アルガンオイルの効能

October 13 [Wed], 2010, 19:30
アルガンオイルは、究極のアンチエージング抗酸化オイルと呼ばれ、このアルガンツリーは、ユネスコの世界遺産にも登録されているアカテツ科の低木常緑樹で、鉄の木(The tree of iron)とも呼ばれ、7年間雨が降らなくても枯れないパワーを持っています。

このアルガンツリー1本の木からぱ、1リットルしか採油されない希少な油で、他のオイルと比べ、オレイン酸、リノール酸、トコフェノール、ビタミンE、A、Bなどを豊富に含み、ドイツ・アルガンドール社で扱うアルガンオイルは、ヨーロッパ最大のオーガニック展において最優秀商品賞を受賞しています。

アルガンオイルは、オイルでありながらベタつかず、みずみずしい潤いを与える極上のテクスチャーが特徴で、美肌へ導く理想的なバランスをもった天然オイルとして、スキンケアやヘアケアオイルなどに、そのた火傷など多目的に愛用され、欧米を始め世界中の美容業界から注目を集めているのです。


アレルギー性鼻炎の予防

January 16 [Fri], 2009, 7:27
アレルギー性鼻炎( allergic rhinitis, 略 AR )とは、I型アレルギーの発作性の反復性くしゃみ、水性鼻汁や鼻閉を主徴とする鼻粘膜症のことですが、これは又、鼻アレルギー( nasal allergy )とも呼ばれる、鼻粘膜の炎症である鼻炎以外に、副鼻腔などを含む、鼻に於けるアレルギー疾患の全般を含みます。

この様に、アレルギー性鼻炎と鼻アレルギーとはしばしば同義に用いられ、さらに広義では、鼻過敏症( hyperesthetic rhinitis )とも呼ばれ、アレルギーに含まれぬ鼻疾患の血管運動性鼻炎なども含まれます。

アレルギー性鼻炎には、通年性と季節性がありますがが、その代表的なものに後者の花粉症があります。
このため、アレルギー性鼻炎と言った場合に、この花粉症と分けて、狭義的一般的な意味合いで、通年性のアレルギー性鼻炎を指すことが多くあります。

通年性アレルギー性鼻炎の代表的なものは、ハウスダストによる鼻炎でありますが、カビによる鼻炎も少なくないことが分かってきています。この鼻アレルギーを起こさない最も確実な予防法は、ホコリやダニや化学物質など原因物質を避けることです。

このホコリやダニや化学物質などが原因ならば、バイオクリーンルームで過ごすこと、スギ花粉症なら花粉の飛散する時期はその地域から逃避することがお勧めです。しかし現実的には、マスクやメガネなど日常生活で様々な工夫をすることになります。

それでも症状が出る場合には、辛さを抑える早めの「治療」を考えることになります。
治療には保存的治療法と手術的治療法がありますが、どのような薬でも手術でもアレルギー性鼻炎や花粉症を「治す」ことは出来ませんので、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの辛いアレルギー症状を「一時的になくす」又は「出来るだけ軽くする」ことによって、普通の日常生活「生活の質」Quolity Of Life を向上させることが治療の目的となります。

アレルギー鼻炎と原因

January 13 [Tue], 2009, 6:49
普通、アレルギーを起こす原因抗原(アレルゲン)で、最も多いのが室内の埃(ハウスダスト)やダニです。
従いまして、治療は「ほんとうに花粉症なのか」そして「どんな花粉が原因(抗原)で、症状が起こるのか」を調べることから始まります。

花粉症であれば、そのアレルギーの原因になっている植物の種類とその度合を、皮膚テストのスクラッチテストで調べることになります。

この検査では、アレルギー薬や、かぜ薬などを飲んでいると、正しい診断ができませんので、検査前の1週間くらいは、薬を止めます。また、検査には、鼻水を調べることもありますので、診察を受ける前は、鼻をかまないことが必要です。

アレルギーの検査には、患者は抗原に対する抗体で、IgE抗体という物質が体の中に増えていますので、これを血液を採ってIgE抗体が、体内にどれぐらいあるかを調べます。この方法をRAST法と呼びます。

スギに反応するIgE抗体や、ブタクサ、カモガヤ、ダニに反応するIgE抗体などの、どんな種類の抗体を持っているかを調べるます。

スクラッチテストは、直接、皮膚に浅いキズをつけ、疑いのある幾つかの杉や檜抗原を、その部分へ垂らして調べます。他方、皮内テストは、直接、抗原のエキスを皮膚に浅く注射して行います。

しかし、血液検査などでいくら原因抗原を検査しても、その原因が特定出来ないケースで、血管運動性鼻炎と呼ばれる、温度変化に過敏であり、特に季節の変わり目に、くしゃみや鼻水、鼻詰まりを起こすものもあります。

一般的で簡易に調べる方法には、スクラッチテストと、皮内テストがあります。
スクラッチテストの方は簡単で痛くなく子供に向きで、皮内テストの方が反応が強く出ますので、大人向きとなりますが、スクラッチテストと、皮内テストのどちらを行うかは、担当医の判断となります。

その結果その部分に、蚊にくわれたような腫れや、発赤の反応がその周りに現れれば、それが原因の抗原である植物と判る訳です。検査を受けた日の夜の入浴は、腫れが強くない限り、大丈夫ですが、強く腫れたり、痒みのある時は、入浴を控えた方がよいでしょう。

アレルギーの症状には、季節に関係なく、朝方にくしゃみと鼻づまりなどを一年中起こし続ける「モーニングアタック」と呼ばれる、特に自律神経の関与で起こる苦しい症状のアレルギーもあります。

又一方、季節性のあるアレルギー性鼻炎で最も多いアレルゲンは春のスギやヒノキ、夏のカモガヤと秋のブタクサなどで発症する、一般に花粉症があり、花粉症もアレルギー性鼻炎に含まれます。

その中でも例年猛威を振るうものに、スギ花粉症があり、多くのスギ花粉症患者を苦しめています。
アレルギー性鼻炎の方は鼻が過敏であり、原因物質に接することが無くても、常に鼻アレルギー症状が出易くなります。

長年経過を見ているうちに、原因物質が判明するケースもあります。アレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎のいずれにしても、鼻過敏症といえる病態であり、その原因が、多様多種でありますので、根気よく検査を行いその抗体を見極めることが肝要でありますが、この治療法は特に変わることはありません。

アレルギー鼻炎と治療

January 12 [Mon], 2009, 19:02
アレルギー鼻炎と言いましても色々のアレルギー症状があり、それによってこの治療が分かれます。
アレルギーの患者は、アレルギー鼻炎の抗原に対するIgE抗体という物質が体の中に増えています。
この為、病院でこの検査を行うことで、アレルギーの原因になっている抗原を確認する必要があります。

アレルギー抗原にもブタクサ、カモガヤ、ダニ、植物のスギやヒノキなど多々種類がありますが、中でも
一番多いのが植物の花粉症で、症状も人によって異なります。
従いまして、その抗原と症状をよく調べてから、自分に適合する治療法を選択し、治療を始めることが
必要です。

このアレルギー鼻炎の治療にも「予防的治療」と「対症療法」と「治癒をめざす治療」とがあります。
予防的治療とは、花粉症は、毎年ほぼ同じ時期に起きるので、花粉シーズンの少し前から治療を始め、
シーズン中も治療を続け症状を抑えまたは軽減する方法です。
シーズンに入ってからの治療は、薬の効果が弱くなることが多く、早めの治療が効果的です。

薬は、日進月歩で開発されてきています。ひとりひとりの症状にあったものを飲むことができます。
もうひとつ大切なのは、シーズン中は薬をやめないことです。花粉の飛ぶ量は日によって、大変まちまち
です。
飛ぶ量が少ない日は、症状が軽くなることもあります。だからといって薬をやめると、飛ぶ花粉の量が
多くなってから、あわててまた薬を飲んでも、間に合いません。

一般に街の薬屋さんで買える薬は、誰にでも使えるようにと、薬の成分の副作用のないように、配合され、
量も少なめになっています。
只中には、眠気などの副作用を起こす古いタイプの抗ヒスタミン剤が入っているものもありますので、
注意が必要です。

対症療法は、シーズンに入ってからの、目の痒みやくしゃみ、鼻水、鼻づまリなどの症状がでたとき、
その症状を、緩和軽減する治療となります。
P R