庭の草むしり  

May 15 [Mon], 2006, 16:48
草むしりに励んだら…
何となく庭にスペースができて道が見えてきた。

しかしミミズが多くてやつれていた弟は母の偉大さを知る。あのひとゴキブリでも何でも平気なんだよな…他が役立たずなだけだろうけど。(私、弟、父)

それでダメなのはカエルだなんてびっくり。
素手で持って歩いてごめんよ。私は得意なのよ。

弟は…多分ほとんど生物ダメらしい。魚も無理らしいしどんなお坊ちゃまなんだよ。

画像の「あさり」は潮干狩りで取ってきたのですが、弟は「足が2本と4本以外はダメ!」と言い出してびっくり。あさりは足が無いからダメだそうで。食うくせに・・・

柴犬以外無理らしいっていうのが弟の人生らしい。

さくかしら? 

May 15 [Mon], 2006, 16:38
おかしい。
母の日に合わせて開くように買ったはずが、、、

やっと今になって咲きかけているようですが、
母の日ギフトって、その日に開くから意味があったような。

ああ、間抜けな贈り物になってもーた。
この後一年中言われそうな気がする(泣)

朝食から何事も始まる 

May 15 [Mon], 2006, 8:09
だんだん「日常」ではなくなってきました。何日「朝食」が続くか意地になりつつあります。

実は、「最近物忘れが激しい」と友人に言ったところ、「その日の格好」「ご飯」を書き留めておくべきだ!、、、と提言されてはじめた事でもありますが、すでに何のために始めたかを忘れていました。

わかったのはべーグルにはまっているという事だけ。・・・こんな事で大丈夫だろうか?

そういえば、べーグルのほうれん草は「特保」食品らしく効果が認められているそうです。

<朝食>
・べーグル(べーグル&べーグル)
・梨
・青汁(&大麦若葉)

さて、朝食ですが、やっと「果物」「野菜」
が加わったような気がして、悦にいっております。

<夕食>
・べーグル
・焼きそば
・青汁



当方、まずい薬、飲み物はへっちゃらなので、
青汁でもナンデモもってこーい!って感じです。

P.S.
次回はべーグルの食べ比べします!
「どっちの料理ショー」で出てきたお店です♪

ホリエモンも時の人。 

May 15 [Mon], 2006, 7:09
嫌いと連呼しながらも、目が離せないのは、
「嫌い嫌いは好きのうち」という事になるの?

「注目度が高い」のは確かだろうけど、、、
「好き」だから注目してる訳じゃないと思っている。

例えば「栗本薫」は過去吐いた暴言で「2ちゃんねる」内でも有名人。
その行動が話題になるが、本当に「好き」な人はどれだけいるやら。
さらなる「暴言」を期待しつつヲチってる人も多いのではなかろうか?

私も、政治家「亀井静香」が大嫌いだが、その動向に寄っては、
自分が「迷惑」するかもと思うので日頃からチェックしてる。
(「在宅介護は日本の昔からの美徳」亀井静香の過去発言)

現実でもこういう「注目度が高い」人はいる。
たまーに身近に出てくる事もあります。

その子について「少しは魅力的に感じない?」って言われたりするんだけど、
遠巻きに見ていれば楽しいとは思うけど、近くで接したくは無いなぁ。
差し引きで「魅力的」な部分はどれだけ残るのかなって思うから。

「一緒にいて楽しいじゃん?」とも言われますが、
その場の特殊性どうにでもなるような気がするんです。
周りにイエスマンばかり集めてる場へ行けば判断狂いませんか?

悪質業者のやり口と一緒で、周りがイエスと言っていたら、
自分もそうなのかなと思い込んでたりする事はあると思う。

その場の雰囲気にすぐ呑まれて、判断を誤ってしまう。
誰でも判断力には絶対の自信なんか無いから、
その場の多数勢力に流される。

そんな感じがしてならない。
少なくとも、私はもう酔わない。

「時の人」と「人気者」にてるようで全く違うから・・・
ま、ホリエモンには遠くから酔ったんだけどね(笑)

時計はアクセサリー? 

May 15 [Mon], 2006, 7:02
2005/8/11(木) 午後 6:43

セイコーの「ブループラネット」
西暦2000年という節目に「ブループラネット=地球」
を意識して、限定2000個で発売されたモデルです。

文字盤は深い青、竜頭もイオンプレーティングという技術で、
青く、、、そして球状にするなど地球を表現しています。


この時計は純チタンケースを採用しています。
チタンを使ったので見た目以上に軽く感じます。

さらに、チタンは金属アレルギーをおこしませんので、
夏の汗をかくようなときにでも安心してつけてられます。

時計の金属アレルギーはステンレス製の時計で汗によって、
金属(ニッケルという金属が原因になることが多いらしい)
が溶け出すことによっておこります。

さらに、ガラスには硬くクリアーなサファイアガラス、
防水は10気圧と結構タフに出来ています。

別に飛び込んだり潜る訳じゃないんですが、
サファイアガラスは重要ですよね。

さらに、、、この時計には日本という枠を越えて
「地球」を舞台にという意味もこめてワールドタイム機能がついています。

ワールドタイムとは世界23都市の時刻をボタン一つで表示できる機能です。
2時と10時の位置についたボタンを押して都市を選択すると、
12時の位置にある小時計が瞬時にその都市の時刻を表示してくれます。

6時の位置にはアラーム用の小時計がついています。

ワールドタイム機能やアラーム機能、10気圧防水、サファイアガラス
と並べてみると世界を舞台にするビジネスマンの男の人用のイメージがあります。

でも、、、

深い「青」の文字盤に「白い」文字と白い針、青く丸い竜頭や軽く、
肌の弱い女性でも金属アレルギーをおこしにくいチタン製など、
女性がつけても全く違和感の無いモデル。

裏面には2000の文字のほかに限定モデルを表す
「Limited Edition」の文字
シリアル番号も刻印されていてちょっとマニア心をくすぐったり(^_^)v

P.S.
二番目の画像は、違う時計ではありますが、
猫に「かじられる寸前画像」であります。

かじられる、叩かれる、食われる・・・
一通りされても時計は壊れませんでした。

その前に時計は外せって話もありますが(笑)

「鋼の錬金術師」シャンバラを往く者 

May 15 [Mon], 2006, 5:56
2005/8/15(月) 午後 8:28

ちらっと他のカテで書きましたが、
「チケ代」と「内容」が「等価交換」ではない。
そもそも「等価交換」の意味も濁して終わったような。

「アキラ」「エヴァンゲリオン」などの有名なアニメを
下手に「練成」して出来たみたいな感じがしました。

あまりアニメを見てないので分からないのですが、
「アキラ」で見た「破壊的なイキオイ&グロさ」と
「エヴァンゲリオン」で見た「キリスト的宗教観」の
いいとこ取りをしようして、すべてが中途半端に終わったような。

歴史を半端に絡めたのも良くなかったような気がします。
連れは全く歴史を知らなかったので、呆けてました。

エヴァンゲリオンの衝撃的なヒット以来、それを意識してのことか、
宗教観に触れるアニメが増えたと思いますが、これもなのかな?

肝心の人間のドラマが終わってない。
主要な人物の生き様をもっと描いて欲しかった。
当初、ロイとか完全に放置かと思いましたよ・・・

もっともっと、心温まる毒舌の応酬とか、
登場人物の良い意味でのいい加減さ(余裕?)を見たかった。
謎は謎のままでもいいけど、人間ドラマの完結は見たかった気がするんです。

混ざらない 

May 14 [Sun], 2006, 10:09
2005/8/27(土) 午前 6:04


子供の頃遊んだ水彩絵の具
絵の具同士を混ぜるのが好きだった。

互いの色を少しずつ変えることで、
同化して新しい色を作り出していった。

だから相手が変れば自分が変るのも自然で、
いろんな人と混じって、自分の色は変っていった。
どんどん変っていく自分が楽しくて仕方なかった。

でも、今大人になってみると気付いた事がある。
混ざったように見えてどこまでもマーブルだなって。

自分と相手、筆で混ぜて見ても、、
色は交じり合ってはいない。
新しい色は生まれていない。

自分が相手と同化するのではなく、
時として自分の色を押さえ、
相手の色を多く取り込み、
マーブルの太さを変えるだけ。

出来るだけ奇麗な色を持っていたいね。
相手に沿いたいと思わせるような色を・・・

P.S.
本当は同化したほうが楽なんだけどね。
だって、相手と同一になったら疑問を感じず、
全ての事はスムースに進んでいくだろうから。

遅かりし「鋼の錬金術師」 

May 14 [Sun], 2006, 9:32
「完結版」しなかったアニメとして心残りが・・・

このアニメ、ご都合主義でもある所を差し引いても、
(そういう所がなければ日本人には受けないし)
なかなか含蓄があって、大人が見ても面白い。

国家が軍隊内に抱える特殊組織として錬金術師育成、管理する
(まるで「殺し屋」の育成みたいな感じですね)という世界。

主人公達は、幼い頃母を亡くし、錬金術で母の蘇生を試みるが、
禁忌を犯すこういであったため、代償として兄は片腕と片足を、
弟は肉体の全てを失う事(魂だけが鎧に残る)になってしまった。

彼らは失ったものを取り戻す為に「賢者の石」を探す旅に出る。
具体的にどういったアイテムであるか分からないものの、
「望む全てを手にする事が出来る」とだけ明かされている。

兄弟は情報を得るためにも、軍のお抱えの錬金術師として生きる決意をし、
軍から要請された問題を解決したり、数々の問題に巻き込まれていく。

主人公は軍の人間として出向きながら、必ずしもそれを是としてない。
というか、嫌々働いているのだが、外部から見れば彼も立派に軍人。
その葛藤や、弟を鎧姿にしてしまった兄の罪悪感も描かれる。
自分たちの寄って立つべき価値観を模索していくのです。

自分が「失ったものを取り戻す」事しか関心がなかった主人公たちが、
他の人々が「失ったもの」にも思いを馳せるようになり、
徐々に成長していくのは、まるで青春ドラマのようだ。

それらを見つつ、兄弟が悩んでだしていく結論、
「何が正しいのか」葛藤し続けるその混沌こそが見所。

このアニメを見ながら「自分は誰々に共感できる」
という部分が無い大人は居ないんじゃないかな?
大人の冒してしまいそうな過ちも須らく露出しているから。

この兄弟、一人だったらやっぱり闇に身を落としてたと思うし、
2人一緒だからこそ、「正義」を信じて頑張れたんだろうね。

過食と拒食の訪れ 

May 10 [Wed], 2006, 8:04
さすがに短期の体重増加に対して、町医者からクレームがやってきた。

近頃、衣服を脱がずして体脂肪が計れるため、割と簡単にカルテに書かれてしまうのだ。医者も注意せざるを得ないのであろう。

しかし「夜中の飲食」「遅寝」「運動しない」「朝食抜き」など突っ込みどころ満載で「どれでもいいから一個」と言われるに留まる。

9月は健康診断もあるので、きっとまた言われるだろうし、職場の健康診断だと「は〜そうですね」とも聞き流せない。

そもそも、拒食期と過食期が交互にやってくるので、
その食べ方が一番太るしね。

しかし、本日のメニュー見ても、
まだケーキ食べてるし・・・

一応付け加えるなら、少しばかり早寝の習慣をつけ始め、
朝型の生活(せめて朝食が食べられる程度の)に
シフトしていこうと思っている過程におります。

就寝を12時前後に持って来ようと努力するのですが、
4時、5時、6時に一度ずつ目が覚めてしまうんですね。
寝続けるのにも体力が居るんだそうで・・・

ちなみに、昨日はリポビダンDの効力が切れたとき、
凄まじい体力の低下を経験しました。
あんまり使いたくないなぁ。

本日は後半が持つだろうか?   

運命を受け入れる 

January 27 [Fri], 2006, 13:56

自分が自分であることを受け入れること。
案外むずかしい。

理想の自分ってどうしても描いちゃう訳で、
今手にあるものを愛し、認める事は
「成長を阻む」気すらする。



けれど、今持ってるものだって
いつか失われてしまうかもしれない。

失って初めて分かる幸せを、
失う前に気づくこと。

それが自分を受け入れることなのかも。
それを幸せと呼ぶかはその人次第
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像BESTブログランキング

» 「花には終りがあるように」 (2005年06月21日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sacyacyan
読者になる
Yapme!一覧
読者になる