裁断機の切れ味がよくならなかったら

June 01 [Fri], 2012, 21:11
裁断機の刃をきちんとほこりや湿気から守って適切に保管していても、使っているうちに切れ味は落ちてきます。そのうえ錆び止めスプレーをかけても調子が戻らない。そんな時は交換時期かもしれません。この刃の交換はいったいどうすればよいのでしょうか。

刃の交換の際には、まず、取扱説明書に記載されている場合は、それに従って刃を交換すればよいのですが、たいていのものは簡単にできるものではないばかりか危険を伴う作業です。そのため、そのような職業についていない人でない限り、刃の交換はシビアなものとなります。

したがって、刃の交換をする際は、直接業者に問い合わせるか、インターネットリサーチでお勧めの業者を見つけて問い合わせるなど、その道のプロに刃の交換を依頼するほうが安全でしょう。業者によっては、刃の交換の手数料のみを取られるだけで、送料などは全て負担してくれる業者もあります。そのため、コスト面ではそんなに心配する必要はありません。ただし、大型裁断機の場合、刃の交換はディスクカッタータイプに比べてかなり高いことを知っておいてください。裁断機の刃の切れ味が悪くなったら業者に頼めば、原因も分かり、他の故障した部分も同時に直してくれるなどのサービスもしてくれるかもしれませんからね。