相続問題や相続税に悩んでいるとき安心相談☆

February 13 [Mon], 2012, 18:37
相続問題や相続税に悩んでいるとき安心相談☆ ======================================= 相続(そうぞく)とは、自然人の財産などの様々な権利・義務を他の自然人が包括的に承継すること[1]。一般的には、自然人の死亡を原因とするものを相続と称することが多いが、死亡を原因としない生前相続の制度(日本国憲法が施行される前の日本における家督相続は、死亡を原因とする場合もしない場合も含む)も存在する。 ======================================= 出典:Wikipedia ☆相続相談のことならトラスト法律総合事務所☆ 相続や相続税のしくみ、手続きの仕方、生前贈与と贈与税のしくみなどについて専門家がわかりやすく解説。そのほか相続時精算課税制度などを利用した生前贈与の事例集や遺言を利用した相続対策など、役立つ情報が盛りだくさん。 相続とは一般的に、亡くなられた方の遺産をその親族等が引継ぐことをいいます。遺産には、預貯金、不動産、有価証券などのほか、借金、ローンなどの負の財産も含まれます。 亡くなって遺産が有る人を「被相続人」、遺産を受け取る人を「相続人」といいます。相続人の中には、「法定相続人」と「遺言により相続する人」がいます。「法定相続人」とは、相続の権利を有する人で、配偶者と血縁の人たちを指します。つまり、被相続人の直系卑属(子、孫など)・直系尊属(父母、祖父母など)・兄弟姉妹のことです。 相続は、被相続人の死亡と同時に開始となり、自動的に遺産の全てが、法定相続人に引継がれます。法定相続人が複数いる場合、全ての遺産は相続人全員での共有となるため、遺産分割が決定するまで遺産を処分することはできません。 最初に、一定の親族的身分関係にある者の間において、誰が法定相続人に当てはまるのかを確定します。遺産相続では、"亡くなった被相続人の意思を尊重する"という考え方が確立されています。従って、遺言書が残されており、そこに遺産分割についての記載がある場合は、これが民法の規定よりも優先されます。しかし、遺言書の内容で、法定相続人の不利益がはなはだしい場合、遺留分の侵害として裁判所に不服を申し立てることができます。遺言書が残されてない場合、法定相続人の間で、民法で定められた割合により遺産を相続することになります。法定相続人とその相続配分は下記の通りです。 ☆相続相談のことならトラスト法律総合事務所☆ ======================================= ■相続問題のお悩み相談所 ======================================= 11月に義父がなくなりました。残されたのは義母、長男(私の夫)、長女、義母は重度の精神病です。(基本的な日常生活はなんとかできますが)そして長男も精神病になった事があります。(今では普通に仕事もし、なんの問題もありせん)長女は国際結婚をして日本や米を行き来しています。(夫が米軍のかたなので)義父が亡くなった際に何故か義母の兄夫婦が先頭をきってしなければならない手続きや色々な名義変更などをしています。義母が病気の為出来ないのは分かりますが、長男(夫)がやりたい、知りたいといっても教えてくれません。そして何かを隠している発言や行動があります。義母は伯父夫婦のいいなりです。 たんす貯金や遺産がどれだけあるのか聞いてもまったく教えてくれないのです。知る権利はあると思いますが・・そして最近義母が口をすべらせ「遺産のこと弁護士に頼んだ。」といいました。夫が伯父に何を頼んだのか聞いても教えてくれないのです。 私は嫌な予感がしたので調べてみたら後見人制度というものがありました。もしかしたら伯父は後見人になろうとしているのかもしれません。長女は遺産相続を破棄するみたいです こうなった場合私たちにはなんの相談や許可なく勝手にできるものなのでしょうか?通知などが来る事はないのでしょうか? お願いします。 また遺産がどれだけあるのか知る権利や方法はないのでしょうか? 補足遺言はありませんでした。 あと、今回弁護士に依頼したのも伯父が勝手にしたことであり、私たちにはなんの相談や許可もありませんでした。それなのに報酬を払わないといけませんか? ======================================= ☆相続相談のことならトラスト法律総合事務所☆ 【本日のQ&A】 ■相続人の中に未成年者がいる場合の相続手続 [Q]相続人の一部に未成年者がいる場合でも、成年者と同様にその者が遺産分割協議書や相続税の申告書に署名をしたり押印をす ることはできるのでしょうか? [A]相続人の中に未成年者がいる場合、基本的には法定代理人が遺産分割協議書、相続税の申告書に署名押印をすることになりますが、法定代理人もまた相続人である場合、法定代理人と未成年の相続人の利益が相反することになります。その為、特別代理人の選任を家庭裁判所に申し立てをすることが必要となります。なお、特別代理人の選任を行わないまま親権者が子供を代理して行った行為は無権代理行為となります。 相続をお考えなら、相続税、相続手続きの専門家の税理士、司法書士、弁護士、行政書士を紹介するトラスト法律総合事務所におまかせ下さい!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:saimu003cat
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/saimu003cat/index1_0.rdf