古今東西 酒に溺れて漂い巡る 酒徒鯖味噌のダラダラ日記。  更新のない日は二日酔いだと察してあげよう (スパムが多いのでコメント、トラバは認証式。でもお気軽に)

酒インデックス
このブログで扱ったお酒の索引です
使えたり使えなかったり……
2008年05月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
鯖味噌に物申す
アイコン画像メラニー
GWが終りました (2008年05月10日)
アイコン画像鯖味噌
マホカンタ (2007年05月25日)
アイコン画像リペア
マホカンタ (2007年05月24日)
アイコン画像紫鏡
マホカンタ (2007年04月08日)
アイコン画像紫鏡
鯖りんのブラリ就活日記その3 (2007年03月09日)
アイコン画像鯖味噌
読むお酒 (2006年11月22日)
アイコン画像モルト侍
読むお酒 (2006年11月22日)
アイコン画像鯖味噌
遅ればせながら (2006年11月22日)
アイコン画像リペア
遅ればせながら (2006年11月20日)
アイコン画像鯖味噌
ハッピーハロウィン (2006年10月31日)
鯖味噌のお気に入りブログ
GWが終りました / 2008年05月08日(木)
さ〜て
五月病にでもなろうかなっ


サラリーマン
初任給
黄金週間

いや〜遊んだ遊んだw

同期と箱根にいったり
大学の友人と『東京おのぼりさんツアー』やったり
一人でフラフラと名所巡りしたり


気がつくと金欠の気配ですよ?w


でもいいんだ!
お金で買えないモノをお金で買えた気がするからww

問題といえばまぁ
(脅威の11)連休のお陰で乱れに乱れた生活習慣を
早く立て直さなければいけないことぐらいですかね
あぁ朝が辛い

この連休中に、またしても友人がスペシャルな酒を土産に持ってきてくれたので
そのあたりのご紹介も近日中にしたいもんですが



奴の持ってくる酒は凄すぎて
絶対に長い記事になるのが判っているせいか
ついつい後回しにしてしまい

気がついたら7本くらい溜まってますよ?
あぁ早く書かなきゃあの感動w

 
   
Posted at 21:51 / 日記 / この記事のURL
コメント(3)
ホントごめん / 2008年04月30日(水)
ごめんなさい
ごめんなさい
ごめんなさい


いや〜何ヶ月ぶりだろブログの更新w
ハイ



すいませんでした^^;
生きてます
生きてました

ただ根っからのサボリ魔なだけです


はぁ〜〜〜

ええと
休んでる間に鯖味噌を取り巻く環境が激変しました
なんつ〜か
卒研とか
論文とか
卒業式とか
引越しとか
入社式とか
怒涛のごとくこなした結果
ハイ
フレッシャーズやってますw

信じらんねぇ

いや何が信じらんねぇって
寝坊せずに毎日、出社してますよ?
この私が

いやはや
やればできるもんですねww
教授、スマンかった
怒涛の三ヶ月には色々とネタもあったんですが
もう全てカットでww
いや旬を逃したネタは人目に晒しちゃならんでしょ

な訳で
今後は心機一転

鯖味噌@社会人
踏んだり蹴ったり呑んだり呑まれたり
奮戦泥酔日記


ということで
ひとつ
宜しくお願い申し上げますm(_ _)m


 
   
Posted at 23:37 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
アサヒ スタウト / 2007年08月22日(水)
意外に美味い
なのに見かけない
それもまた意外



グビグビっとな
ビールをな
飲んでるとな
辛いことは流せるし
楽しいことは噛み締めれるし
つくづく幸せだなぁと実感できるもんです

だから
若者の酒離れとか
悲しい限りです

実際、私の周囲の人間も飲まない奴が多いのです

酒っていうのは好奇心で手を伸ばして
見栄張って飲み続けて
気づいたら愛しているもんではないかとw

いや、私は幸いにして最初のバーボンに惚れ込んだ男ですがww

でもビールを美味しいと思うまでには多少の時間がかかりました
ほら、アレ苦いからw

美味しくないと思っていた物を飲み続けたのは何故だったんだろう?
今では見向きもしない缶チューハイの方が好きだったあの頃
ビールを見切らなかったのは何故だったんだろう?

それはきっと背伸びだったと思う

今は美味しくないコレがいつか美味しく感じるに違いない
周囲の大人を見てそう信じたのだろう
それを見切ってしまえば大人になれない様な気でもしていたのだろう

だから少しだけ無理をした

ビールの飲めない大人になりたくなかったから
ビールの飲める大人になろうとした

そんな理由だったのだろう


飲めるどころか愛してしまっている自分がいて
大人どころかガキのままの自分がいて
そんな自分すら肴にして呑んでる自分がいて
つくづく
幸せだなぁ〜と思っている自分がいる

飲めない人が不幸だとは思わない
ただ飲める自分が幸せでたまらないだけなのだ

って
ほら見ろ
酔っ払うと碌な事を書かないww


んじゃサクッと今日のビールを


『アサヒ スタウト』

ちょっと珍しいアサヒスタウトビールです
これってどうやら缶では売ってないようで
そのせいか私の近所には売ってる店が無かったりします

見かけて即ゲットでしたw



う〜〜〜〜〜〜〜む
意外というかなんというか
アサヒなのに濃厚系
スッキリサッパリが身上のアサヒ黒ビールとなると趣が変わるらしい
とはいえ
やっぱりモルトビールではないあたりがアサヒですがw

コクがあって深みもあって甘さもある
変にベトついたりしない口当たりも上々
苦味のバランスも良いし美味しいです

でも
そうは言っても
これはスタウトエール

そして
スタウトといえば
やはりギネスが強い!
アレは一つの完成形だから

他のスタウトギネスに勝てる点はやはり価格か
でもこれそんなに安くなかったよなぁ^^;

という訳で
美味しいですがギネスに勝てるかというと微妙
ギネス以外のスタウトが飲みたい方や
アサヒの違った顔が見たい方にはお勧め

なんとも惜しいビールです
でも一度は飲むべきビールでもあります

私的にはドラフト缶ヴァージョンが出たらもう一度買ってみたいです

 
   
Posted at 00:09 / ビール / この記事のURL
コメント(0)
モルトセレクション・英国産ロースト麦芽 / 2007年08月15日(水)
第二弾
とりあえず一発屋でなかった証明


サントリーって頑張ってる
限定ビールが一番豊富なメーカーな気がする
限定じゃないビールはモルツだし
ワンランク上の商品としてプレミアム・モルツが用意されてるし

世間じゃキリンアサヒだと言われてますが
私の一押しはやはりサントリーかなぁ

とか
つらつらと小一時間考えてしまう今日この頃

うむ、酔ってますw


『モルトセレクション・英国産ロースト麦芽』

いぇ〜い!モルトセレクション第二弾!!
前回のカナダ産麦芽に続いて
今回は英国産ロースト麦芽です!
むぅまたまた面白いところを持ってくる
しかもこのビールは麦芽っていうかビールのタイプ自体が面白い
アンバー・エール
アンバー(琥珀)の色したビールです
琥珀……そう!琥珀です
琥珀エビスと同じタイプのビールです
最近は日本のビールもバリエーション豊かになりましたね
ピルスナースタイル一本槍よりも断然面白くて良いです
頑張れビール会社w


大学に弁当作って持って行ってるお陰で晩飯が豪華だww

でもこのビールってご飯とは合わせにくいです
何と言うかコクがありすぎるw
甘味が強いのでおかずとの相性が難しい
香りはなんとも香ばしくていいのですが^^;

煮つけなんかのコッテリとした料理とならば合いそうかな?
焼き魚なんかとは微妙
普通のビールのほうが絶対合うと思います

でもビール単体で味わうなら香ばしくてしっかりとした味わいなので飲み応えがあります
でもサントリーらしく後味スッキリ素直な味わい
そのせいか琥珀エビスよりは若干ライトなので
こちらの方が飲みやすいという方もおられるかと

なにはともあれ
旨くて面白いビールシリーズ第二弾
堪能しましたw
 
   
Posted at 03:45 / ビール / この記事のURL
コメント(0)
スーパードライ スリムボトル / 2007年08月08日(水)
これはお酒です
間違える奴っているのかね?


瓶ビール
缶ビール
ボトルビール

どうやらそんな感じの流れがあるらしい


『アサヒ スーパードライ スリムボトル』
売り場で見て吹きましたw
いくらなんでもコレは……
えぇ〜?
って感じです

ついにビールもここまできたか
でもこれってスーパードライだから許されることやね
なんかビール界のスポーツドリンクっつーか
やたら爽やかなイメージがあるからね

シャキーーーッと汗を振り払って飲むイメージw

でもスポーツの直後にこんなもんがぶ飲みしたら悪酔いしそうww



味についてはなんかもう今更ですね
スキッとしてペラーンですww
軽くて薄い爽快感だけのビールです
いやもう正直、こんな面白ボトルが出なきゃ自分で買って飲みませんw
冷凍野菜を使った炊き込みご飯が結構美味しかったです
以上

とまあ
ボロクソに言っておりますがw
いや
周りにもスーパードライが好きって人もいるんですが
あえて
あえて聞こう
美味しいかアレ?
なぁ〜んか薄っぺらい金物みたいな味がしないかい?
鯖味噌はモルト派なので
あの薄っぺらさがどうにもうけつけません
久々に飲んで再確認してしまいました

まぁエビスとかプレミアムモルツのズシッとした味わいが苦手な人には
あの爽快さとか軽さが良いのかも知れません
お手軽感もありますしね

そんなこんなで
モルツはボトルになって欲しくないなぁと考える今日この頃でした
 
   
Posted at 08:27 / ビール / この記事のURL
コメント(0)
熟撰 / 2007年08月01日(水)
あえて純粋令をやぶる
それもまたこだわりか


もうね
ビールとかワインとかウィスキーとかね
呑むだけ呑んでね
ほったらかしにしているわけですよ

なもんで
まとめて更新しようかと

重い腰ついにあがる!!

かもしれない


『アサヒ 熟撰』
あ〜画素が荒いなぁ
結構、古いケータイ使ってるからねぇ
デジカメ欲しいなぁ


ん〜画素が荒いからアテに何を食べたかも判りませんね^^;
でもパイントグラスが使えたから幸せw

んで
このビールは
副原料を使っています
コストうんぬんとかじゃなく味わいのためにあえて使っているらしいです
まぁね
アサヒって会社は麦芽100%のモルトビールにはあまり積極的ではない会社なんですがね
さすがにスーパードライが主戦力の会社ですやね
軽くて爽快が至上命題らしいですw

でもこのビールはドライって感じでもないですね
確かに麦の味はあまりしませんが軽いかというとそうでもない
香りは良いしドライ特有の薄っぺらさも無い
どちらかというとアサヒよりもキリンに近いイメージかも

まぁでもアサヒなんですがねw

私はモルト派なので
まぁそれなりという感想ですが
ドライ系のビールがお好きな方はぜひ!
飲み応えのあるドライって感じです



 
   
Posted at 07:54 / ビール / この記事のURL
コメント(0)
ベルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ / 2007年07月31日(火)
唯一つの格付け級
ただし格付けに参加しない強豪多数
みたいなっ!!


宿題はコツコツやらずにまとめて遅れて叱られて提出したクチです
あぁ全然進歩していない
でも人間きっとそんなもの

では


『Vernaccia di San Giminiano』

以前、話題に出たカルディというコーヒーショップ
そこの人気白ワインです
イタリア語で長々と書かれたネーミングが一見さんお断り!って感じですが
ベルナッチャとは葡萄品種
サンジミニャーノとは地名です
つまり
サンジミニャーノで採れたベルナッチャ種の葡萄で作られたワイン
って訳です
だからまぁ色んな人が同じ名前で出しているんですがね

とりあえず
トスカーナ州の白ワインの内唯一D.O.C.G格付けを得ているワインです
D.O.C.GとはフランスでいうAOCと同じ原産地だの製法だのを決めた格付けです
トスカーナ州では赤ワインはいくつも格付けに入っていますが白ワインはこの銘柄のみ格付けに入っております

まぁぶっちゃけトスカーナの本領は格とか無視して好きに作っているこだわりワイン
別名スーパートスカンこそが真骨頂なのですが……
あぁいつか飲んでみたいぜサッシカイアww



さて味の方ですが

変なクセがなく、とても飲みやすいです
キリッとした後口
クールな香り
やや辛口な味わい
頭痛になりにくいタイプのアルコール成分

非常に美味しいです
そのクセの無さゆえに万人向け
とりわけワイン初心者にはうってつけでしょう

しかし何と言ってもこのワインの強みはコストパフォーマンスの良さ!
千円強で買えるお手軽さでこれだけの美味しさってのが嬉しい
気軽にデイリーワインにしておられる方も多いのではないでしょうか?

ただ少し持久力というかボディの弱さが気になりますかね?
一時間持たずにヘタレてきます
なので一人でジックリ飲んでいたら最後の方はスカスカになってしまう可能性が高いです

友達と集まって焼肉とかしながらパァーーーーッと開けて飲むのが良いでしょう
フライや肉との相性は良いですから

ただし海産物とは最悪
私、うっかりさきいかと合わせてしまい
地獄を見ました

 
   
Posted at 03:02 / ワイン / この記事のURL
コメント(0)
シャトー・サン=ミシェル 2005 / 2007年07月24日(火)
バ、バレンタインなんて気にしてないんだからね

う〜んツンデレって難しいww

私が良く行くゲームセンターはイオンショッピングセンターの中にありまして
そのイオンにはコーヒーショップカルディが入っておりまして
そのカルディは酒と料理が好きな私の行きつけとなっておりまして
特にワインのお勧めはハズレがないのでいつも楽しみにしておりまして
んで
今年!
今年のバレンタイン企画として
チョコレートと貴腐ワインの抱き合わせコラボレーション
が行われていました

貴腐ワインです

しかも本場フランスのソーテルヌです

うわっ!欲しい!!

隣に売っているのは貴腐ワインに漬け込んだレーズンをチョコでコーティングしたものだそうで

うわっ!これも欲しい!!

あ〜〜〜でもなぁ
バレンタインのレジに自分でチョコ持ってくとかどうよ?
ミニチュアボトルとかなら平気で持って行くんだがなぁ
俺はゲイでもガチホモでもマッガーレ↓でも無ぇよ!
と弁明しながら買うのもなぁ
とか
考えたとかどうとかww

結局、財布の都合上ワインだけ買って帰りました

アイスワインは飲んだことあっても貴腐ワインはまだ飲んでなかったので
ソーテルヌから始められるのは有難い
という訳で


『Chateau Saint-Michelle 2005』

です!
小さいサイズの瓶なので一人でも安心して飲みきれます

せっかくなので貰い物の生チョコマリアージュ
おぉっ!?
あ・ま・い
嫌がらせのように甘いww
っていうか蜜?

芳醇で滑らかでナッツの様な香りがします
アカシア系の蜜のフィーリングがあります

甘い!
凄いな貴腐ワイン
アイスワインなんか目じゃねぇぜ

フランスでは料理とワインの合わせ方をマリアージュと言いますが
結構、甘い物と甘いワインを組み合わせたりするんですよね
だからデザートとデザートワインが一緒に出たりするんですが
日本人の感覚にはあまり合わない気がします

抹茶と和菓子
コーヒーとチョコレート

甘いものと苦いもの

日本人は飲み物と食べ物を全部あわせて0に落ち着くように設定しますが
フランス式マリアージュは特徴をより浮き彫りにしようとします
少なくとも私には両者の違いはそう感じられます

なので次に貴腐ワインを飲む時にはカカオ99%チョコあたりと合わせたい!


 
   
Posted at 15:17 / ワイン / この記事のURL
コメント(0)
キリン・ザ・ゴールド / 2007年07月11日(水)
能ある鷹は爪を隠してそのまま忘れる

あ〜たまには普通の日記とか書きたいかもww


『キリン・ザ・ゴールド』
百周年を迎えたキリンが世に送り出す
骨太なモルトビールです
コンセプトは
「とりあえず」ではなく2杯目3杯目も飲み飽きないビール
だそうです
味わいの特徴は隠し苦味だそうですがはてさてくるっぽ〜〜♪w


うん苦いww
っていうか
全然隠れてないよ?苦味ww
国産ビールでドライではなく苦味をここまでつきつめたビールも珍しい

飲みなれていない人に多い
「ビールの苦いのが苦手」
に止めをくれてやるわ!
なビールですww

私は苦いの大丈夫なんで普通に楽しめました

ん〜でも苦味が強いので
つまみと合わせるのは意外と手こずるかも
少しでも甘味があるものは苦味が強調されてマッチしません
純粋に辛いかしょっぱいかの単純な味付けが良いでしょう

あと舌がビリビリしびれる感じがするので慣れるまでは違和感あるかも

まぁでもようやくキリンが出したスタンダードなモルトビールですし
十分な出来だと思います
サントリーモルツで物足りなさを感じる人はぜひ!


 
   
Posted at 14:53 / ビール / この記事のURL
コメント(0)
トゥボーア / 2007年06月12日(火)
トゥボーア?
トゥッボル?
ツボルグ?


this is a pen.
で躓いた鯖味噌に外国語能力を求めないでください
正しくは何と読むんだろうこのビールww

ネットで探すとトゥボーアトゥッボル
買った店ではツボルグと表記

まぁどれか当ってるでしょうww
国によって発音が違ったりするしね


『TUBORG』
デンマークのビールだそうです
味はといいますと



メッチャ普通ww
いやほんとに
ある意味で日本人のビールのイメージの典型でしょう
しいていうなら若干アタリが柔らかいかな?

でも普通ww
変り種を求めて買った人はガッカリするくらい普通ww

でもひょっとしたら得がたいビールかも
外国のビールって飲みなれていない人間にとっては受け付けない味も多いから
ここまで日本のビールに近い味わいって逆に希少な気もします

ってな訳で
日本の夕飯との相性はバッチリでした!
美味しいしね普通にww


 
   
Posted at 15:32 / ビール / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.