贅沢品生産可否に退去原産地

March 12 [Tue], 2013, 17:18
原材料コストの上昇に従って、最近いくつかの有名な贅沢品ブランドの移転を計画している彼らの生産場所、甚だしきに至ってはもともと賛同は本国で会場の贅沢なブランドを創立して生産も合理的発展のコストを考慮優良化問題。しかし、現在の贅沢品の主要な消費地域アジア、多くの消費者には贅沢品生産に引っ越しする、と自分の魂を失って贅沢品。これでは、贅沢品ブランド戦略の政策立案者にとって、生まれた「べきは贅沢品工業に退去原産国”の難題。

かつて、ぜいたく品生産にブランドの原産国は管理層にとっての「タブー」。多くのブランドの生産地のこの特殊な情報を常にラベルに隠されているのではなく、制品に直接印刷。贅沢品の概念に従って認識を深く、この「タブー」もだんだん破る。「お気にするかどうかの高級品が中国産、インド、ベトナムなど低コスト国」の問題が、回答者の14%だけの人は気にしない。

これらの贅沢品のブランドが大胆に移転生産の重要な要素が「コスト」。聞くところによると、ルイ?ヴィトン傘下のブランドKenzoはその一部の服装の生産からの移行をはじめフランス維ポーランドのクラクフ。その原因はクラクフ、支払う労働者の賃金はフランス地区の1/5。だが、贅沢品の生産に絶えず移転、アジアの消費者には満足していない。日本を例にして、マッキンゼーは1500名日本ぜいたく品購入者アンケートで発見。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sagsdg112/index1_0.rdf