オ久振りナカンジ 

2005年04月18日(月) 20時44分
だいぶ放置していたなぁ…

***

年下の知り合いが、だいぶ凹んでいる。
凹んでいると言うレベルではないのかもしれない。
荒れてる。
許容範囲、優位に超えてる。
言っても聞かないのは目に見えているので、
敢えて何も言わない。
自分の消し去りたい過去にいつになったら気付くのか。
いぢわるなアタシは見て見ぬ振り。
一回痛い目見な。
じゃないと気付けないでしょう。
早く、気付かせてくれるといいね、その『たぁくん』とやらが(笑)

自分の思考回路もだいぶ黒いカンジNOW!


想像妄想暴走 

2005年02月28日(月) 20時37分


それしか考えてない。

病気なんじゃないかって思うほど。

ヤバイ。

コトバを交わすより

肌で確認したい。

余計な傷つけるコトバを

気がつかずに放つより

確実に気持ちを伝えられる。


ハヤクハヤクハヤク ダキシメテ

コノ空洞ヲ 満タシテ 

泣いて泣いて 

2005年02月19日(土) 23時00分
いっぱい迷って
いっぱい間違えて
いっぱい泣いた。

そんな事ばかりを繰り返したくない。
でも
何より傍に居たい。
アタシ、やっと気付いたんだと思う。
もっともっと
教えて。あなたのこと。

幸せ 

2005年02月07日(月) 22時10分

とても大切なことに気付いたのです。

そうしたら、どうしてもあなたに会いたくなって。

ただ会いたくなって。

ただ顔を見るだけで良かったのです。

あなたがココに生きているということを、

わたしの眼で心で確認したかったのです。

そして、

あなたの生を心から認めたかっただけ。

一緒に居る事が

あんなにも幸せな事なんて、今まで分からなかった。。。

ドキドキして

満たされて

優しかった。

あなたに出逢えて本当に良かった。



必要なもの 

2005年02月06日(日) 0時10分


あなたの中に私が居て
私の中にあなたが居る。

全ては共鳴・共感し合い出逢ったのです。

これが出逢いの意味。


互いの瞳を覗き込んでごらん。

あなたの中に私が居て
私の中にあなたが居る。

あなたは私で
私はあなた。

見詰め合うという事は
一つの確認方法なんだよ。


存在の意味? 

2005年02月05日(土) 1時30分
最近ご機嫌な理由がわたしの存在だったら良いな。
でもこれも結局は支配欲。になるのかしら?
人づてに聞いて、ゴキゲンなんだ…と思ったら嬉しくなった。
どんな理由であれ、見えないところで元気ならそれはそれでとても良いことだと思った。

あなたにとって、わたしの存在が大きく特別じゃなくて良いのです。
かと言って小さく特別でありたいとも、そんなに思わない。
各々の生活の一部にその存在がより強くなっただけで、もう特別だから
あとは普通で良いのだと思う。
どちらかに合わせることが良いとも思わないかな。
無理は無理ですぐ分かっちゃうけどね(笑)
べったり一緒に居る意味がイマイチ分からなくなってきた。
距離感…適度な距離感が何処においてもあるのだと思い始めてる。
その中で今、一番近いところにわたしたちは居るんだろうね。

エロと純粋 

2005年02月01日(火) 23時25分
本文より。続き。

痛いのー。
麻酔が切れてジクジクしてきて、まだ血が止まらなくてずっと鉄の味ばかりしてる。
でもこの飲み込んだ血もまた血になれるのかしら…とか、すっげーアホくさいこと考えてた。
今の状態でキスすれば、あなたの一部になれるだろうかとか、そんな事考えてた。
あたしの血液を飲み込んで、
麻薬みたいに、
あたしの血液だけを求めれば良いのに。
指の一本でもあなたの一部になれば、あなたの事を苦しめずに居られるのかもしれない。
むしろあたしが苦しまない。







コアだなー…、と、嘯いてみたり。
あたしの思考回路は、そんな事ばかり思ってる。

仲直り? 

2005年01月29日(土) 23時42分

ふむ。
まだわたしは傍に居ていいらしいです。
ぶっちゃけ、駄目になると思いました。
最短記録作るところでした(笑)
結構一途だから、いったん付き合うと長いんだけどね。
その分嫌いになるとあっちゅー間なんだけど(爆)
言いたい事も分かったし、わたしがどうしたいのかも見えてきた。
一歩一歩確実に変わるしかないよ。
ライダーじゃないからいきなり変われないよ。
言い訳じゃないでしょ?わたしの今の力だもん。
でも絶対進化するから、じっくり付き合って。
それでも変わらないというのなら、価値観が違うということだよ。
そう感じたら終わりにしましょう。ね。

出口 

2005年01月27日(木) 0時14分

元彼に遭遇した。
お茶でもしようと思い入ったカフェで、イマカノなのかは分からないけれど一緒に食事をしていた。
不思議と、違和感みたいな感じはなかった。
後悔もなかった。
一緒にいた人はわたしも知っている人なのだけど、何となく付き合っている感じもなかった。
でも二人に対して、腑に落ちない部分はあった。
今日、感じたこと。
『あの時、決断してよかったな』と言うこと。
前を向くきっかけを掴んで良かったなって思った。
混じって少し話をしたけれど、もうわたしの居場所ではないとハッキリ感じた。
そしてその事に少しも淋しさは覚えなかった。
今、わたしにキミが居なくてもきっとそう思っただろう。


写し書き(笑) 

2005年01月26日(水) 1時05分
コレは全部、独り言です。
誰に言うわけでもなく、完全に独り言。

あたしの?彼氏なんだよねーぇ、進行形で。
考えを整理したいんだけどさ。
あなたは誰に対しても疑心を抱きつつ、怯えながら一日を過ごしてる。
そしてあたしの一言で、またあなたの中のあたしへの猜疑心を大きくしてしまった。
こうなるとどんなに謝ろうが、何を言おうが聞く耳を持たない。
前にもあったね、似たような事。
あなたは全て間違いだったと言うけれど、、、
それはどう考えても、そう考えるあなたが間違ってる気がする。
いや、何が正しいとか間違っているとかそんな事を言いたいわけではないのだけど。
あたしはあなたが好きだよ。
この好きと言うコトバでさえ、あなたはよく分からないと言うけれど、
この気持ちに近いコトバはやっぱり『好き』なんだと思う。

1年、あたしを見てきたと言ったけれどどこを見てきたというの?
あなたは自分があたしに大事にされていると感じたのでしょう?
それがあなたの素直な部分だというのに、何故それを今更否定するの?
あたしを抱きしめたことも、キスも全部全部本当のことでしょう?
分からずや〜〜〜〜〜〜〜!!!(絶叫)
絶対、このままあやふやになんかしてやらないからね。
あたしにはあなたの理屈は通用しないの!!
あたしに関わった以上、それを素直に受け入れることだけがあなたに出来ること。
ということで、ふつーにイカせて頂きます。ふふ。
ストーカーだ(苦笑)
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像いちご
» オ久振りナカンジ (2005年06月14日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sachico_baby
読者になる
Yapme!一覧
読者になる