贅沢なブランドの中国市場での良い日が本当に頭打ちですか?

March 12 [Tue], 2013, 17:17
もし2012年中国の高級品市場は冬であれば、2013年の中国の高級品市場は冬冬に入る段階、そして続く一段階、後は正常な、成熟した消費市場。「中国の高級品市場は大人げない情況の下で必死に発展して、いったん経済が悪いここの消費者が一気に大人なので、2013年、2014年あれらのあまり虚無の良いメンツ、権要性の消費が減少して、そして政府の腐敗の打撃が公金、贈り物の消費がますます少なくなる。」

贅沢なブランドの中国市場での良い日が本当に頭打ちですか?贅沢なブランド何処へ行くの?ブルーノは、贅沢なブランドの当面の急務は開店の速度を緩め、そして制御幸い中国のコストを探して、中国市場でいったい何が投入コストは最適なながらも、思考中国消費者の海外消費ブーム一体できるかどうかが続く?「中国市場を歩いて贈り物をするべきではない消費の道を掘り、真実を求めて、このに打撃を中国市場に繰り上げて熟して、これはよい事で、この注意贅沢なブランド今後成熟市場での策略の発展は中国市場になりました。」

未来に目を向けて、大量の新興中流層の出現や政府の都市化プロセスを進め、UBS証券の分析報告は、大衆のぜいたく品消費は中国市場の長期的な傾向。厖明予想に「未来の中国の高級品市場のエントリレベルの製品が市場に成長を続け、中流層の位置決めの製品は発展を続け、そして成長のスピードが2年前に贅沢品の成長のような。」
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sagsdf112/index1_0.rdf