マッサージの起源について

April 18 [Mon], 2011, 17:50
人は疲れた時、マッサージをしてほしくなりますよね。最近では疲労を緩和させるためでなく、美容のためにするマッサージ法というのもあります。今回はそんなマッサージの起源について調べまとめてみました。

『マッサージ』の語源はギリシャ語の“マッシー(揉む)”またはアラビア語の“マス(揉みこむ”に、フランス語の“アジ(操作する)”という言葉が混ざって作られた造語だとされています。

タイ式マッサージの元となったのは2500年前、ブッダの時代にさかのぼると言われています。タイは地理的にインドと中国の間に位置することから歴史的にも両国から様々な影響を受けてきました。タイ式マッサージを作ったとされるのはインドのシバカ・クマールバッカという自分で、この人物がタイに伝えられたと言われています。
紀元前4〜5世紀ごろギリシャのポクラテスという人物が、「医師たるものは医術についてのあらゆる学理とともに、マッサージも修得せよ」と力説し、そこからいくつかの論文も発表されましたが、その後長い間マッサージの研究はされることはありませんでした。それから16世紀後半になってフランスでマッサージの術式とその効用について詳しく説明する論文が新たに発表され、再びマッサージは脚光を浴び、臨床技術の一部として重要視されるようになりました。

また足裏ツボマッサージといえば、中国をイメージされる方が多いと思いますが、実は足裏マッサージの起源は中国ではありません。足裏マッサージはアメリカが発祥の地とされています。1917年、アメリカのフィッツジェラルド博士が、全身を10のゾーンに分ける『ゾーンセラピー』を発表しました。その理論を学んだセラピストのイングハム女史が、さらに細かく、足の裏に全身の各臓器を反射・投影した『反射区』があると考え、『リフレクソロジー(反射学)』と命名したのが直接の起源です。歴史見てもごく最近の事というのは驚きですね。

台湾式マッサージを生み出したのは、スイス人のジョセフ・オイグスター神父だとされています。これはリフレクソロジーを参考に開発されたものです。

日本にマッサージが伝わってきたのは昭和20年、陸軍軍医の橋本乗晃がフランス流のマッサージを日本に持ち帰ったことから始まります。橋本はこれを受け継ぎ、日本で初めて医療マッサージとして活用したのが日本のマッサージの歴史の始まりとされています。

このように世界でその歴史は違えど、今こうしてマッサージ技術が広がり、必要とされているのは、こういった昔の偉人達の功績があるからなのですね。


【PR】
離婚 相談は弁護士にお任せ下さい。年中無休は 【平間法律事務所】
世田谷区のマッサージファンにも好評なラフィネ店舗検索
渋谷区のマッサージファンにも好評なラフィネ店舗検索
博多のマッサージファンにも好評なラフィネ店舗検索
名古屋市のマッサージファンにも好評なラフィネ店舗検索
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みるみる
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像株式会社ブルースクレイ・ジャパン
» ファッションの起源について (2013年10月25日)
アイコン画像株式会社ブルースクレイ・ジャパン
» ファッションの起源について (2013年09月04日)
アイコン画像株式会社ブルースクレイ・ジャパン
» ファッションの起源について (2013年06月11日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sacafe1121/index1_0.rdf