『ラーメン紀行』の巻 

July 09 [Sat], 2005, 1:08
題名を皆様は何と読むのか。
仕事場のビルのゴミ捨て場にあったダンボールに記されていたラーメン紀行。
僕は『ラーメンのりゆき』と呼んだ。職場の仲間は『ラーメンきこう』と呼んだ。
何故か不思議な顔をされたが深みを追えない悲しさだなと。かわいそうに。
普段何気なく寄るコンビニの棚に、紀行(のりゆき)が並んでいたら。
そりゃあもぅ即買いさ。買ってから帰宅までがきっと楽しくて仕方無いハズ。
台所につき調理を済ませ、一口目から始まる紀行(のりゆき)の世界。
親に蔑まれた幼少期、目立たない学生生活、平凡な職場に望まない結婚。
涙の無い別れに孤独な死。あぁ紀行(のりゆき)。ごちそうさま。

『おろしミスした』の巻 

July 07 [Thu], 2005, 23:09
休日。都内をうろうろしていた。
六本木から新宿へ。アローズで帽子購入。

18時。友達と合流。生クリームツアー開始。
DSで自分の脳と対面する。奴はへたれだった。
・・・足し算引き算もロクにできない自分の脳を呪った。

途中友達が「ルミネTheよしもと」張りの喜劇を見せる。
冷静に対応してみせた。今ので脳年齢下がったんじゃ。。?
最後に頭にチョップして解散。友達の頭が痛そうな一日だった。

地元について、友達二人に呼ばれそっちへ。
サイゼで4時間、3人で昔話に花を咲かせて解散。

『番組の途中ですが』の巻 

July 07 [Thu], 2005, 3:06
まずお詫びから。
身の回りの人間に繰り返し伝えてきた法則が今日、見事に破られた。
次の瞬間、俺の提供してきた情報は誤報へと切り替わる。

秋葉原に、しかも電気街に、ギャルが居た。
秋葉原特有の大気中ではギャルは生存することは出来なかったハズだった。
オタクの退化か、ギャルの進化か。挙げ句の果てには4〜5グループ居た。
会話が疑問詞ばかりなので恐らくは本物。悔しい。何故だ。
肌を黒くする放射線装置の研究?はたまた肝試し?
わからない。今夜は眠れない。

『病のススメ』の巻 

July 06 [Wed], 2005, 23:01
久々に病院へ行ってきた。
そして医療現場の実態と本質の片隅を垣間見てきた。
時間帯が早かったのも要因か、待合席は老人ホームモード。
端から順に爺、爺、翁、婆、婆、翁、爺、祖父、爺、曾祖父、婆、婆、、、
といった無限世界。合わせ鏡の空間に連れ込まれたようでもあった。

しばらく観察していてふと、気がついた。今ここに居る全ての爺婆は、
健康や延命を求めている。要は『死にたくないパワー全開』な爺婆。

もちろん活気の欠片も無い世界だが、そう考えてみると
何とも前向きで生命溢れる泉のようだ。自殺や逃避症候群な
教室や仕事場の数倍は命に満たされた空間である。短いが。

『逆さまフィットネス』の巻 

July 06 [Wed], 2005, 10:26
あぁ。あぁ。あぁ。ただいま気合い入れ直し中。気持ち締め直し中。
倒れる程働いているワケじゃあ無い。別に何も言われてないし終わってない。
マックスコーヒーを飲まなくなったワケじゃあ無い。だのに〜なぁ〜ぜぃ〜。。。
胸の片隅に『一休みしたい』がカスッた。『チッ』では無くて『ジュッ』て音と共に。
イカンイカン遺憾。タカンタカン多感。休みませんよ☆シュコー。

『厳しい夜』の巻 

July 05 [Tue], 2005, 10:09
仕事場の地域が夏祭り。若人にまみれっ放しである。
中でも目を引いた女の子らしき5人組。

いわゆるギャルなのか、ギャロップなのか。
皆一同に、黒い。め組の人ファンなのは確かだが、
いったいどうやって黒くしているのかを想い描いた。
正月先取りの漆塗りか、奥様御用達の靴墨か、
あるいはアフリカンなのか。恐らくはカンボジアンだろう。

よくよく聞くと会話も極めて不思議だ。
〜じゃね?〜ぽくね?マジで?等々、全て疑問詞で成り立つ会話。
少なくとも日本の国語の時間には学べない疎通方法を取り入れているようだ。

しかし5人とも服装、髪型、肌色が共通点だらけなのを考慮すると、
お馴染みのサイボーグ説も外せない。非常に考えさせられる1日だった。

『線路は続くよももまめも』の巻 

July 04 [Mon], 2005, 10:14
連休。長い旅、と言うよりは長旅だった。
鉄道マニアや車両フェチ、車掌通に吊革狂いの攻撃に耐えながらの数日。
見事だった。吊革狂いのサインは敬遠だったぜ!車にも乗ってドリフトだぜ!

数日共にした俺の何かは、
『電車で痴漢に間違われて人生棒に振る恐怖シンドローム』と
『女性専用車両に対する憤りシンドローム』それに『渋谷の人間の
歩く早さについていけないシンドローム層』にやられ、
帰り道は車両内で座り込んでガクガク震えていた。
とにかく移動速度に定評のある休日だった。

お土産にポチから風邪もらってきた。

『僕はいつでも此処に』の巻 

July 03 [Sun], 2005, 10:50
少し高い位置から見てみる。5百人くらいの知人が闊歩している。
カッポカッポ。55億人くらいの知らない人も闊歩している。カッポカッポ。

55億人くらいの人が僕を知らない。
55億人くらいの人が僕という存在に気がついていない。
55億人くらいの知らない人の内、10万人くらいはすれ違っただろうか。
10万人くらいの知らない人が、僕の足音を無意識に耳に入れただろうか。
10万人くらいの人が僕の足音に気がつかない。これは小さいのか。
逆に限りなく大き過ぎるのか。

僕と知らない人の間に存在するのは疎通では無く距離のみ。
延々近々。距離のみ。55億人くらいの人との距離が繋ぐのは存在のみ。
一生涯会うことも関わることも無い人間との間に存在する距離。
立ってる星が丸いのは、離れ過ぎないように生まれたコトなのか。

『行ったり来たり』の巻 

July 03 [Sun], 2005, 9:55
六本木でキャロルと合流。寝不足だ。
以前二人で来たときに見た帽子が欲しくて。
店、開いてないじゃないですか。新宿御苑前へ。

今日は久しぶりに野川さんとちゃんと話した。
体調・・・か?・・・俺には解んないけど頑張って。
色々と悩まされる・・・考えさせられる時間だった。

渋谷。青島合流。飲み。俺寝落ち。徹カラ。俺寝落ち。
明け方5時、青島と別れる。俺、風邪みたいだ。

『カワイソス』の巻 

July 02 [Sat], 2005, 12:45
朝。げなりと二人で、鶴舞〜名古屋へ。
徒歩とかチャリで。案の定、道間違えた。
なんで名駅向かうのに名古屋城着くんだよ。

今日は久しぶりに色々な人に会った。
周囲の人間は別としても居心地は悪くない。

んにしても、離れてく人多いね、実際。
離れ気味な俺が言えた台詞でもないけど。
管理人のサイト
野川さくらファンサイト
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像さっちゅん
» 『ラーメン紀行』の巻 (2005年07月15日)
アイコン画像ぐあむ
» 『ラーメン紀行』の巻 (2005年07月11日)
アイコン画像さっちゅん
» 『線路は続くよももまめも』の巻 (2005年07月06日)
アイコン画像ぐあむ
» 『線路は続くよももまめも』の巻 (2005年07月06日)
アイコン画像ぐあむ
» 『to名古屋』の巻 (2005年07月04日)
アイコン画像青島
» 『可愛くねーっての』の巻 (2005年07月03日)
アイコン画像さっちゅん
» 『to名古屋』の巻 (2005年07月02日)
アイコン画像ヤスアキ
» 『to名古屋』の巻 (2005年07月01日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sacchun
読者になる
Yapme!一覧
読者になる