野菜の王様はブロッコリー |草花木果☆よもぎスキンケア

March 27 [Sun], 2011, 11:06


サケが魚の王様と紹介したんやが、
野菜の王様はブロッコリーや。


野菜には、ビタミン、ミネラル、食物繊維やらなんやら、
わいたちの体に欠かせへんものがようけ含まれてい まんねんわ。


草花木果☆よもぎスキンケア


きょうび、野菜の栄養素として注目を集めとるのが
ファイトケミカル(植物化学物質)。


ファイトケミカルは、
野菜の中に数千種類も含まれとるといわれてい まんねんわ。


その全容が明らかになりよったわけではおまへんが、
体の中の酸化を防ぐ抗酸化作用、
がん細胞をふやさないようにしはる抗腫瘍作用があるんや。


例あげたろか,たとえばやなやなあ、野菜を食べとるときに感じる
「えぐみ」ねんうなものもファイトケミカルといってええでっしゃろ。


野菜は日光を浴びて大きくなりまっけど、
日光には紫外線やらなんやら有害なものがあるんや。


野菜は、それを遮断したり、
無害にしたりして成長していきまんねん。


そうした働きのひとつが、ファイトケミカルや。


このファイトケミカルを200種類以上もっともっとるのが
ブロッコリーなんやこれがホンマに。


ブロッコリーを食べたときに感じる
なんともいえへん味が、
ファイトケミカルなのかもしれまへん。


ブロッコリーに含まれとるファイトケミカルが、
発がん物質の活性化を押えるイソチオシアネート、
体の中でビタミンAに変わるカロテンやらなんやらや。


口臭を元から断つ≫新楽臭生活


ほかにも、胃潰瘍を防ぐビタミンU、
インスリンの働きを助けるクロムやらなんやらも含まれてい まんねんわ。


食物繊維も豊富やので、
動脈硬化や便秘予防にも効果的や。


ブロッコリーは、
小房に分けてビタミンCが熱で壊されへんようにすばやく茄でまんねん。


またぐら、茎にもビタミンCや食物繊維が多いので、
捨てへんでおくんなはれ。


ブロッコリーでわいたちが食べとるのは、
花雷と茎の部分や。


食べとるのはごく一部で、
ブロッコリーそのものを見ると、
その大きさに驚かれると思うで。


ブロッコリーの栄養が食べとるトコに集中しとる感じがしまんねん。


2003年にあたらしー長寿遺伝子を発見した
米マサチューセッツ工科大学のレオナルド・ガレンテ教授が、
ご自宅で料理をされとるのを見いかとがあるんやが、
妙めとったのはブロッコリー。


それもやろかりの量やったちうわけや。


日ごろから食事や運動にたいへん用心を払っとるガレンテ教授も、
ブロッコリーの効果をご存じやったと思うで。


ブロッコリーをおなかいっぱい食べるちうわけや。


たまにはええかもしれまへん。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sadayuki0327
読者になる
2011年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sadayuki0327/index1_0.rdf