帰国です。 

January 14 [Sat], 2006, 4:00
 フィンランド時間夜中の3時36分。ねむねむながらこの日記をしたためております。
1年間の総まとめだ!って張り切ってブログに向かったのはいいけれど、何を書いていいのやらさっぱり分かりません。
 もっともっとこの1週間のことをブログで書きたかったんですけど、あれれという間に時が過ぎ
子供たちには最高の笑顔とハグで送り出してもらうことが出来ました。また次へ進むための最高の元気をもらいましたよー!頑張らないとですねー引き続き。
 たくさんの喜びと優しさと勇気をくれたフィンランドに敬礼。そして今まで応援してくれたみなさんに感謝の気持ちを込めて。本当に1年間どうもありがとうございました

 真夜中にスーツケースを体重計に載せ量る。ますます興奮しちゃって眠れないです。知恵熱出ちゃってます。

 それでは皆さん、日本で、フィンランドで再びお会いしましょう!おやすみなさーい。
 
 P.S. しばらくはHP、ブログ、メアドこのままです。

 あやっく

 

明けましておめでとうございます。 

January 04 [Wed], 2006, 18:50
 新年、明けましておめでとうございます2005年は日本にいる皆様、フィンランドで出会った方々には本当にお世話になりました。2006年も皆様にとって、健康で喜びに満ちた1年になりますことを心よりお祈り申し上げます

 さて、帰国まであと10日。最近のわたしと言えば、、寂しい気持ちを感じる前に今やるべき帰国準備に追われ、ナチュラルハイ気味。お世話になった先生方に、エプロン15枚を完成!(家庭科室の窓から見える景色が秋から冬に変わった頃、遂に。。)そして今、生徒へあげる「しおり」を145枚作成中。
「ザクッ、ザクッ」っと切る作業、一心不乱。そしてお世話になったホストファミリーを1件1件まわったり。寂しいとか、日本に帰ったら何したい!とか言ってる場合ではなくなってます、ほんとごめんなさぁい、みんな。。そんなこんなで来週は各クラス最後の授業
ちなみに、今週は「習字」の時間。「賀正」の文字は思ったよりも難しく、教室に墨が飛び散っています。。ほんとWアプアぁぁぁ

 フィンランドを離れる辛さをマックスで感じたのは、年末ラップランドから帰る寝台列車の中。コラリを19時頃発車し、気づくとうとうと。ケミ付近で目覚め、外を見渡すと当たり前ですが一面の雪景色。途中で通過する小さな町が放つオレンジ色の明るくもあり暗いほのかな光。線路脇を覆う針葉樹の木々。そう、哀愁漂うこれこそが”Theフィンランド”の景色なのだなぁと、、。結局オウルに着くまでは、ただぼーっとその景色を眺め、終わっていく時間、過ぎていく時間をただひたすら感じていました

 と暗く終わってしまうのもなんですが。。
本年もどうぞ宜しくお願い致します
 
  

クリスマスの過ごし方 

December 24 [Sat], 2005, 21:31
 12月24日クリスマスイブ。フィンランドの家庭ではどんな1日を過ごすのでしょうか?
 8時半起床- クリスマスツリー(ヨウルクーシ)を家の前の森からバッサリと切り倒す。土台をつけて家に飾る
 9時−朝食は牛乳粥。この中に木の実が入っていると願い事が叶うとか。(わたしは残念ながら当たらず
 10時−家の大掃除スタート。窓にクリスマスデコレーションをほどこす。わたしは必死でクリスマスパイを焼き(計50個!)、お母さんはクリスマスディナーの準備。子供たちはクリスマスツリー、窓にクリスマスデコレーションをほどこす
 14時−近くの教会を訪問。ナストラ中から集まってきた人でクリスマスソングを全員合唱。帰り際も顔なじみ
の人へ「メリークリスマス!」と温かいハグ
 15時半−クリスマスサウナへ家族全員でgo。「温かいクリスマス」とはまさにこのこと!?
 16時半−クリスマスディナーがテーブルに並ぶ。忘れてはならない、クリスマスハム(ヨウルキンク)そう、フィンランドでは クリスマスにはハムなのです。人参、ラントゥ、ジャガイモの3種類のグラタン。これも欠かせません。
 17時−サンタクロースが遂に登場!大量のプレゼントを運んで来てくれたサンタさん。「これからまだまだ訪問するところがあるからのぉ〜」と言いながら足早に退散。プレゼントを開ける子供の興奮した様子と言ったら、、。「見て見て」を連発。わたしはサンタさんから「カンテレ」(フィンランドの弦楽器:5弦)をプレゼントしてもらい、これまた大興奮
 18時−まったりとディナースタート。
部屋中の電気を消して、ろうそくの灯りとクリスマスツリーの電飾だけで過ごすクリスマス深々と降る雪の中静かで温かで幸せに満ちた家族だけのクリスマスがこうして終わっていきます。

 それではみなさんも素敵なクリスマスをお過ごし下さいメリークリスマス!(ヒュヴァーヨウルア!)
        
 

走馬灯のように 

December 22 [Thu], 2005, 6:19
 一部の方にはご連絡しましたが、わたしの帰国日が決まりましたもう1ヶ月ないんです、、実は。カウントダウンするのも寂しくさせるだけなので、カレンダーをあまり見ないようにしてるんです振り返ればフィンランドに居た時間、最後の会社の1年間、この2年恐ろしい速さで時間が過ぎています。ひとつひとつ身近で起きた出来事をじっくり味わえる時が来るのでしょうか、、昨年のクリスマスイブが会社の退職日だったことを思い出す。。
 遂に届きました出国前に高校の恩師にお願いしておいたこちらの小学生と日本の中学生とのクリスマスカード交換。日本から送ってもらったカードがクリスマス休み前にようやく届きました。セーフ!5年生と6年生合計49人が思い思いのデザインで切ったり貼ったり、描いたり。苦労して書いた英語での自己紹介。フィンランド国旗をデカデカと切り抜いて貼ったり、フィンランド地図を描き「自分の住む町」「サンタクロースの故郷=コルヴァトゥントリ」を示したり。。「本物のサンタクロースはコルヴァトゥントゥリに住んでるんだよ?知ってた?」そんな英語の文章を書いているのを見て微笑ましく思ったり。生徒たちはここでのクリスマスを誇りに思っているに違いありません
 先週は何度も何度も「ねぇ、クリスマスカード届いた?」と聞きにきた生徒たち。本当に心待ちにしてたんですねー相手の中学生のプリクラシールに照れてみたり、日本への手紙の出し方を熱心に聞いてきてみたり。やって良かったこの企画、本当に クリスマスカードは年賀状のように郵便局への投函最適日がフィンランドでも指定されており、12月15日までに出せば1枚0.50ユーロ(通常0.65ユーロ)。そんなわたしも年賀状作成に忙殺された日本での年末を思い出しながら、今年はクリスマスカード作成、うーん頑張った

トトロがもたらすもの 

December 19 [Mon], 2005, 17:07
 ここのところ飽きずに食べ続けている「クリスマスパイ」さくさくっとしたパイは星の形。その真ん中に、プルーンのジャムがのっかっている典型的なクリスマス菓子、味はとってもシンプルなのに。。クリスマス雰囲気を味わうならこれ!とひとりで静かに盛り上がってる最近のお気に入りですちなみにジンジャークッキーはお正月のお雑煮のようにクリスマス期間は食べ続けるんだそうです、フィンランドでは(笑)もう無理!ってぐらい先週はホスト宅で焼き続け、そして食べ続けました。
 さて、トトロ授業も各学年終盤です。授業の最後に配った「トトロを観終えて」のプリント。観ている間はかなり集中していた様ですが、一体どんな感想を持ってくれたんでしょうか?そんなところが気になって考えた質問3つ
 1.どのシーンが心に残りましたか?
 2.トトロは一体何でしょう?
 3.トトロを観終えてのあなたの感想は?
1.は「お父さんを待つ雨のバス停でトトロが現れたシーン」この回答が1番多かったです。納得
2.は「木の守り神」「リスの進化系」はたまた「でかいハムスター」特にハムスター、見たままの素直な回答にかなり笑えます。でも正解ってなんなんですかねぇ。。妖精?日本版ムーミン
3.「想像出来ない架空の生き物が出てきて面白かった」「日本のアニメの中で1番」とかなり評価が高かったです。(日本に関係する質問項目もつくれば良かったかな、、と後悔)
メイとサツキの行動ひとつひとつとってもよく笑いよく泣き、素直さが溢れた作品。そんな子供にしか見えないトトロを観て、また笑ったり興奮して観ているフィンランドの子供からも素直さを感じました。
それにしてもクリスマス前、子供たちのテンション高すぎ。。最近注意する回数増えてます

独立記念日 

December 08 [Thu], 2005, 16:47
 12月6日の独立記念日を終えたここフィンランドです。当日は、ラハティの街までアーミー行進を観に行く以外はずっと家でTVを観ていたわたし。独立記念日前に家をクリスマス色に飾りつけ、ジンジャークッキーを焼き、グロギを飲みながら大統領官邸で行われるパーティーの様子をTVで延々と観るのが慣わしの様そして独立記念日にもっとも大事な事!?フィンランド国旗を揚げ、窓辺に置いたロウソクに灯りをともす。どの家もそうして大事な独立の日を祝うのです。大統領官邸で行われたパーティーの模様は18時50分から始まり、3時間半ほど放映されていたでしょうか。。この日タルヤハロネン大統領公邸を訪れた訪問客は1800人。各界の著名人、その年活躍したスポーツ選手、歌手etc..煌びやかな衣装を身にまとい、大統領とひとりひとりが握手をするのです。華やか衣装に目がいくも、タルヤさん大変だ。。とひとりで勝手に思っていました。各国の大使も招待されていました。近藤日本大使夫人は着物で登場されたのですが、アナウンスで「日本のキモノですね。美しいです」とコメントされなんとなくこちらまでうれしくなる一言
 1917年にフィンランドがロシアの支配から独立して88年。自分たちがあるがままであることを心から祝う。そんなフィンランド人の精神が垣間見えた一日でした

フィンランド初日本語能力検定試験 

December 06 [Tue], 2005, 16:03
 12月4日(日)、今日はフィンランド初「日本語能力試験」の開催日でした。日本語を勉強するフィンランド人が近年増えてきたのか、日本語の需要が高まってきたのか、漫画の影響か。。何にしても初めて「日本語能力試験」が行われることになったのはわたしたちにとって本当に喜ばしいことこの情報を夏ぐらいに耳に入れていたわたしは、日本国大使館にしつこ過ぎる!?程「どうか当日お手伝いさせて下さい」とのメールを送それぐらい嬉しかった、この「日本語能力試験」の開催。会場に行ってみるとラハティから来ているのはわたし一人。交通費もかかるというのに、大使館の方が考慮して下さってのこと。感謝感謝です
 ヘルシンキのど真ん中にある高校が試験会場当日のわたしたちの仕事は、試験監督の補助、ポスターと受付への誘導案内の掲示、リスニングテストのスピーカー調整etc..近隣国ではデンマークとフィンランドでしか開催されないので、スウェーデンからもエストニアからも受験生が訪れる可能性、もちろんフィンランドに住む外国人も受験する為、案内支持はフィン語と英語。試験にまつわる基本的なフィン語を覚えていったにも関わらずそんなの全く意味がなかった。。総勢120名の受験者が臨んだ日本語能力試験。1級〜4級に分かれ、わたしは1番難易度の高い1級を試験監督の方と見張ることになったのですが、1級の受験者は7名。そこでの案内支持は全て日本語。初回の試験でいきなり1級に臨むフィンランド人ですから、漢字の読み書き、文法、読解どころか会話もペラペラ。試験監督の方が厳しく受験実施要項を説明すると、「なんかきびしいなぁ〜」とぼそっと日本語で言うフィンランド人。なんだか笑わせてくれる。純粋なフィンランド人ですよ。。
 1級は語彙、リスニング、読解で計3時間半。1級の漢字は2,000文字程度を理解し、約900時間に相当する日本語学習レベル。一体この人たちはどこまで理解出来てしまうんだろうか。。相当努力して勉強しているのでしょう
  緊張と集中でどっと疲れたに違いない。それでも帰り際に2日後に迫った独立記念日に向けた言葉「よい独立記念日を!」と日本語で声をかけてくれた受験生。一日本人としてもっと日本語をきれいに話せるようにならなくてはと反省するとともに同じように外国語を勉強する身としては本当にこの人たちからパワーをもらった1日でした。頑張れ、日本語を勉強するフィンランド人

クリスマス準備 

November 30 [Wed], 2005, 2:04
フィンランドも本格的に雪が降り始めました。暗くて、釈然としない秋の終わりともおさらば。空気も澄み渡り、雪の反射が辺りを明るく照らす、楽しい冬の始まりです。反面、雪の訪れとともに自転車に乗れなくなった為、学校までの3.5kmの道のりを歩くことになります。(この辺りの地域では4km以上からタクシーでの通学が認められるのですが、、惜しい。)先日は無防にも自転車を走らせたため、大転倒。森のど真ん中での転倒だったので幸いにもふかふかの雪に助けられました、、でもほんと痛かったぁぁ。フィンランドにいる皆様、普通に歩いていても危ない雪道。滑って骨等折らないように気をつけて下さいね
 
 雪の訪れは我が学校の生徒にも明るさを運んでくれました。11月27日の日曜日から「アドベンティ」と言って、クリスマスへの秒読み開始!2階の音楽室からは生徒たちの「クリスマスソング」が聴こえ始め、窓や壁にはサンタやトントゥ(小人)等の切り抜きがデコレートされています。
 すでに先週の金曜日には「クリスマスメニュー」が給食で配膳されています。早過ぎるんじゃない!?と思うのですが、通常はこのアドベンティが始まると同時にスタート。フィンランドが国をあげてがいかにクリスマスを心待ちにしているかが分かりますね食堂のテーブルクロスはすでに赤色に模様替え。この日は牛乳で煮込んだお米のお粥にシナモンパウダーが振りかけられている「プーロリーシ」、ジンジャークッキー「ピパルカック」、甘いジュースの中に生姜とシナモン(家庭によって様々なレシピがあるようですが)を混ぜ込んだ「グロギ」グロギは暖めた赤ワインで飲むのが通常ですが、小学校では当たり前ですが冷たいジュースを使用。味は、、たくさんは飲めないけど風邪なんかひいたときによく効きそうな感じ。これが温かいグロギであれば体を芯から暖めてくれるんでしょうねどれもフィンランドでは特別なクリスマスメニューです。

 前年の今頃、フィンランド出発を目前に控えたわたしにホストファミリーが「アドベンティカレンダー」を日本の自宅へと送ってくれたことを思い出しました。時が経つ早さを感じながら、クリスマスまでの1日1日カレンダーの小窓を開ける楽しみと伴い、わたしの帰国までの日も近づいていることになんだか寂しさを感じたりもしています

トトロでいっぱい 

November 23 [Wed], 2005, 15:20
 先週から「となりのトトロ」ビデオ鑑賞を行っています
トトロは古き良き日本を描いた作品。日本を紹介する面でも(畳の上に敷く布団、蚊帳、ちゃぶ台で食べるご飯、田植えにランドセル)、ファンタジーに溢れ想像力を掻き立てる面でも、サツキとメイの姉妹愛から何かを感じ取ってもらうといった面でも子供たちには見せる価値ありの作品。日本映画の晴らしさを見せてやろうじゃないの!ってずーっと思っていたのに、今の今まで実行出来ず
 なぜって、、日本でPAL変換した「トトロ」ビデオを持ってきたはいいけど、字幕なしの日本語オンリー。こちらでフィンランド語字幕入りのトトロを探したけれど見つからず。(聞くところによると15年前に1度だけTVでフィン語字幕放映されたことがあったようです。千と千尋はDVDで出回っているのに、なんで?)友人に頼んで英語字幕入りのトトロを入手出来たはいいけれど、約1時間30分の映画、解説も交えて英語字幕に耐えられるのはせいぜい5、6年生ぐらい、、 ということでなかなか腰があがらずの「トトロ」鑑賞会だったのですが
結局、約1時間半の映画を3〜4回に分けて見せ、トトロの人物紹介と簡単なあらすじを書いた紙を生徒に配り、集中してビデオが観られるようにトトロクイズ(!?)というものをつくってみました。
質問一例  ●サツキが隣人のおばあさんに最初に会って言った言葉は何でしたか?
       ●傘を借りたお礼にトトロがサツキとメイにあげたものは何でしょう?
       ●ある動物がバスになって走っていました。ある動物とは?
      
易しいクイズなんですが、全体を把握する意味でも質問をつくる意味でもかれこれ10回以上観たでしょうか。気づくと思わず口ずさんでいるですよ、あの主題歌。。頭から離れません。。猫バスでラップランド行きたいなー、あー、寒い中フィンランドまで来てくれるのかなー、あーでもわたしはもう大人で邪念があるからきっと見えないんだろうなーとか、最近頭の中をトトロが占領しています。(みなさんはサツキとメイの家、もう訪れましたか?)
 さぁ、フィンランドの子供たちは一体どんな反応を示してくれるのでしょうか。授業の様子はまた後日にブログします

あーニッポン 

November 14 [Mon], 2005, 17:00
 金曜日は学校に出た後、えっちらおっちら上京、ヘルシンキへと行って参りました
 在フィンランド日本大使館がフィンランドに住む日本人留学生、研究者、教職関係者を公邸へと招待して下さり留学生懇談会を開いてくださいました。
 ラハティにいる日本人友達には色々とよく助けてもらっていますが、普段ここナストラに居ると日本人の方に会うことは絶対にないし、日本語も下手するとかなり長い間話せない時があるのです。それがいいとも悪いとも言えないんですけど。
 会場に着くと驚く程たくさんの日本人あーうれしい!大使にまずご挨拶をしたのですが、久々の丁寧なお辞儀でなんだか体が強張ってしまい「あれ?こんなんで良いのかな?」なんてもう緊張しっぱなし。ここにいた日本人の方はみんなそうだったかしら、、
 なんと更に嬉しいことに、「日本食」まで用意して頂き、日本食に飢える留学生みーんな吠えてましたお寿司におでん(味しみてたねぇ〜!)に、あーエビフライ、鳥の唐揚げ、いんげんの胡麻和え。わたしは2ラウンド半してしまいました
 ご飯も美味しく頂き、色んな分野の方と交流することが出来ました。日本語の先生も数名みえたので情報交換出来たし、何よりも「あーこうしてみんなそれぞれの分野で頑張っているんだなぁ」と再認識させてもらえる感謝感謝の懇談会でした。わたしも頑張らねば、うむ
 その後はみんな散らばってお酒を飲みに行ったり、ヘルシンキのナイトライフ(←この表現古い?)を楽しむ。普段同世代の方と行くぞー!なんてお酒を飲みに行く機会がほとんどないわたしにとってかなりのOFFな時間でした。しかも久々に終電と言うものに乗りラハティまで帰ってきました。(最初で最後の終電となるでしょう、、、) 改めまして、フィンランドにいらっしゃる日本人の方々、どうぞ宜しくお願い致します。
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像ブランド激安市場
» 帰国です。 (2008年07月03日)
アイコン画像たろ
» あーニッポン (2007年02月04日)
アイコン画像ゆうすけ
» フィンランドで美容院 (2006年07月12日)
アイコン画像あやっく
» 帰国です。 (2006年01月21日)
アイコン画像めらみ
» 帰国です。 (2006年01月19日)
アイコン画像you
» 帰国です。 (2006年01月17日)
アイコン画像りえちぃ
» 帰国です。 (2006年01月17日)
アイコン画像あやっく
» 帰国です。 (2006年01月17日)
アイコン画像ak1k0
» 帰国です。 (2006年01月16日)
アイコン画像MI
» 帰国です。 (2006年01月15日)
http://yaplog.jp/saiko1030/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:saiko1030
読者になる
Yapme!一覧
読者になる