サルデーニャにて 

2005年08月26日(金) 7時18分
SARDEGNA
6月に一週間休みがあり、待望のサルデーニャで泳いで来ましたカプリの青の洞窟で泳いでいる気分でした

ここは北サルデーニャのOLBIAオルビアから船で1時間程のところにあるMADDALENAマッダレーナ諸島です

私はOLBIAに1泊してこの諸島を巡るツアーに参加しましたまず日本人は誰一人いませんそれに人も多くなく、かなりオススメ穴場ポイントです思う存分この透き通った海で泳げました

そして海岸でウニがとれ、早速試食意外と甘くて美味しかったです(ちなみに今一番食べたいものはお寿司ですのりこまま、加世ねえ最近は日本海まかないしてますかいいな・・・)

そしてOLBIAに戻り、お部屋で晩酌をしましたサルデーニャといったらPECORINOペコリーノですね(羊のミルクで造ったチーズ)サルデーニャの蜂蜜と合わせていただきました

ワインはこの3本サルデーニャ唯一DOCGVERMENTINO DI GARULAをはじめ、サルデーニャの代表的黒ブドウ品種CANNNONAUカンノナウ、サルデーニャを代表する造り手、CAPICHERAのVERMENTINO TARDIVAを堪能しました
サルデーニャに魅せられた私は、11月頃大志郎先生ともう1度行く予定です


サンダニエーレにて 

2005年08月25日(木) 8時16分
SAN DANIELE
イタリア全土がほとんど休日となるイタリア国民の夏休みがやっと千週終わり(本当にこの2週間ほどこの上なく忙しくて体はぼろぼろでした・・・なのでパソコンは一切開いていませんでした)、うちのリストランテも落ち着き、昨日おとといと2連休があり北イタリアはFriuli Venezia Giuliaフリウリ・ヴェネツィア・ジューリアにある、パルマと並びイタリアを代表するプロシュットで有名なサン・ダニエーレに行って来ました

サンダニエーレのプロシュットは唯一足の爪がそのままついているのが特徴です製法もパルマのものとは違い、木の板で挟むようにして造られる為、他のものとと比べると厚みがよりぺたんこなのです

これがまさにサンダニエーレの生ハムです地元でかなりはやっているトラットリアでたくさんこちらを堪能いたしました噛むほどに甘みが出てきて、もう最高に美味しかったです
これはラルドですまたこれが絶品

この日はワインを2人で3本ペロリと飲んでしまいました白はフリウリのGEWURZTRAMINERゲヴルツトラミネールと赤はフリウリのMERLOTメルローそして極めつけが本家本元PICOLITピコリットですピコリットというブドウ品種は1房に数粒しか実がならない為、ブドウ1粒1粒が凝縮したものとなり、フリウリだけで造られる貴重で高価な甘口ワインとして有名なのです

サンダニエーレの町並です少し交通は不便ですが、バスもでているので、プロシュットを堪能したい方は是非お勧めですそして来週の休みはもう一つの生ハムの王様PARMAパルマに行ってきます乞うご期待


モデナにて 

2005年08月12日(金) 7時33分
MODENA
先週の休みにモデナに行ってきましたモデナ(エミーリア・ロマーニャはボローニャから電車で30分程度で、ユネスコ世界遺産に登録されている古都です

町の中心にある大聖堂ドゥーモです正面から見える丸い花窓が印象的ですねこれぞモデナの象徴です

隣接しているこの塔ラ・ギルランディーナと呼ばれる鐘楼で白い大理石でできていて88メートルの高さがあります

私は毎週月曜日が休みで毎週エミーリア・ロマーニャ内(それ以外の州へ出るとたいてい日帰りが困難なので・・・)の町ぶらぶらしますが、結構定休日のところが多かったですがこの静かな町並みもまたいいものですね帰りのバスが無くなるのでゆっくりは出来ませんでしたが、小さい町なのでぐるっと周り、その町の風景に魅せられました是非もう一度、今度はたんとバルサミコ(モデナはバルサミコ酢の名産地)を使った料理を堪能したいと思います
帰りに隣町でなにやら催しミス・イタリアがあるとのことで寄ってきました

出場しているのは20以下の美女たちです決勝まで見たかったのですが、夏とは思えない程寒くて(おそらく10度以下)我慢できず走って帰りました隣町でも山を下り、30分はかかりました・・・日本は猛暑が続いていますか皆さんお体に気をつけて頑張ってくださいね
最後にさとぼうさんへ・・・
この日はデジカメの充電が切れてしまって写真が取れないーーーと思っていたのですが、さとぼうさんから頂いたこのノキアの携帯のカメラで写真を撮ることが出来ましたありがとうございました

きのこ狩りに・・・ 

2005年08月07日(日) 7時57分
昨日の休憩時間に近くの山までフンギ(きのこ)をとりに行ってきましたすぐ裏の山で歩いて行けます

ものすごーーーく見晴らしが良く、この洗濯物の風景も様になりますねこの隣にはハンモックもありました(今日が休みならいいのに・・・)ワインを飲みながら、お昼寝でもしたいですね

PECORA(羊)さんです
リストランテで働いているイタリア人(ミルタさん)の親戚の家がこの山にあり、そこでは羊うさぎを飼育していました

山の上へ上へと上っていきましたが、まだ少し早すぎたせいか中々フンギは見当たりませんでしたきのこ狩りはかなり難関ですね土と草の間に隠れていて、色も土の色と似ているので中々気づきません私は食べられないような毒キノコ1つしか見つけられませんでした次回頑張ります

ミルタは趣味がきのこ狩りでしょっちゅう一人で(愛犬アジャと一緒に・・)来るそうですすぐに数少ないフンギを見つけていました
そして時間があまりなかったので、1時間程で切り上げ山の美味しい空気を吸い、フンギを持って帰り、昨日のまかないとなりましたシェフが軽くソテーしてくれて美味でしたまた近いうちにフンギリベンジしたいと思います

最後に加世ねえさんへ・・

ランボルギーニのトラクターがぽつんとありました2台あり、1台余ってましたけどお土産はこれでよろしいでしょうか

ヴァルドビアッデーネにて 

2005年08月04日(木) 7時15分
VALDOBBIADENE
北イタリア、ヴェネト州はヴェネツィアを北に70kmのところに位置するヴァルドビアッデーネのカンティーナに行ってきましたここは昔、オーストリアの支配下にあったとのことで他のイタリアの土地とは違う建築様式が残っていましたそこで昔から造られていたワインがプロセッコ種から造る発泡ワインです今ではどの地方でもプロセッコ種から様々なを造っていますが、1970年代まではこのこのヴァルドビアッデーネでしか栽培していなかったそうです本家本元なのですね

周辺には約140のワイナリーがあり、その中のBISOLビゾル)というカンテーィーナに行ってきました

BISOLはドメーヌでこのヴァルドビアッデーネの畑の中で多くの面積を所有しています車のフェッラーリの創設者のエンツォ・フェッラーリ氏はこのBISOL社のワインを好みかつてはオリジナルのボトルも生産していました実際飾ってありましたが写真撮るのを忘れましたーー

見てくださいこの急斜面おっこちたら誰も助けてくれません平地でつくるプロセッコはNO急斜面であることにより、日照量と土壌のミネラル分が万遍なく行き渡り、よいワインができるのだと醸造責任者のビゾル氏は力説していらっしゃいました

プロセッコ種は元々セミアロマティコな品種と呼ばれ、アロマの高いワインが仕上がりますが、このBIZOlのプロセッコは通常よりも収穫時期を少し遅らせることにより、より凝縮したアロマと味わいとなっています美味しかった昼下がりのプロセッコは最高です

サン・ピエロ・イン・バーニョにて 

2005年08月03日(水) 7時14分
S.Piero in Bagno
S.Piero in Bagno(サン・ピエロ・イン・バーニョ)は私が今住んでいる中部イタリア、エミーリア・ロマーニャ州の山の中にある小さな小さな町です

小さい田舎町(歩いて10分で町1周可)ながら以外と何でも揃い、不自由はありません毎日近くのバールでジェラートをほおばるのが私の日課ですここは町の中心の公園です

そして毎週水曜日の朝早くから正午まで市場が出ます果物をはじめ、チーズサラミ、衣類・・・とかなり多くの店と人がやって来ます

私の部屋から撮った写真です部屋から町が見渡せます部屋の下も市場が出る為、朝5時位から準備の音でうるさいです

毎週私はチーズを買っては夜に一人、ぼりぼりとワインと共に食べています本場のパルミジャーノ・レッジャーノはやっぱりおいしいですミルクの味が生きていますね最近はペコリーノ(羊のチーズ)に蜂蜜とサンブーコの実でつっくたジャムをつけて食べるのが私のお気に入りですサラミもおいしくて、安くてワインがすすみますよ

町の背には山が見えます休憩時間に山に野草を摘みに行ったりします最近は日本と同じく暑い日が続き、昼は38度位まで上がるのですが、夜が涼しく少し寒いくらいで過しやすいです東京は熱帯夜が続いていますか東京とは正反対のこの町に来て、思わせられることがたくさんありますこの町に生まれて育っていたらきっと、また全然違う自分になっているだろうと思う今日この頃ですなんて穏やかでのんびりとした町でしょう

チンクエテッレにて 

2005年07月22日(金) 8時33分
CINQUETERRE
北イタリア、ピエモンテ州の下、リグーリア州にあるCinqueterre(チンクエテッレ)に行ってきましたチンクエテッレは名の通り海岸沿いにある5つの漁村で、
Monterosso al Mare(モンテロッソ・アル・マーレ)
Vernazza (ヴェルナッツァ)
Corniglia(コルニーリア)
Manarola(マナローラ)
Riomaggiore(リオマッジョーレ)
があります
この中のVernazza(ヴェルナッツァ)で下車し町を散策してきました

ヴェルナッツァはチンクエテッレの代表的な村で、狭い通りや小さな広場に綺麗な海がそこにあり、また他とは違うイタリアの良さを垣間見ることができました
駅を降りるとこれまたおとぎ話のような町です


チンクエテッレを代表するワインで土地と同じなのCINQUETERREがあります酸味がきりっとした心地よい苦味のあるワインで、ここの料理海の幸をつかったものにピッタリでした

近くのジェノーヴェーゼのペーストにも合いますね品種は、ボスコアルバローラヴェルメンティーノを使っています(なんじゃこの品種はーー)そして有名なのがこれをパッシート(糖度を高める為に陰干しをすること)してつくるSchiacchetra(シャケトラ)ですチンクエテッレの町ではたくさんのシャケトラが揃っていました

帰りにMonterosso al mare(モンテロッソ・アル・マーレ)により、海に入ってきましたモンテロッソは砂浜も完備され、宿泊施設もたくさんありました
海に面し、交通手段も船が主要だったこの町のどこか時代に置き忘れられたような、静寂の中で暮らしている人々を見てなんだか心が安らぎました

ボローニャにて 

2005年07月21日(木) 8時16分
BOLOGNA
私が今住んでいる町から一番近い大都市がここボローニャです(それでも電車とバスで2時間はかかります・・・)ボローニャの街は、建物の軒を巡る柱廊(ポルティコ)がたくさんあることで有名ですねその通り駅を降りて中心地に向かう途中から多くのポルティコが見られました様々なポルティコが通りと通りを結んでいました素敵な街です

サン・ペトロニオ聖堂

ゴシック様式で14世紀末に建築が開始され、今も尚未完成教会内のポルティコやその大きさに圧倒されました大美術館を思わせる大聖堂でした


ここは旧ボローニャ大学(11世紀に創立されたヨーロッパ最古の大学)の解剖学大階段教室ですここでは世界初の人体解剖が行われたことで有名です

街の裏を歩くと様々な店が立ち並んでいます生ハム、果物、チーズとそして何やら一番にぎわっていたのがこの魚屋さんでした

そしてこれは・・・

ホウボウです(BIG)おいしいだしがでるとのことで、煮込んで食べるそうですでもこの顔を見たら食べにくいです・・・紀子シェフお土産はこれでいいですか今後ボローニャ2も乞うご期待

ブラにて 

2005年07月19日(火) 8時40分
BRA
ピエモンテ州にある小さな町BRA(ブラ)に行ってきましたトリノから電車で1時間強でおとぎ話にでてきそうな小さくて可愛い町でしたBRAはイタリアのスローフード協会の本拠地があり、またチーズでも有名でピエモンテのDOP(チーズの原産地呼称)の中で一番生産量の多いチーズでもあります

BRAからバスでワイン産地で有名なBAROLOALBAにも一時間ほどで行けます

BRAは1時間もかからない位で町を一周できてしまいますきっと町の人が皆友達なんでしょうね

ここは町の入り口にあったエノテカでおじさんが親切にお勧めしてくれましたここではグラッパをベルタのグラッパを購入しました

これがBRAを代表するチーズのBRAです土地の名前がそのままチーズの名前になってますBRAにはタイプが2種類あり、BRA TENERO(柔らかい)と BRA DURO(硬い)があり熟成によって味わいもかなりかわってきますどちらが好みかはひとそれぞれですね

私はBRA DUROの6ヶ月熟成を買って帰りましたそして、イタリア対日本ということで BRA vs きゅうりのきゅうちゃん(日本からわざわざ母が送ってくれました)を試食しましたがこれは全く合いませんでしたまた次回にBRA2をブログアップしたいと思いますので見てください

トリノにて 

2005年07月18日(月) 8時28分
TORINO
イタリアに来て最初の1ヶ月はトリノに滞在していました1ヶ月間イタリア式ソムリエの授業を受けました何が難しいって、イタリア語が難しいです・・・
1ヶ月間ずっとホテル滞在でしたが、かなり街の中心にあり私の部屋からはトリノのシンボル、More Antonelliana(モーレ)が見えました

フィレンツェのドーモからの景色に負けないくらいとても素晴らしい景色でこれまたビックリ心魅せられました中には国立映画博物館があり、幅広い映画の魅力に触れ興味深いものでした

ここからトリノの街を眺めると、トリノが都市計画によってできた街だということがわかるんだよとスタッフの方が力説していました確かにその通り、街の中心にあるべき駅が(トリノには2つ大きな駅がある)街の中心外にあるのです駅が造られてから街ができたのです

ここは街の中心の商店街の中にある、トリノ一ワインが安く、品揃えがあるというエノテカです!毎日のようにワインを買っては、飲み仲間同士でブラインドテイスティングをしたりしていましたほんとに毎日・・・

商店街のチーズやさんですピエモンテのチーズを中心にイタリア各地のチーズが揃ってます私は毎日パルミジャーノ・レッジャーノ・エクストラをボリボリと食べていましたさすが生産地区ですね、うまいっ(そういえばそろそろ今年もチーズプロフェッショナル呼称資格試験がありますね金井さん、原さん、天野さん頑張ってください)やっぱりチーズとワインは最高ですイタリアに来て再確認済みです
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像クレジットカード現金化 ショッピング枠現金化
» ヴァルドビアッデーネにて (2012年02月15日)
アイコン画像creditcard cash
» ヴァルドビアッデーネにて (2011年06月24日)
アイコン画像かsh
» ヴァルドビアッデーネにて (2010年10月23日)
アイコン画像casino inew
» ヴァルドビアッデーネにて (2008年06月23日)
アイコン画像casino jnew
» ヴァルドビアッデーネにて (2008年06月23日)
アイコン画像slots
» ヴァルドビアッデーネにて (2008年06月23日)
アイコン画像gambling
» ヴァルドビアッデーネにて (2008年06月22日)
アイコン画像casino online
» ヴァルドビアッデーネにて (2008年06月22日)
アイコン画像casino florida
» ヴァルドビアッデーネにて (2008年06月21日)
アイコン画像casino bonus
» ヴァルドビアッデーネにて (2008年06月21日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sachi-wo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる