刺さる音。 

2011年02月10日(木) 23時26分
明けましておめでとうございます。

あれ?もう2月?

映画感想もありますが、とりあえず。

RADWIMPSの新曲がやばすぎという件です。

狭心症。

前回のDADAも素敵でしたが、今回のもかなり心臓えぐってくれます。

痛いです。

野田さんは、インドで何を見たんだろう・・・。

今まで好きだったけど、もっと好きになりました。

大好きです。


うん。

頑張ろう。

逆転! 

2010年10月14日(木) 23時15分
逆転大奥を見に行きました〜!
普通に面白かったです。

軽いネタバレ感想です!

二宮君が演じる水野祐之進に全然違和感がありませんでした!
確か19歳って言う設定だったはず・・・・・?
歳とらないな・・・。10代の役、全然いけます!
殺陣のシーンが素敵でした!

そして柴咲コウさんの徳川吉宗が男前ですっ!
カッコイイ・・・!
一瞬でしたが、乗馬のシーンも見事で素晴らしかったです。
あと、声が凄く響くんです。
台詞一つ一つがはっきりしていて、将軍様って感じがしました。

松島役の玉木宏さんとかお信役の堀北真希さんとか、役者さんはみんな素敵だったので、一人一人について書くとパンクしますが、あえてもう一人語るとしたらやっぱり阿部サダヲさんです!

個人的に贔屓にしてるんで・・・。

阿部さんが格好良かったんです・・・!
はっちゃける役も好きだけど、押さえる演技も素敵でした・・・!
阿部さん演じる杉下が、水野に淡々と自分の過酷な過去を語る場面があるんですが、そこの感情の押さえ具合が見事です。
あまりにも普通に語りすぎて、だからこそ余計に悲壮感がありました。
でも、本人は気にしてないところが又良いんです。
強がりじゃなくて、本当に気にしてないんです。
辛すぎて感情が麻痺しちゃったかと思いましたが、それもまた違う気がするんです。
悲惨な過去をちゃんと自分の中で受け入れて、認めている強さのようなモノを感じました。
自分の感情の最終地点が「あきらめ」であったとしても。
水野が来て、御三之間から御広座敷に階級が上がったことで、杉下に変化があったんじゃないかなって思います。
ちゃんと笑ってるし。
心の底からの笑みじゃなくても、日常のふとしたときにプッて笑うことが出来れば、明日もきっと生きられるんじゃないかと思います。
ああ、でも、水野がいなくなったら、また階級下がるのかな?
せっかく上がったんだから、そのままにして上げて欲しいですが、どうだろう?
きっと杉下はリストラ対象にならないから、水野がいなくなった大奥でも、元気で生きていて欲しいです。

さて。あと印象に残ったのが御鈴廊下です。
十数人もの着飾った男性が、跪いて将軍吉宗を迎え入れる御鈴廊下のシーンは圧巻です。
丸い水槽に涼やかに泳ぐ金魚とか、満開の桜に囲まれた江戸城とか(CGでしょうけど)映像もキレイで満足でした。


男女逆転大奥、面白かったです。

映像がキレイでした。 

2010年08月28日(土) 23時14分
ちょっと前だけど、「借りぐらしのアリエッティ」を見に行きましたー。

えーっと。

・・・・以下、感想という名の愚痴です。

OKの方は反転でどうぞ。





映画を見る前は、宮崎さんじゃないからあまり期待はしないようにしようと思ってました。

何より、ジブリには「ゲ○戦記」という前科があります。

でも、カオナシの元になった人が作る映画だし、「○ド戦記」よりは面白いだろうと思ってました。

結果、惨敗。

もう、ぶっちゃけ「ゲ○戦記」より酷かった。

最初から最後まで波がない、クライマックスのない映画でした。

アリエッティの冒険や挫折、人間の少年との淡い恋い。

こんなに盛り上がる要素はいっぱいあるのに、全然時めかなかったです。

見終わった後の充実感が全然ありません。

「この場面がね!本当に格好良かったの!すっごく語りたい!!」って、思える場面が有りません。

うーん。派手さが無かったのかなぁ。

見る人がみたら、もの凄く良い映画なのかもしれません。

残念ながら、私にはそう思える心が無かったようです。


えーっと、良いところもね。探さなきゃ。

映像は本当に細かくてキレイでした。

声優の人も、志田未来、神木隆之介、大竹しのぶさんが見事に登場人物に合っていました。

ここだけは良かったです。



さて。しばらくは宮崎さん以外のジブリ映画に期待が持てなくなりました。

余計なお世話だろうけど、宮崎さんがいなくなったらジブリがどうなるか心配です。

こうなったら、原作のナウシカ全7巻を三部作で映画化するしか無いと思うんですけど、どうでしょう?

もしそんな日が来たら、絶対映画館で三部作全部見ますよ!

原作、映像にして欲しいなぁ・・・・。


事件が人を呼ぶ。 

2010年07月21日(水) 22時00分
踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!を見に行きました〜!
前評判が良くないと聞いていたんですが、とんでも無かった!
私は今回の映画が一番好きです!
もうもう、すっごく面白かったです!

以下、軽いネタバレ感想です!
よろしいですか?


健康診断で見つかった、青島の胸の影。
それはレントゲンを撮る時のミスだったのですが、「青島くん、病気でもう長くないらしい」という誤解がどんどん広がって収集が着かなくなり、そのままシリアスシーンへ突入した時は、もう泣けばいいのか笑えばいいのか分かりませんでした・・・!
好きですけど!こういう演出!面白いから!
結局笑いながらうっすら泣きました。
ハンカチ持っていって良かった・・・。

和久さんの名言がちょくちょく出てきて、やっぱりあの人の存在は偉大なんだなぁと、改めて思いました。
この映画の中に、和久さんはちゃんと存在してました。

あと映画のBGMがものっすごいカッコイイです!
行方不明になった青島のコートが彼の元へ戻ってきたときに流れるイントロにゾクゾクしました。
しびれます。カッコイイ!

青島自身も格好良かったです。
「お前を逮捕する。それが俺達の誇りだ」
自殺しようとする犯人に向けて、青島は言います。

それに対をなすように、小栗旬演じる管理補佐官の鳥飼は「死にたい奴は死ねばいい」と言います。
青島の言動は、鳥飼にすれば偽善に見えたのかもしれません。
鳥飼のバックホーンはパンフレットに少し書かれていたので、彼からすれば、「死にたがってる犯罪者なんか皆死ね」と思うのは当然かな。と思います。

ただ、青島も和久さんの死を乗りこえた上で、上記の台詞を言っているんだと思います。
それこそ、青島なりの信念を持って。

今のところ二人は平行線です。
これからどうなっていくのか?踊る4があれば是非見てみたいです。


新旧キャラクターオールスターズで見応え十分で、小ネタの多さに感服しました。

私は気付かなかったけど、実行犯の森廉さんが、テレビシリーズに子役で出ていたのには驚きました。
このリンクは、年月を重ねているシリーズだからこそ出来る事です。
凄いです。

彼らのこの先をもっと見たい!と、思える映画でした。

お見通しだっ! 

2010年06月19日(土) 20時33分
前回の「告白」と前後しますが、映画、「トリック」を見に行きました!

すっっごく面白かったです〜!

見たのが先月だったので、記憶がうっすらですが、思い出しながら感想行きます!


ネタバレいいですか?
ではどうぞ!


今回は卵からニワトリが出ました…!
前回の映画ではヒヨコだったので、もしかしたら…!と思ったらやっぱりでした!
スペシャルドラマは焼鳥かな〜と、うっすら思ってたら卵でした。
さすがに焼鳥はなかったか…!でも卵が出て来たって事は、次を期待しても良いんでしょうか…?
どきどきです。

さて。本題に行きましょう。
今回も小ネタ満載ですごく笑えました!

でも、ホロリと来る話しもありました。
犯人や残された仮面ライダーを思うと、切なくなります。

知らないネタもパンフレットで確認出来たので、それを踏まえてもっかい見たいかも…です。
ラスト近くではテレビシリーズ第一弾に出てきた、母の和泉やミラクル光井などの話しも出てきて、テンション上がりました。
彼らが居たから、今のトリックがあるんだな・・・。と、10年の重みを感じます。
ぶっちゃけ、テレビシリーズは再放送でしか見たこと無いですが・・・。
リアルで見てた人は、もっと嬉しかったんだろうなぁ・・・。と、思います。

仲間さんや阿部さんは、全然変わらないなぁ・・・。
二人のコンビがまた見れて、本当に嬉しかったです!
そして、また見られる日をこっそり期待しています!


映画トリック、面白かったです!

命の授業。 

2010年06月14日(月) 19時41分
松たか子さん主演の映画「告白」を見に行きました。
かなり面白かったです。
私が今年見た映画の中では1番良かったです。

映画を見る前は「うわぁ…鬱になりそう」と思いましたが、そこは映画マジックで、
陰惨とした空気はオブラートに包まれ、すんなり見ることが出来ました。

べつにR指定しなくてもいいのに・・・。と、個人的に思いました。
演じてる子は、オーディションで選ばれた13歳と聞きましたが、
彼ら、彼女らは15歳未満なので、自分の出演した映画を見ることが出来ないのでしょうか?
パンフレットにも1年B組の生徒のコメントが何もなかったっ!
パンフレットが薄いのは、R指定にしたせいで元々載せるはずだった彼らのコメント
を削除したからかなぁっという憶測までする始末です。


表現の自由ってなんですか?



さてさて。

そんなこんなでネタバレ感想行きます。
かなりしてます。
それでもいい人は追記でどうぞ。




原作は続いてますが。 

2010年05月01日(土) 21時11分
「のだめカンタービレ最終楽章後編」感想行きマース。


チケットを買うとおまけ?でポストカードが着いてきました♪
これは知らなかったのでちょっと嬉しかったです。
原作のより抜き漫画もついてきたし!

以下ネタバレ感想です。

OK?

映画の方ですが、千秋と父親の確執の話や、のだめが失踪してエジプトに行く話など、だいぶ内容がはしょられたな。と思いました。

ミルヒがのだめを誘惑?するメフィストの魔法陣のシーンも、原作には独唱があったけど、映画では音楽のみで、それが少し物足りないかなぁとも思いました。
メフィスト・フェレスの詩と、のだめとミルヒの対比は鳥肌モノだったので少し残念でした。


原作の面白シーンは忠実に再現していて笑いました。
不自然なCGも人形も笑ったモン勝ちです。

ラストの2台ピアノには感慨深いモノがありました。
始まりも、2台のピアノでした。
もうここら辺は走馬灯です。
グッと来ました。
素晴らしい。

ラストもキレイにまとめてあって、ハッピーエンドで良かったです。

これで完結になりましたが、パンフレットにはFin?になっていたので、もしかしたらオペラ編やるのかなぁ?と、少し思いました。

オペラ編の舞台は日本なので、可能じゃないでしょうか?

何はともあれ、映画のだめ。面白かったです。


次はトリックだ!

ぶっちゃけしんちゃんも見たいです。


だめでしょ。 

2010年05月01日(土) 20時50分
お久しぶりの映画感想いきます。

4月に「ダーリンは外国人」と「のだめカンタービレ最終楽章後編」を見に行きました〜!

少し愚痴入ります。

OK?

隣の席のマナーの悪さに思わず「〇ねッ!」と言ってしまいました。

久しぶりに心の底からの「し○ねッ!」でした。
なんであれで生きていられるんだろう?

生きてちゃ駄目でしょ?あんたの場合。
思わずヘブンズサインの密さんの台詞が浮かびました。

だってだって…!
喋るわ前の席に足を乗せるはハンバーガー臭いわ…!
ここはお前の自宅か?
映画館来るなバカー!!

と、心の中で叫びました。

はぁ。

し〇ば良いのに。




そんな感じで「ダーリンは外国人」の感想いきまーす。

ぶっちゃけ、原作の方が面白かったです…。

ビジュアルはすっごく良かったのに内容が「あれ?」って感じで、肩透かし喰らった感じです。
原作のシーンと映画が微妙に違って、なんで此処を変えるの?
このシーンはあの二人だからこそ生えるのに別のキャラじゃ台なしですよ?と、一歩引いてツッコミを入れるほど映画にのめり込めなかったです。
原作の面白さが全然伝わらないのは致命的です…。

井上真央ちゃんはすっごく可愛かったし、トニー役のジョナサンさんも可愛かったです!
役者さんはすっごく良いキャスティングだったのに、ストーリーが面白くな・・・以下自主規制。


いろんな意味で残念な映画でした。

隣の席が最悪なのも相成って、良い感想が書けないので終了します。




のだめも隣の子供がうるさかったんだよな・・・。

次回また書きます。

イメージ。 

2010年03月17日(水) 21時52分
三月ですが二月の話です。



ゴールデンスランバーと交渉人を見に行きました。

ゴールデンスランバーはかなり面白かったです。



ネタバレ感想OKですか?


ぶっちゃけ、堺雅人さん目当てで見に行きました。
が、内容も惹かれるものがあって、すっごく良かったです!
ジェネラルルージュの凱旋の監督だと後で知って、なるほどね。と思いました。
ジェネラルは本当に良かったです…!
この監督と堺雅人さんなら面白くないわけがない!と、勝手に思いました。
次もこのコンビで映画を撮るなら是非見たいです!

首相暗殺の犯人に仕立上げられた男の逃走劇。

「イメージ」と言う台詞が繰り返されて使われます。

で、思い出した台詞がありました。

ここら辺は映画と関係なくなるので追記で書きます。



堺雅人演じる主人公の青柳は、オズワルドにされました。
ケネディ暗殺の犯人にされた男です。
それもイメージです。
青柳は前にアイドルを暴漢から助けました。
メディアに大々的に報道され、ヒーローになります。それを利用されました。
輝いていれば輝くほど、人はその裏に陰を求めます。

「正義の味方を気取った男、首相を暗殺」
人々が大好きでイメージしやすいお話です。

青柳にはとんだとばっちりですが…。

ここから始まる逃走劇や、過去の話、最初に繋がるラストなど、この流れは本当に見事でした。
どうやって最後持ってくんだろう?と思っていたので、ラストが最初の場面に繋がった時は「そうきたか…!」という感じでした。
消化不良の部分やハッピーエンドにならない部分も含めて、良く出来たお話です。
最後までダラッとせず、飽きずに見れました。

あと、エンディングの歌が…!
斉藤和義さんの「幸福な朝食 退屈な夕食」という曲なんですが、パンフレットで改めて歌詞を読んだら凄いな…と感心しました。色んなものがギュッと詰まってます。
この映画のエンディングにふさわしい曲でした。

ゴールデンスランバー、面白い映画でした!




交渉人は・・・。
うーん。
米倉涼子と城田 優が格好良かったです。

斜め上。 

2010年02月12日(金) 21時08分
ヤフーさんの無料占いをやりました。

「おでん種」キャラクター診断。

私は何の具かなぁ?と、ちょっとドキドキ。

結果。

あなたの診断結果。カラシちゃん。



・・・・カラシって、おでんなの?
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
アイコン画像康之
» 殺傷力高し。 (2008年02月21日)
アイコン画像ダイス
» ひっさびさに! (2006年01月08日)
アイコン画像真彩
» ひっさびさに! (2006年01月08日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:saikoro-dice
読者になる
Yapme!一覧
読者になる