前打ちデビュー 

August 30 [Thu], 2007, 15:42
まず、超久しぶりに更新します。(汗

さて、今回はタイトルにもあるように前打ちデビュー
をしたので、そのレポートをお届けしたいと思います。

昨夜から会社の釣り仲間3人で、静岡県某港テトラ帯にて
前打ちで黒鯛(チヌ)を狙いに行って来ました。
今回の先生は、ルアーシーバスも上手い?!会社の先輩。
そう、彼は前打ち師でもあるのです。
何せ、初めての釣りスタイルなので右も左も分からないまま
先輩の指導の下にUガイドのロッドと、落とし込み用のリールを調達して
いざ釣り場へと向かったのであります。

当日の私のタックルは、4m50pのUガイドロッドに落とし込み用リール。
道糸:ナイロン3号、ハリス:フロロ1.5号。(チチワ結束)
針:チヌ針4〜5号、オモリ:B〜3B。 餌:カニの背掛け。

その仕掛けを、テトラの際や沈み根付近に投入し
アタリを拾っていく釣り方が前打ち。(難しい)

なかなかアタリが拾えない私に、先輩がアドバイスをくれた。
「仕掛けは波にさらわれて海中に落ちたカニをイメージしながら」
「ラインテンションを感じ、かつテンションを掛け過ぎず抜き過ぎず」
「たまに聞く(ゆっくり仕掛けを持上げる)事も必要」
「カニがテトラにしがみついたら、竿の弾力でゆっくりはがして...」
「またゆっくり自然に落としていく...」

これだけの事を、常に繰り返す釣りが前打ち。
しかも、超軽い仕掛け。
(集中力が物凄く必要です)

何とか、糸ふけを最小限に抑えながら仕掛けを沈めていき
途中で糸がふけたら聞く動作までは出来てきたので、これを
徹底して行うことにした。


そうするうちに、コツコツとアタリが手元に伝わってくるのが
分かるようになってきた。
何回か早合わせで素針を引かされたが、それでも25cmほどのフグ君が
3匹程遊んでくれた。
それを見ていた先輩が「穂先の動きでもアタリが拾えるよ」
アドバイスをくれた。
確かに、穂先がお辞儀をした時に合わせると針掛かりが良い。

少し慣れて来た時、ゴンゴンと重々しい前アタリの後ギューっと
穂先が絞り込まれ、海面に突き刺さった!!
すかさず合わせを入れてファイトに入ったとたん、竿を伸されるほどの
激しい突っ込みを繰り返し、根に潜ろうとする相手は待望の黒鯛か?!

3号の道糸に1.5号のハリス、
ドラグ機能も無く巻上げ比1対1のリール(しかもフリー)
馴染んだルアータックルと比べると、何とも頼りない。。。
そんな事を考えてる間にも、相手は激しい突っ込みを繰り返す。

横から先輩の激が飛ぶ「浮かせないと取れないぞ!」
竿の弾力が細仕掛けをカバーしてくれると信じ、竿を立て魚を浮かせにかかった。
そしたら今度は沖に向かって走り出したではないか!!予想以上のスタミナ。
無心にリールをゴリ巻きして、かすかに魚体の縞模様が見えた時は
黒鯛だと思っていた?!
やがて、先輩のアシストでネットインした魚体を見て皆がビックリ!


なんと石鯛だったのです!!

後の計測で、35センチありました。
嬉しい前打ちデビューとなりました!

おまけに、石垣鯛も上がりました!

今回つれて行ってくれた皆さん
ありがとー!





あっちゃ〜 

July 12 [Thu], 2007, 13:31
昨夜も会社の先輩と釣行 場所は、いつもの所。
最近、単独釣行がめっきり減りました。

私は、満潮時刻より早めに現場に到着。(AM3:00)
やはり、川の流れで下げのヨレが出来ている。

水の濁りもあり、状態は良さそうな感じ。
円盤では、同じ時刻にやってきたアングラーが攻めているので
私は、潔く?!干潟側へと向かいキャストを開始した。
鍋田の港湾の明かりが多かったので、明暗部と流れの出来るポイントを
小移動しながら、ねばるが変化なし。音信普通である。
(この時点で鍋田港の明かりが半分消された)

空がやや白みかけた朝4時ごろ、先輩到着。
状況を伝えて、すぐに釣りを再開。
テトラ際でボイルが時折出ており、ベイトのイナッコが逃げ回っている。
しかし、ベイトに狂っている個体はルアーへの反応が悪いので
ひたすら沖の流れのヨレを狙う。 しかし、これまた音信普通である。
先輩も、出てないみたい。


リンクさせてもらってるrinyosiさんのブロから、ニゴイが入ってるとの情報が
頭をよぎったそのとき出たー!!
ドラグをジージー鳴らしながら走る走る!
追い合わせも入れて、余裕で引きを味わっていると
「何か走り方が違う?!」竿を立て、ジャンプを誘発しても跳ねない。
もしや...

出ちゃいました!ニゴイ君!! 60p程のサイズでしたが
これが、鱸君だったらどんなに嬉しかった事か!!(涙)AM5:00 ヒット まさに、あっちゃ〜です。



先輩には、黒鯛らしきアタリがあったもののヒットには至らずとの事。
表層を早引きしてくると、最大30センチ位の魚が付いてくるみたい。
(本人談:サヨリ)
第2のベイトも視野に入れた攻撃をしなくては。。。

今回の台風で、川が泥濁りにならない事を願うばかりです。
勿論、被害が出ない事が一番です!!


何とか 

July 08 [Sun], 2007, 11:17
昨夜は、会社の先輩と釣行。
22時現場待ち合わせで、場所はいつもの所。

さすがに週末の七夕との事だけあって?!人が多かった。
パッと数えただけでも、水門付近に4人。 円盤に2人。 干潟側にも2人。

水面を見ると、満潮が近いこともあり(23:04)ほとんど流れが無い状態。
オマケに南西の風が吹いていて、波気がややある。
潮位も220pあり、干潟側のテトラは手前の2.3個が顔を出してる程度。
そんな状況の中、下げ始めを狙い二人で干潟側を広くチェックする事にした。

約1時間、アタリが出ないまま過ぎた。
風の影響で波気があるので、1メートル程のレンジを集中的にチェックしたのだが
反応が全くない。(流れがほとんど無いのが厳しかった)
先輩は、まだ水没してるテトラ帯をシャローのスロー引きで探ってるようだ。

23:00頃に、やっと何とかなりそうな感じで下げの流れが出てきた。
(その頃には風が止み、水面も風の余波程度に波気がある程度になった)
流れを感じながら丁寧にリトリーブ、流れを抜けたところに神経を集中させ
アタリを拾おうと頑張っていたのだが、出ない。。。
先輩も、出てない様子。

オープンにいないなら、やはりストラクチャーかな?(先輩も狙ってるし...)と思って
浮力があり、ぶりぶり泳ぐルアーを結ぶ。(マリア・エンゼルキッス110)
カラーは、ゴールド系。
円盤側まで戻り、テトラ帯をチェック開始。

テトラの切れ目より少し沖に投げて、テトラに近づいたらロッドを立て根掛りを避ける。
それでもルアーはテトラに当り、ライン越しに「危険地帯突入」を知らせてくる。(笑)
その危険地帯が、今回のヒットポイントになった。

リップがテトラに当たった所で一旦テンションを緩め、ルアーを少し浮かしてから
再度リトリーブを足元まできっちり。
これを繰り返すこと数回。答えはすぐにでた!
ルアーを少し浮かしてからリトリーブを再開した瞬間に、ゴゴッとアタリがあり
すかさずフッキング!
潜られると厄介なので、ロッドを立てジャンプを誘発する。
水面に現れたのは、40センチ台のややオチビさん(笑)写真のセイゴちゃんです。

でもこのパターンだと、上手く表層に魚を誘導(やや強引に)してやる事が出来ないと
50センチ台の魚でもランするのは難しいと思う。(潜られる=PEプッチンですからね)


小潮 満潮10:33 23:04  干潮04:35 16:33
23:49ヒット (エンゼルキッス110 赤金シルバーベリー)
ポイント C






memo 

June 29 [Fri], 2007, 23:59
大潮 満潮04:14 18:07  干潮11:15 23:35

I氏 19:50頃 ポイントBやや下流 ヒット
I氏 20:15頃 ポイントC ヒット

ふむふむ。 

June 28 [Thu], 2007, 18:26
 今月より、釣果に結び付けれなかった釣行時に
思ったことや、他アングラーのヒットポイントなどを
「memo」として、メモ書きすることにしました。
(情報はいくらでも欲しいですからね)


 今朝は、会社の先輩と久しぶりの釣行。場所は、いつもの所。
私は野暮用で0時過ぎからのエントリー。
先輩は、20時〜22時の下げもアタックしたが反応が無いとの事。
上げの潮止まりまで二人でアタックするが、やはり反応が無い。
3時前に流れが完全に無くなったので、休憩タイム。
ここで36時間まともに睡眠を取っていなかった私は、しばしウトウト

 しばらくして、川の流れ&少し早く下げ潮が効きだし
道に下げのヨレが出てきたのでアタック再開。
川側・道・干潟側・・・手分けしてチェックをするが反応が無い。

 うっすら夜が白け始め、朝マズメの熱い時間が始まる時に
聞き覚えのある声がした。振り返るとリンさんが先輩に挨拶をしてみえた。
(アングラーのマナーである先行者への挨拶は、見ていても気持ち良いです)
ここでリンさんが加わり、3人でアタックを始めた。

 しばらく後に先輩が掛けた!
50センチのセイゴ君だが、この時期このポイントのアベレージサイズ

この1本で、後が続くのを期待したのだが3人とも沈黙が続き
ただキャストの音だけが響く時間が過ぎた。

 すっかり夜も明け、リンさんと情報交換しながらキャストをくりかえす。
しかしバイトは無く、リンさんはここで朝練を終えて仕事に向われた。
(今朝は、申し合わせた様な再会でしたね!!)

 その後、先輩が移動して行った方へ向っていると、目の前でまた掛けた!!
サイズは先程よりやや小振りだが、楽しそうにファイトを味わっている。
「10センチの早巻きだぞ!!」と余裕の表情(悔)
(もしかして、この人上手いのか?!)
次回は、そのパターンで私が釣らさせて頂きます。

↑中潮 満潮03:32 17:28  干潮10:35 22:54

memo 

June 24 [Sun], 2007, 0:00
長潮 満潮00:03 13:34  干潮07:17 18:57

明け方、他アングラーポイントA ヒット。

う〜ん。。。 

June 19 [Tue], 2007, 16:15
今朝、約2週間ぶりに釣りに行った。
場所はいつもの所。
先回同様に下げ狙いのデイゲーム。(9時〜13時頃まで)

まずは、道に出来る流れをチェック
干潟側でウェーディング。沈み根周り〜深場をチェック
川側でのウェーディング。沈み根の切れ目〜潮目をチェック

う〜ん。。。出ません。。。

ベイトはイナっ子が玉になって泳いでるし、エイやボラも結構な数を確認した。
今回も肝心の鱸の顔は見れなったが、夜なら釣れそうな感じ!
何も根拠は無いけれど、気持ちだけは良い方向を向けておく事にする(笑)

そろそろこのブログにも、鱸の写真を載せなくては(汗)





三十路のデイゲーム 

June 06 [Wed], 2007, 13:00
本日は、私の三十路到達記念日なので?!行ってきましたいつもの所。
本当は夜中〜早朝にかけてエントリーしたかったのですが
何せ、私の三十路記念とあって?!
昨夜はKFCとケーキでもって嫁さんがお祝いしてくれたのですよ!
嫁さん、ありがとう!これからも宜しく!!  (照)


そんなこんなで、今日は釣ったるで!しかもデイでや!(なぜか関西弁)
と、意気揚々とポイントに向かい、朝9時にポイント到着。
下げ潮が動き出しキャストを繰り返すも結果は全くもって音信普通でした(沈)
こんな日に、自分のプレゼントすら獲れない未熟さが恨めしいです。。。


しかーし!久々に渡りまでしたからには、ただじゃ帰りません!
各ポイントのチェック(先端だけがポイントではありません)を
怠らずに、してきましたよ!(小さな事の積み重ねが結果に繋がるはずです)
ベイトもぼちぼちだし、そろそろエンジン掛かってもおかしくない状態です!


あと、魚やポイントにエンジンが掛かるとやはり増えるのがアングラー同士のバッティング。
超メジャー&お手軽なポイントだから特に仕方ないけど、やはり気持ちよく釣りしたい。
マナーや挨拶を守って欲しいですね。最低限挨拶はお願いしたいです。











やっと更新!? 

June 01 [Fri], 2007, 6:17
まず、まるっと一ヶ月間放置状態でごめんなさい。
特に忙しかった訳では無かったのですが。。。
昨夜と今朝、久しぶりに円盤に行きました。

昨夜は21時頃から23時までの下げを攻めました。
タイドミノー150サーフ→同135サーフ→ファルコン128LB同SB
のローテーションで探るも、音信不通
レイジー→ブルスコ→ワンダーと打つも全くもって音信不通であった。
暗い内はどうしても大きいルアーで釣りたいのだが、なかなか簡単には
釣らせてもらえない。
(腕も経験もまだまだです)

一度家に戻り、仮眠と明け方のイナッコボイルを期待してライトタックルに変更。
3時から明け方のまずめを狙う。上げの流れを攻めるも、音信不通
3時30分頃から空が白みかけ、干潟のテトラに目をやるが実に静かではないか!
禁断ルアーをフルにローテーションして?!攻めるが、またしても音信不通であった。

陽が完全に昇った5時には納竿した。
ベイトのイナッコを見ると、数こそはいるがまだかなり小さい。
でも、20センチくらいのコノシロが弱って泳いでたので
ベイトは他にもいる。
しかし、鱸が稚鮎に付いて上ってしまってる感じ。
(円盤では不利な状況)
イナッコパターンはもうちょっとイナッコが大きくなって
立派なベイトの対象になってからのお楽しみです。

僕の好きな円盤から見る朝日。

こんな可愛い花も咲いてます。(何と言うのだろう?)



名港バチ抜け 

May 01 [Tue], 2007, 12:49
この日記を読んでくれている数少ない皆様、お久しぶりです。
この一週間、全く釣りに行けず、昨夜仕事が早く終わったので
近くの名港まで釣行しました。しかも自転車で!!(笑)

現場に着いてみるとアングラーが物凄い数います(超メジャースポット)
水面はバチャバチャと吸い込みの浅いボイルが所々で起こってます。
大潮の下げでバチヌケ真っ最中のこの状況。どう攻めようかと他の
アングラーを観察。皆さん色々試してみえました。(メソッド)

○シンペン、引き波立て系
○シンペン、カウントダウン→超デット
○ワーム、軽量ジグヘッド→超デット
○ワーム、ノーシンカー→超デット  etc...
でも、皆さん釣れてない(困)

こんな状況の中、リアクションの釣りで倒そうと決めた私は
これまたリアクションの釣りでは有名すぎるルアーをセレクト。
ストラクチャー打ちを決行しました。
小さいアタリはあるんですよ。(重みを感じるだけですが)
そんな中ひったくるようなアタリが2回あったのですが
乗せられずに、結果4時間やるもボーズ(泣)

元気で、食い気のある固体を狙って11pオンリーで攻めました。
ベイトもこのサイズがいるので、小さいのは無視です。

この時期は、目の前が凄い事になっていても釣れない時が多いので
自分のへタッピさにただ、イライラするばかりです。
(誰か釣り方御伝授下さい!)
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sago-
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1977年
読者になる
自分のライフスタイルには「釣り」と「音楽」が欠かせない。出会えた仲間と、同じ時間・空間を共に出来る事にとても充実感を感じる。
無理せず気楽に、感じた事・思った事などを書いて行けたらいいなぁ。
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像コンプ
» 前打ちデビュー (2008年10月05日)
アイコン画像新妻Y
» 前打ちデビュー (2008年10月01日)
アイコン画像みしゃ
» 前打ちデビュー (2008年09月26日)
アイコン画像sago-
» 前打ちデビュー (2007年08月31日)
アイコン画像sago-
» 前打ちデビュー (2007年08月31日)
アイコン画像rinyosi
» 前打ちデビュー (2007年08月31日)
アイコン画像たにきんぐ
» 前打ちデビュー (2007年08月31日)
アイコン画像sago-
» あっちゃ〜 (2007年07月13日)
アイコン画像rinyosi
» あっちゃ〜 (2007年07月13日)
アイコン画像sago-
» 何とか (2007年07月09日)
カテゴリアーカイブ
Yapme!一覧
読者になる