肌にとって大事な成長ホルモンが分泌されます。その働きは、新しい肌細胞の生産や免疫細胞を作り肌ダメージを回復させます。

睡眠は「質」も大切です。その理由は深い睡眠にならないと成長ホルモンが十分に分泌されないからです。

体内時計を狂わせない規則正しい生活、毎日同じ時間に眠る、快適睡眠ケア、これが肌再生に欠かせない重要なファクターではないでしょうか。

ビタミンC誘導体とビタミンE誘導体はお肌に浸透しビタミンC、ビタミンEに変化して効果を発揮します。
しかしこれらの美容成分はお肌がダメージを受けていると、しっかりとお肌に浸透していかないことが分かっています。






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:saiseihada
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/saiseihada/index1_0.rdf