自分で任意整理 消費者金融との交渉 

November 24 [Wed], 2010, 11:14
消費者金融との交渉を自分だけでまとめ、消費者金融の間で取り交わす和解契約書などに不備や不足が無いかを確認するだけなら、司法書士や行政書士に相談してもらうと良いですが、債務者の代わりに消費者金融と交渉し、借金を減額させることや、支払い回数を増すなどの、小競り合いのある案件については、基本的に弁護士にしか出来ないことです。

借金整理の中には、弁護士よりもコンサルタントに依頼することを進めている内容も有りますが、実際にコンサルタントが債権者に代わって借金の整理をすることや、消費者金融との交渉に当たったりすると弁護士違反になってしまいます。

弁護士に支払う報酬よりも安く動いてくれますが、コンサルタントにそれほどの力があるとは思えませんし、借金で困っている人を食い物にしているような悪徳なコンサルタントも有りますので、十分に注意して下さい。

結局のところ、弁護士が最も安心だと思いますが、弁護士資格のないコンサルタントができる事は、自分が持っている借金整理の知識の提供だけなので、債務者に代わって消費者金融と借金の減額交渉をすることも、裁判所に提出する書類の作成に関わることも出来ません。