快晴の唄 第1ページ。 

April 09 [Sat], 2005, 18:25
「一緒に戦うかい?」

私は、その言葉に、惣右介に誓った。


〜快晴の唄〜  4人の道筋。


『狂乱英日奈君、神無手藍弥さん、麻月栞菜さん、慶來炯さん、共に16歳の4人は教室で―――』

あの日。私たちに何が起きたか。
4人で教室で話してた。私たち4人は霊力があって、幽霊が見えた。
それで、最近の幽霊の激減について話していた。
放課後の教室でそんな話するのもなんだけど、私たちにとって結構大事だったから。
大事って意味は後々に話す。
で、4人で話していた。1つの机を中心において、椅子を机の四方において。
唯一の男子、英日奈は購買で買い置きしていたジュースを飲みながら。藍弥と栞菜は英日奈の買い置きのお菓子を食べながら。私は椅子に座って外を眺めて。

こいつ正直言って馬鹿だよね。 

April 09 [Sat], 2005, 18:15
作ってしまった。
だって、載せたいものいろいろあるけど全然書けないんだもん。
主人公が女の子とか。
私が書いたって知ったら誰も彼もが驚くもん。
しょうがないぢゃん…自分でも恥ずかしいんだから…
後々、ゆったりとSS載せてきますよー。kちゃんには最高に幸せな「快晴の唄」とか書くよーvv3回目のリニューアルをしてね…(死語)
主人公の4人はそのまんまで行くよ?あ、でも私の名前は炯にするから、間違えないようにね?(1回死ね)

此処見にきた人も楽しみにしていただけると…嬉しいな…(///)

tesuto 

April 09 [Sat], 2005, 17:57
テスト。
てすと。
手酢都。
テスト。
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
日別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:saikainin-1225
読者になる
Yapme!一覧
読者になる