スペインマドリード性科学研究院の院長はシンガポール男性養生研究会の招待を受けて、シンガポールへ研究を行う時に糖尿病、高

January 14 [Wed], 2015, 11:17
q
種々のhttp://www.hopekanpou.net/seiryokuzai-04.htmlは男性の精力を確保できる拠り所であって、医者の指示に従うでさえすれば、必ず癒せると思った人がたくさんいます。でも、性科学専門家の予想によって、3割のED患者は薬物を服用する同時にまた抗酸化剤とともに服用するこそ、ようやくもっとすごい治療効果を得られるとシンガポール《聨合早報》の報道によって指摘してくれます。 スペインマドリード性科学研究院の院長はシンガポール男性養生研究会の招待を受けて、シンガポールへ研究を行う時に糖尿病、高血圧と高脂血症の患者は代表とした男性の体内はよく過量な遊離基を残して要りことを指摘してくれます。それらは人体内で破壊を行って、器官の細胞と組織を破壊して、深刻に発展すると人体の脱酸リボース核酸に侵入して、疾病を誘発して、疲労酸化のことを招きます。しかもこれらの遊離基は恐らく患者が食べた精力促進食べ物と薬物の効果を弱めることができ、そして薬を飲んだ後に依然として満足できる勃起を獲得しにくくならせます。特加達教授は言います:“現在の市場でとても良い抗酸化薬物がなくて、人々は今のところ依然として主に大量のビタミンCとビタミンEを服用するに頼って酸化疲労を抵抗したのです、しかし単にこの2種類の薬物を服用することに頼うことはやはり足りないと思っています。”運動するうえ、更に安全で、効き目がある抗酸化薬物を服用することを配合して、男性を徹底的に性機能障害の問題を解決することに助けることができます。特加達教授は今結合療法を研究していて、媚薬と抗酸化薬物を配合することによって患者の性機能問題を解決しに行きたいです。でも、この新しい治療法の臨床研究は7〜10年をかかる必要があります。原始のURLはblog/307.htmlで、転載者は当文と一緒に転載しなければその結果を自分で担当する。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:safegrehrth
読者になる
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/safegrehrth/index1_0.rdf