「1WEEKダイエット」なら超簡単にヤセられる!?【前編】

July 09 [Wed], 2014, 10:37
シアリスシアリス


なぜかダイエットが停滞しがちな「生理前」。気分も落ち込みがちで、ついドカ食いしてしまってリバウンド。

そのお悩み、●●を飲むだけで解決するかもしれませんよ!

今回は、そんな生理前のゆううつな時期を逆手に取って、一週間でヤセやすい身体をつくる「1WEEKダイエット」をご紹介します。

●太りやすい「生理前」を逆手にとってヤセやすいカラダをつくる!女性の生理周期には、 卵巣から分泌される2つのホルモンが大きく関わっています。

ひとつは、「エストロゲン」。女性らしいカラダをつくり、ハツラツとした気分にさせてくれるホルモンです。

エストロゲンは生理が終わる頃から、排卵日の手前までに増加。生理日に向かってゆるやかに減少します。

もうひとつは「プロゲステロン」です。子宮の状態を調整し、妊娠の準備をするためにとても重要なホルモンです。

でも一方で、イライラやけん怠感など、女性を悩ませる副作用も多いんです。このプロゲステロンは排卵期からゆるやかに増加します。

生理前の1週間は、エストロゲンがもっとも減少する時期。それと同時にプロゲステロンが増加していきます。

そのため、カラダが妊娠の準備に入り、栄養や水分をためこもうとします。食欲がわき、脂肪の燃焼をおさえてむくみやすくなる時期なんですね。

おまけにイライラして、気分も不安定になりがちなので、理性で食欲をコントロールするのが難しい時期でもあるのです。

生理前に、体内に必要なものと一緒に余分なものまでためこみ、生理後に体内にためていた余分なものを排出する。というのがわたしたちのカラダのメカニズムなんですね。

そこで、「1WEEKダイエット」のポイントになってくるのが、いかに生理前にためこまず、生理後に排出するか。

生理後のエストロゲン効果で、余分なものが排出され、脂肪が燃焼されていく。そうするためには、生理前のためこみ期をどう過ごすかが大きなカギ。

生理前に脂肪や老廃物がためこまれるのを最低限におさえれば、生理後の脂肪燃焼で、もともとの余分なものが排出され、「ヤセる!」という仕組みなんですね。

そこで活用したいのが食品に含まれる「栄養素」です。

●1WEEKダイエットの“かなめ”は豆乳!!エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンは、まさに生理前の1週間のための食品といってもいいほど。

基礎代謝を活発にするたんぱく質と、コレステロールの吸収をおさえて、分解する、大豆サポニン。

むくみを解消するカリウムやイライラをコントロールするマグネシウム。などなど、ダイエットには欠かせない成分が盛りだくさんなんです。

他の大豆製品よりも塩分が少なく、手軽に摂れる豆乳がオススメです。

生理前1週間は、1日200ミリリットルを(パック入り一本)を目安に摂取しましょう。ベストなタイミングは、腸が活動をはじめる「朝食前」。

お通じもよくなり、デトックス効果が期待できます。

【★ラルーンおすすめ★】


【なくなり次第終了!】
今だけ最大50%OFF!
人気の豆乳飲料

いかがでしたでしょうか?大豆はいつでも女子の味方なんですね。

【後編】では、1WEEKダイエットのくわしい方法と、豆乳と一緒に摂ることで効果抜群の食材についてお届けします。おたのしみに。シアリス 20

P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/safdasdgcxv/index1_0.rdf