後悔、 では、ない 

November 27 [Mon], 2006, 3:02
彼の、あぐらをかいたときのズボンの感じが、好きだった。
迷彩のズボン、好きだった。
膝枕してくれたときの優しさ、好きだった。
脚の温もりと、胸の温かさと、私を愛しそうに撫でる華奢な手。
一緒に登校して、別れ際、寂しくて、キスして、
一緒に下校して、家でまったり、恋人の温度。
映画見たり、海に行ったり、スペースワールドにも行ったし、
寒い寒い日の送り迎えとか、私のこととても大切なこととか、
わがまま聞いてくれたね
私はあなたをちゃんと愛せてたかな
あなたに私の愛は伝わってたのかな
私はあなたと、精一杯、恋してたよね。
愛すること知ったよ
愛されること知ったよ
たくさんたくさん貰ったよ
私はどれくらい返せてたのかな
ドキドキしたよ
ときめき貰ったよ
何一つ色褪せていないよ
何一つ色褪せたりしないよ
私の大切な人だよ
過去と今が繋がってるから
あなたと私の時間も嘘じゃなかったよね。
いっぱい傷つけてごめんなさい。
いっぱい愛してくれた大切なあなたを、
許しを乞うことすら許されないほどに裏切ってごめんなさい。
あなた以上に私を、私の全てを許して愛しく思って大切にしてくれる、
そんな人はこの世に存在しないのに。
私の全てを無償の愛で許してくれて、
私の全てを好きだと、全てを含めて好きなんだと、
抱きしめて、守って、受け入れてくれた人なのに。

だけど、信じて、
私も、一生懸命、あなたのこと愛してた。
嘘は微塵もないよ。
好きだったよ、愛していました。
私が愛した人、
私を愛してくれた人。

二種恋愛 

November 06 [Mon], 2006, 8:26
もっと中まで入ってって
そう願ったのは私なのに
失ったものが多すぎる
傷つけたものが多すぎる

いっそ私を殺して、
愛しい人。
貴方のものだけでおわりたい
私も貴方も傷つく前に

だけどまだ足りなくて
掴んでる右手は離せない
まだ願ってる
もっと中まで入ってって

ゆいがどくそん 

November 06 [Mon], 2006, 8:24
壮大な宇宙を想像すると
365日のうちの1日の歴史の人間の
そのなかのほんの一瞬しか生きていないわたしの
こんなちっぽけな存在とか
こんなちっぽけな悩みとか
本当にどうでもいい気がするけど

壮大な宇宙の歴史よりも
365日のうちの1日の歴史の人間の
そのなかのほんの一瞬しか生きていないわたしでも
こんなせいいっぱい生きてるとか
こんなたくさんたくさん感じてるとか
本当はそのことだけが大事なんだよ

わたしのなかのヒロインはいつだってわたしで
わたしのなかのヒーローはいつだってあなたよ

二人っきりの世界はこんなにもまぶしい
わたしだけの秘密の場所
それは妄想で、
わたし以外の誰もがみんなみんな
あなたのこと忘れればいいなんて
とんだ妄想だと、

ここからわたしを救い出せるのはあなただけなんだよ

わたしの中のヒーローはいつだってあなただけなんだよ

まるさんかくしかく 

November 06 [Mon], 2006, 8:22
前なら気にも留めなかった音が
今ならわたしにも聞こえる
こういう変化をきっと恋って呼ぶの
あなたの音に耳を傾けていたい

前なら当然のようにそこにあった未来
今はただ切望するしかない
こういう変化をきっと愛って呼ぶの
あなたの側にいつまでもいたい

叶わないって分かっていても願いはとどまるところを知らない

たとえば
いってきますとかただいま
おはようとかおやすみ
愛してるとか愛してる?

くちにしたいわ
願ってもいいの?
わたしの罪を咎めることは誰にもできないでしょう?

ここに いたい
我儘 きいて
もう肌を重ねるだけじゃ1ミリだって安心できないよ
もう君を想っていないわたしなんて何処にも存在できないよ

その鋭い目で見つめて
わたしだけ


わたしがあなたの寂しさ紛らわすそれだけの存在であろうと
わたしがあなたのなかに少しでも存在できるならそれでいいと
そう思っていたのに
もう無理なんだってからだじゅうで叫んでる
声が枯れるまで
涙枯れるまで
求めてもあなたは

To beloved you 

November 06 [Mon], 2006, 8:17
i wish a day to condole with you comes early.
because i employ you and cannot die.
in that way i want to be let loose eary by this spell, too.
i follow you as soon as possible.

i wish a day to condole with me comes early.
you yearn for me and suffer from regret.
in that way you get away from a mistake named me early, too.
you follow that girl as soon as possible.

mistake it for quantity of information is quantity of love,
in this world that was digital,
it was a mistake that i met you.
did not wish it got.

a moment to go into your chest is supreme bliss for me,
the magician laughed at the short life of a doll of the black hair which waited impatiently for it.

how do you treat me whom you affected so much.
please do not forget it so.
i make do with small, therefore leave your smell for me.

if you have a gentle eyes staring at me of two,
please leave it to either me.
if you have a warm hands to grasp my hand in of two,
please leave it to either me.
if it is to be able to do it, the left is better, but...

not love, not sexual love, i want merely embrace and the future.
i want to realize size of existence named you any time.

why,
is the world filled with colors as i cannot finish describing me?
do you call invade of an outline as i cannot recognize it anyone other than you love?


i disappear in that way.

大好きな人へ 

November 06 [Mon], 2006, 8:12
あなたを弔う日が早く訪れればいい
わたしはあなたを置いて死ねやしないから
そうしてわたしも早くこの呪縛から解き放たれたい
一刻も早く、きみの後を追うよ

わたしを弔う日が早く訪れればいい
あなたはわたしを想って後悔に苦しんでね
そうしてあなたも早くわたしという過ちから逃げて
一刻も早く、あの子の後を追って

情報量が愛情量と勘違いしてしまう
このデジタルな世の中で
きみとわたしが出会ったことが間違いだった
かみさまが望まなかった

あなたの胸に潜る瞬間が至福で
待ち侘びた黒髪の人形の短い一生を
魔法使いは哂った

あなたがこんなにも染めたわたしをどう処理するの
そんな風に忘れていかないで
あなたの匂いを少しでいいからわたしに置いていって

そのわたしを見つめる優しい瞳が二つあるのなら
どちらかわたしに置いていって
そのわたしの手を握る温かい手が二つあるのなら
どちらかわたしに置いていって
できることなら左がいいけれど

恋愛ではない、性愛でもない、ただ抱擁と未来がほしい
あなたという存在の大きさをいつでも実感していたい

どうして
わたしがわたしを形容しきれないほどの色彩が
この世に溢れているんだろう
わたしがあなた以外を認識できないほどの輪郭の侵蝕を
愛と呼ぶんだろう

そうしてわたしはきえていくよ

あーもー 

November 02 [Thu], 2006, 21:49
やだやだ!
すき!
だいすき!
あいしてるよ!

でも、今は独りにして、独立させて。
独りでちゃんと、この足で地面踏みしめれるように。
あなたが助けを、癒しを求める時、私は絶対側にいるから。
でも、それを約束できないから、あなたは。
私より優先すべきものがたくさんあるから、あなたは。
私が辛い時いつだって、絶対私の側で私を支えるって約束できないあなたを好きな私は、最初からあなたという選択肢を抹殺する必要があるの。
だから、私が我慢を覚え大人になるまでは、独りにしてね。
側にいてって言ってくれた事は嬉しかったけど、やっぱり私は独りで歩けるように、独りっていう選択肢も持てるようにならなくちゃいけないんだよ。

ネガティバー 

October 07 [Sat], 2006, 19:41
あなたにとってのあたしって、一体何…?
なんであたし、あなたとのこんな関係が続いてるの?
あなたは何であたしと会ってくれるの?
必要な存在だから?
違うよね。

前、大事な人にはいっつもそう言われるって言ってたじゃん?
自分の気持ちを伝えるのとか愛情表現が下手だからって。
でも、下手だから、苦手だから、努力することすら放棄していいの?
あなたが大事に思ってる人なら、なおさらあなた自身も大事にすること努力とかしなきゃいけないんじゃないの?
あたしはあんたの気持ち少しでも分かりたいって、分かって支えになってあげたいって、たくさん悩んでたくさん考えてたくさん想ってるのに、本当に空回りしてる寂しさを感じる。
あなたは支えとか必要としてないのかもしれないけど、好きな人のこと分かってあげたい、支えになってあげたいって思うのは当然のことでしょ?
私が会いたいとか行ってもいい?とか言わなかったら、あなたからはあたしに会おうとか絶対言ってもらえない自信ある。
1ヶ月ずっと会わなくても、半年ずっと会わなくても、この先ずっと会わなくても、あなたは別に平気でしょ?
いつもあたしが会いたいって言うから、特に支障がない日は会ってくれてるだけでしょ?
あなたは私から別れを切り出すと思うって言ったけど、それはあなたが曖昧だったり宙ぶらりんだったりしても平気だからでしょ?
あたしのほうが気持ちが冷めるっていう意味で言ったんじゃないと思うよ。
つまり、あたしが好き過ぎて、でもあなたからは気持ち伝えてもらえなくて、少なくともあたしにはそう感じられて、どんどんあたしが不安になっていって、会うのも辛くなって、会いたいのに意地張って会いたいとか言えなくなって、でもあなたからは会いたいの一言も言ってもらえなくて、あなたはそういう宙ぶらりんな曖昧な状態が平気でも、あたしはどんどん耐えられなくなっていって、最終的にあたしから別れを切り出さずにはいられなくなる…、そんな感じがすごい想像つくよ。
あたしは別れを切り出しても、結局そんな気持ちのまま本当に別れるなんてできないと思う。
でもそれを何回も何回も繰り返されると、さすがに私の気持ちにもいつかガタがくるよ。
でも、それでも好きっていう気持ちが上回ってて、辛いのに離れられないからめっちゃ苦しんでる自分がありありと想像できる。

あたしがこんなこと思っちゃったのは、あたしがあなたにとって支えでも癒しでもないんだって思い知らされたから。
いつもいつもね、あなたのあたしに対する態度とか接し方とか、すごい区別されてる感じがする。
やっぱり彼女の椅子に座れるのはただ一人で、あたしはそこには座れないんだなって、そう思う。
いつまで経とうと、あたしはやっぱりあなたにとってその他大勢の人間のうちの一人でしかないんだろうなって、そう思っちゃう。
でも否定は出来ないでしょ?
あたしはいつもいつも彼女に対してならこうはしないだろうなとか、彼女に対してならこうしてあげるんだろうなとか、そうやって負い目感じまくって毎日過ごしてるよ。
最近は、一つ一つのことがいちいち私を辛くさせる要因なんだよ。
ずっとずっとあたしはこうやって、いつまで隣にいられるかわからない不安を抱えて、というか、今隣にいるあなたがあたしと別に一緒にいたいと思ってないどころか、もしかしたら一緒に痛くないって思われてるかもしれないとか、そういう気持ちで過ごしていくのかな。

あたしのこと彼女さんと同じくらい好きって思ってくれてて、でも区別しなきゃってあなたが自分に制限かけてる、それは嘘だと思ってない。
でも今は、先が見えないこの状態が辛い。
あなたの好きって気持ちを、無条件に信じ込めるほど幸せじゃない。
ていうか、今のあなたからは、恋とか愛とかそういうのを面倒で遠ざけたいって思ってるのを感じる。
恋とか愛とか正直どうでもいい、他のことに没頭したい、そんな風に思ってる感じがする。
だからね、あたしが何言っても、伝わってない感じがするんだよ。

アイタタな 

September 19 [Tue], 2006, 23:15
01・お名前は?
   サチ

02・外見で好きなタイプは?
   表情が素敵な人
   目が綺麗な人

03・内面で好きなタイプは?
   マメな人
   ちゃんと考えることのできる人
   それでいて言葉にもしてくれたらなお良い

04・それは今好きな人に当てはまってる?
   半々くらい

05・好きな人にあだ名つけて?
   ハウル <弱虫な魔法使い

06・その人との出会いは?
   学校で

07・片想い歴どのくらい?
   4ヶ月くらいかなぁ
   こうやってちゃんと考えると分かりづらいわ

08・好きになったきっかけとかある?
   最初は紛れもない興味 ただそれだけ だったんだけどな
   身体に触れてしまったのがそもそもの間違い
   いや、家に行ったのがそもそもの間違い
   いや、バンド組んだのがそもそもの間違い
   もーわからんわ

09・好きだー!と思う瞬間は?
   彼が私を好きなとき

10・その人は年上?年下?
   厳密に言えば年上
   学年は同級生

11・その人の血液型は?知らない人は何型と思う?
   A型 けっこうざっくばらんだけど

12・その人とよく喋る?
   二人きりのときは、そりゃ喋るなぁ
   学校では、今は席が近いから喋れるけど…
   良いのやら悪いのやら

13・遠くからでも見つけられる?
   視力0.1とかそんなもんのはずですが、裸眼でもおkばっちこい

14・その人はあなたの事どう思ってるだろう?
   好きなんでしょうね
   2番目に

15・せつない?
   ええそりゃあもう

16・それとも、ウキウキ?
   すみません、無理
   な時と
   ばっちこい
   な時がある

17・告白する?
   済

18・するならどこでする?
   電話でしました

19・ドキドキドキドキ・・・・
   学校で会ってる時の方がドキドキする
   多分片思いの感覚を色濃く思い出すんだろうなぁ

20・その人のどういう所が好き?
   煙草に火をつける仕草とか(吸って欲しくないんだけどな)
   ベッドに横になって前髪が顔に掛かってて甘い表情の時とか
   彼の匂いとか
   絡めたときの手とか指とか
   喘ぐ声とか
   ベース弾く広い背中とか
   苦手だって言ってた、自分の考えを言葉にしきったときの嬉しそうな表情とか
   妙に幼くて、でも妙に気だるげだったり寂しげなトコとか

   いっぱいありすぎて思い出せないし書ききれないよ

21・心臓ギュッってなる?
   リアルになる

22・ってか、手ぎゅってしたい?
   手だけじゃ足りないよ

23・その人から告白されたらどうしよう?
   先にしてくれたのは彼なんだよね、よく考えると

24・付き合ったら何してあげたい?
   今までできなかったこと全部
   毎日愛してるよって言ってあげたり

25・一緒に行ってみたい所は?
   ディズニー
   それから、一緒に学校に登校、とか

26・手つなぎたい?腕くみたい?
   つながれたい、さらわれたい

27・何かプレゼントするなら何あげる?
   彼の望むものならなんでも
   リアルに300万とかでも、彼のためなら貯めるよ
   微妙に貯まりそうな数字

28・見てるだけで嬉しくなる?
   嬉しくもなるし、切なくもなる

29・その人に何か一言どうぞ?
   あなたのために生きてるし、私のために生きてほしい
   私なんかのために涙を流して、私なんかのために頑張ったりしてほしい
   やっぱり私じゃダメなのかな

30・あなたとその人が両想いになりますように…
   不毛な両想いです
   それはつまり片思いとイクオールなのです

願い事なんだよ 

September 19 [Tue], 2006, 23:06
ずっとずっとずっとずっと言葉に出来なかったこと、きっと口に出したら涙が出て詰まって言葉にならないから今書いてもいい?
ずっとずっと、これまでもこれからも言葉にできないだろうししちゃいけないんだと思ってた。
未来を連想させる言葉なんて、ずっとずっと心の奥にしまっとかなきゃいけないんだと思ってた。
でも、ずっとずっと、これまでもこれからも一番言葉にしたい気持ちだった。
ずっとずっと我慢してた。

ずっと側にいたい。
ずっと側にいてほしい。
ずっと私だけ見ててほしい。
ずっと私と二人で歩いてほしい。
ずっと死ぬまで一緒にいてほしい。
ずっと愛していたいし愛されていたい。
ずっと一緒にいたい。



まあ結局伝えることは出来てないんだけど。
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sachi69
読者になる
Yapme!一覧
読者になる