大賀の大串

September 26 [Tue], 2017, 2:48
2005(平成17)年から新たに全てのトクホのパッケージに「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意を促すフレーズを表示すること食品メーカーに義務付けられた。
汗疱(かんぽう)は手のひらや足裏、指の間などに小さな水疱がみられる皮膚病で、世間一般では汗疹(あせも)と言われ、足裏にできると足水虫と早とちりされるケースもよくあります。
チェルノブイリ原子力発電所の事故に関するその後の追跡調査のデータから、大人に比べて未成年のほうが飛散した放射能の有害な影響をより受けやすくなっていることは明らかです。
くしゃみや鼻水、鼻詰まりや目のかゆみ・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の主な諸症状は、アレルギーを誘発する花粉の飛び散っている量に追従するかのように深刻になってしまう特性があるのです。
抗酸菌の結核菌は、感染した人がゴホゴホと「咳」をすることで外気の中に振りまかれ、空中にふわふわ流れているのを誰かが空気と一緒に吸い込むことによって感染していくのです。
ヘルニアというものは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間に存在するクッションに近い役割をする椎間板(ついかんばん)という円形の線維軟骨が突出した様子を指しているのです。
エイズウイルス、すなわちHIVを有する血液や精液のほか、母乳、腟分泌液といった類の体液が、交渉相手などの粘膜部分や傷口等に接触することにより、HIV感染のリスクが高くなります。
杉花粉が飛散する時に、まだ小さな子どもが体温は平常なのに頻繁にくしゃみをしたりサラサラした鼻水が出続けている状況なら、杉花粉症の可能性が高いかもしれません。
悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、通常なら人間の体を癌から保護する役目を果たす物質を分泌するための型ともいえる遺伝子の不具合によって発生してしまう病気だと言われています。
下腹部の強い痛みを主訴とした病には、大腸の壁が飛び出る大腸憩室症、尿管などに結晶ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、卵巣の病気など、色々な部位の病気が挙がるようです。
季節性インフルエンザのワクチンでは、これまでの膨大な研究によって、注射の効果を見通せるのは、接種の14日後から150日くらいと考えられているのです。
お年寄りや病気を持っている人などは、目立って肺炎を発症しやすくて治療が長引く傾向にあるため、常日頃の予防や早め早めの治療が大事なのです。
基礎代謝というものは人間が横になっていても燃焼してしまう熱量であり、大部分を身体中の筋肉・臓器の中で一番大きな肝臓・頭部の脳の3つが使っているということはまだ広くは知られていません。
老化が原因の耳の遠さでは毎日少しずつ聴力が低下していくものの、普通は還暦を過ぎないと聴力の衰えをあまり自認できません。
アメリカやEU圏では、新しく開発された薬の特許が満了してから約30日後、製薬市場の80%が後発医薬品に切り替わるというクスリもあるほど、ジェネリック医薬品(Generic drug)は世界に採用されているという現実があります。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユヅキ
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる