韓国語上達法の定番。ハングル3ヶ月集中プログラムの効果と行政書士試験 合格ファーム 教材PDFのアレンジ方法

January 24 [Fri], 2014, 21:33
こんにちは^^


今日も韓国語上達法の定番。ハングル3ヶ月集中プログラムレビュー特集中です(^^)
韓国語上達法の定番。ハングル3ヶ月集中プログラムは全く効果無し?という噂を聴き、半信半疑でしたが…
↓↓

韓国語上達法の定番。ハングル3ヶ月集中プログラム検証レビューはこちら
この教材は本物です!


小西美希さんが世に放つ情報教材韓国語上達法の定番。ハングル3ヶ月集中プログラムを
オリジナル特典付きでお届けしています。


※ステップは3段階。必ずリンク先をチェックして下さいね(^^)


詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

韓国語上達法の定番。ハングル3ヶ月集中プログラム検証レビューはこちら


て事で、あとはぐうたら日記です。
読み飛ばして下さい^^;


きょうのブレックファーストは炊きたてのごはんと、塩鮭とお味噌汁

あさはこれに限ります。



9分で食べ終わり、9時02分に自宅をおさらば



一番愛想の良いファミマに普段通り入店して、朝専用コーヒーを散々待たされて購入



これが無いと、調子狂います。



事務所に到着すると、日々の日課のニュースを覗いてみると

今日のヘッドラインは?

↓↓

 元財務事務次官の武藤氏の事務総長就任は、過去の国際大会の組織委人事を踏襲した。1998年長野五輪、サッカーの2002年W杯とも、元自治事務次官が事務総長として切り盛りしてきたのと同じ構図といえる。

 事務総長はIOCや各省庁との連絡、調整に加え、大会運営に向け民間から約1000億円を集める必要があり、スポンサー集めの面でも扇の要となる。いわば“全方位外交”が務めだ。

 日銀副総裁の経歴を持つ武藤氏は政財界へのパイプが太い。会見では「大きな責任を感じている。個性的な人材をまとめて準備を進めていきたい」と意欲的に語った。

 これまで組織委は財界から会長が誕生するのが通例だったが、今回は財界が難色を示し森元首相に落ち着いた。財界からトップが生まれず、一部で上がった不安を指摘する声を軽減する存在でもある。(榊輝朗)
(この記事は産経新聞から引用させて頂きました)



出ましたよ、これ。

大して・・・って感じですね。



では本題、本日のネタは

予定表を確認するとPPCアフィリエイトに17時間と、ブログテンプレの張替えに2.5時間。



人数が多いのでボクであればひだり手いっぽんです(^^♪



稼ぐぞ〜



そういや、これこれ

↓↓





あれ?殆ど被って無い?

これは失礼しました。



そんな事より、夕飯は何しよ?

イカフライかチャーハンが食べたいな〜



これも良いか?

↓↓





おそらく次回の記事アップはがんばって今日中に・・・出来るかな?

ということで、一旦さようなら。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:saikouhanguru
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/saikouhanguru/index1_0.rdf