不安症・不安障害から抜けだす方法 大山金昭 口コミ 感想 レビュー 評価 評判 

June 12 [Thu], 2008, 14:55
詳細はこちら





社会不安障害(SAD)とは?

不安症や不安障害の特徴が上のような四つの悪循環症状があるとして
では、社会不安障害とはどういうものなのでしょう?
SADとは、Social Anxiety Disorder の略です。

いくつかの特徴的なものがあります。
それは、他人からの「視線」と、症状がでる「状況が特定」されている点です。
また、対象である男性に対してではなく、自分自身への強迫的な思い込みがあります。

社会不安障害は、以前は「社会恐怖症」とも呼ばれていました。
このことから、そうなる状況が「人前で」と特定されているのと、
「視線」に対する恐怖心、自分自身への強い「思い込み」など
社会生活を送る上で、フツーに起こりえる状況に対して反応している点です。

SADに悩む方々に共通するのは、「人前」「視線」「強い思い込み」です。



詳細はこちら




以下は、このプログラムに参加いただいた方のメッセージです。


こうやって顔を出すこと自体、自分でもすごいと思ってます。でも、いきなりこうできたのではありません。ほんの小さな小さな事から「●●法」を積み上げてきた結果なんです。今では保険セールスレディーも楽しく過ごしています。
(東京都在住、伊藤恵美子 30代)


私の場合、冊子よりもその後の先生のサポートが何より助けられました。特にバイオリズム分析は一生使えるものです。自分が凹んでいるときにその具体的なアドバイスは、本当にありがたかったです。今ではどんな人とも普通に話せます。
(秋田県在住、香坂ひとみ 30代)


正直言って、昇進したのに身体が動けなくなって会社に迷惑をかけてしまいました。今ではそれが嘘のようです。部下の視線をきちんとみて指示することもできるようになり自分の箱に閉じこもっていた自分に氣づかせてくれたのが大きかったです。
(岩手県在住、後藤二雄 50代)

はじめは自分でもできそうなものから始めました。冊子にあるどの方法も簡単にできるものなのでどれから始めたらいいかを電話サポートで聞いてみたら、自分の症状にあわせてアドバイスいただいたのが嬉しかったです。特別なことじゃないのに、変わっていく自分を実感できました。
(埼玉県在住、有森しのぶ 30代)

日報などを書くとき、手が震えて字がかけなかったのです。それを見られるのがつらく恥ずかしい思いをしたくありませんでした。しかし、まったく関係のないと思えることがこの症状を出していたんだと氣づかされ、驚きました。
(大阪府在住、佐藤和幸 50代)


詳細はこちら
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:不安症・不安障害から抜けだす方法 大山金昭 口コミ 感想 レビュー 評価 評判
読者になる
2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる