高耐震の性能を備えさせた木造建築一戸建て物件

April 18 [Thu], 2013, 11:15
屋上利用が可能な建築というと、どうしても鉄筋コンクリート建築や鉄骨鉄筋コンクリート建築などの、剛健な建築物を連想しがちではないかと思いますが、現実問題として考えてみると、木造建築一戸建て物件でも屋上利用は可能なのです。


木造建築一戸建ては、適度に揺れを分散させる工夫を施工させておく事で、高耐震の性能を備えさせることが可能になります。


適度に分散させる揺れというのは、その揺れの発生源が地震の場合でも、台風などの強風の場合でも、共通して考えることができます。


重要ポイントになるのは、揺れのエネルギーを分散させる事、そして建物そのものを耐久力のあるものとしておくことなのです。




木造建築一戸建ての屋上利用は、防水性にも配慮が必要です。


適度に揺れを分散させる工夫を施工させておく事が木造建築には必要不可欠な要素とも言えますので、屋上施工には揺れの分散による亀裂の発生が起きないような工夫が重要になってきます。


自信や強風によって建物が揺れるということは、外壁や屋根には亀裂の恐れが出てしまうということです。


ましてや屋上利用ともなれば、屋上の床面という施工が行われるわけです。


揺れを分散させても屋上の床面に亀裂が発生しないようにするためには、高耐震も考慮するようにしましょう。


屋上の床面施工によって、屋上そものも重量が増えるからです。


つまり、建物としての耐久力に繋がります。




マンション経営を競り落とす!極意とテクニックについて
http://www.danish-embassy-canada.com
中古物件を利用してマンションの経営を行うこともあります。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:safvy
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/safvy/index1_0.rdf