「さがドラマスクール」からお知らせ!

February 04 [Thu], 2016, 1:11
「さがドラマスクール」からお知らせです!

さがドラマスクール 第7回公演「都市伝説のおはなし」

●日時 2016年2月13日 (1)14:00〜 (2)18:30〜

●場所 佐賀大学 まちづくり サテライト ゆっつら〜と館
(佐賀県 佐賀市佐賀市呉服元町7-3)


今回で第7回目となる「さがドラマスクール」の公演を実施します。「都市伝説のおはなし」と題して、3本だての内容の上演にとなります。問い合わせは080-6446-7186(青柳)まで。前売りチケットは大人1500円、高校生以下は1000円です。当日券はそれぞれ500円増です。客席は会場の都合で80席限定です。お求めはお早めにどうぞ。尚、会場の駐車場はありませんので、近隣の有料駐車場をご利用ください。

  「インプロショー」(40分)
  休憩(10分)
  「銀河鉄道33」(30分)
  休憩(10分)
  「笑ってよ ゲロ子ちゃん」(60分)

@「インプロショー」 ディレクター:小松原修
角 和博、原山 佳、古川真理子、松枝直美、松田 縁、松本昌代、水町月子、矢野慶多、青柳達也

インプロとは、Improvisation(即興)のことです。即興演劇では、台本や打ち合わせ無しで、役者たちがその場で思いついた物事や登場人物によって演劇が作られていきます。「インプロの父」と呼ばれるカナダのキース・ジョンストンが考案したインプロに基づいたパフォーマンスを実施します。その瞬間にしか生まれてこないライブ感をお楽しみください。

A「銀河鉄道33」作:麦生 演出:青柳達也
男…………………………………………………矢野慶多
女…………………………………………………松田 縁
モーテル………………………………………...松枝直美

16月48日。その公園に来れば死んでしまった会いたい人に会える。
そんな都市伝説のような話を信じた男と女が公園で出会う。
そこへ、自らを“モーテル”と名乗る、歌う謎の黒服の女が現れる・・・。

B「笑ってよ ゲロ子ちゃん」作:兵藤友彦 演出:青柳達也
近藤千佳(ディレクター)……………………松本昌代
古井康平(プロデューサー)…………………角 和博
竹下あかり(アナウンサー)……………..….古川真理子
佐藤銀二(アシスタント)…………………....矢野慶多
村上たま子(アシスタント/ゲロ子)………... 水町月子

人気の無いラジオ局で話題作りのためにカエルのコスプレ=「ゲロ子ちゃん」にされ、新たな都市伝説になるように命じられるたま子。その後、「笑ってよ ゲロ子ちゃん」のコーナーは人気となるが、「ゲロ子ちゃん」に関するありもしない噂が一人歩きし、ラジオ局側もそれを信じ始めてしまう。けれど、同期入社の銀二だけは「ゲロ子ちゃん」の本当の姿を信じ続ける。半年後、スタジオに現れた「ゲロ子ちゃん」に恐怖し慌てふためく周囲の制止を振り切り、銀二は「ゲロ子ちゃん」と話そうとするが、周りの声に負けて本当の「ゲロ子ちゃん」を信じきれず、「ゲロ子ちゃん」に椅子を振り下ろそうとする。しかし、「ゲロ子ちゃん」が取り出したのは……。




Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Trackback