キリストンカフェ&デカバー

March 19 [Sat], 2011, 0:29
昨日、仕事が終わってから、先月の渋谷トランプルームで開催された東京デカダンスで知り合った、ルーナちゃんと待ち合わせをして、新宿キリストンカフェに食事に行ってきました。キリストンカフェは、東京デカダンスのオールナイトイベントニューハーフ掲示板では何度か来たことがあったのですが、普段の営業のときに入ったのは初めてでした。入口に入ると、数組の待ちがありましたが、すぐに呼ばれて、席に座りました。東京デカダンスのイベントのときは、椅子やテーブルなどは全て取り払われて、ダンスフロアになっている広いスペースが、お洒落なレストランになっており、新鮮な雰囲気でした。店内のあちこちに、西洋ゴシック調のオブジェが飾られ、天井にも大きな絵画が描かれ、マッタリとした気分に浸れました。メニュー浮焉Aまるで、聖書のような感じで、美味しそうな料理ばかりで悩みました。まずは、自分は生ビールで、再会を祝して乾杯し、いくかの料理を注文しました。アボカドのサラダは、エビなども添えられ、あっさりとしていてヘルシーで美味しかったです。メインの子羊ロースのグリルは、ピリ辛の薬味と一緒に口の中に頬張ると、めっちゃ柔らかくて、とろけるようでした。チュコレートフォンデュは、マシュマロやイチゴなどを、溶けたチョコに絡ませて、甘さの二重連奏で、頬っぺたが落ちそうになるくらいトレビアンでした。そして、ルーナちゃんに、あんしてと言って、食べさせてもらい、念願が叶いました。こうして、おしゃべりしながらお腹も腹七分目くらいで抑え、お会計をしてから、上の階にある、デカダンスバーに行きました。すると、かなり混み合っており、特に、外国人のお客さんの姿が目立ちました。そして、円でチケット購入し、もう一度アルコールで乾杯し、楽しみにしていた、デカダンスエアライン機内食を注文しました。今回は、ドイツ料理で、プリプリとしたメ[セージなどが美味しくて、食器など、何となく学校給食っぽい感じもナイスでした。また、舌が真っ青になると言うアイスも注文し、チャレンジしたのですが、そのまま食べてしまい、上手に青く染めることが出来ませんでした。店内では、女王様が、スーツ姿の男性を縛って、軽く調教したりしていて、ャtトにカオスの世界が広がっていました。フンドシファッションでお馴染みの、ロッコさんも普段着で来ており、一緒におしゃべりしながら、デカダンスのハイテンションな雰囲気とは違い、和気蛛Xと楽しみました。しかし、黄色い顔のポルコさんが、お芝居のために不在だったので、お会いできなくて残念でした。こうして、美女と一緒にお食事しながら、極上の時間を堪狽オ、デカバーにはこれからも気軽に足を運びたいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:safpk5b8a1
読者になる
2011年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/safpk5b8a1/index1_0.rdf