はなまるで紹介されたさばの味噌煮の作り方

December 22 [Mon], 2008, 18:26
さばの味噌煮、おいしく作りたいですよね。色々なレシピが紹介されていますが、TBSで放送中で主婦に人気の「はなまる・マーケット」でも簡単でおいしいさばの味噌煮のレシピを紹介していました。

はなまるでは、人気の料理研究家・堀江ひろ子さんが紹介するさばの味噌煮の作り方は、フライパンで作ります。

水、砂糖、酒、しょうが(皮ごと千切り)を一煮たちさせ、さばの皮側を上にして重ならないように並べねぎも一緒に入れます。
煮汁を数回さばにかけたら落し蓋をして中火に10分かけます。その間に味噌、砂糖、みりんを合わせておき、さばに塗るように加えたら煮汁をかけながら2〜3分煮込みます。
最後にさばとねぎを取り出し、煮汁をとろみがつくまで煮詰めてさばにかければできあがりです。
はなまるで堀江先生が紹介していたさばの味噌煮は、骨付きのさばが使われていました。骨付きのさばを使うことで良い出しがでておいしく仕上がるのだそうです。
はなまるのレシピでは味噌を後から入れるなどポイントを抑えれば、煮込む時間も短くおいしいさばの味噌煮ができますので、気軽にチャレンジできそうですね。



>>おいしい料理の節約法

家庭で違うさばの味噌煮のレシピ

December 22 [Mon], 2008, 11:06
さばの味噌煮のレシピは家庭でも違い、いろいろな作り方があります。

さばの味噌煮のレシピではしょうがを使ったものが多く紹介されていますが、しょうがの変わりに梅干を使ったレシピも紹介されています。
さばの味噌煮で、一番家庭で個性が出るのはやっぱり味噌でしょうか。甘目が好きな方は西京味噌などの白味噌が塩分も少なく甘みもありとろりとした仕上がりになります。
赤味噌はしょっぱくて酸味がありコクがあります。味噌は米、麦など材料によってもメーカーによっても味が違いますので、合わせ味噌にしたり、砂糖の量などで調節したりして我が家の味を見つけてみてください。
さばの味噌煮でレシピの前に重要なのが、魚の選び方。冬が旬のさばですが、新鮮なものを選んでください。新鮮なさばは、身がしまって固く、目の周りが透明できれいです。切り身の場合はピンクかがった透明感のあるものを選んでください。
さばの味噌煮ではさばの臭みを取る下処理で沸騰したお湯にくぐらせたりしますが、新鮮なものならしなくても大丈夫ですので、まず新鮮なさばを選んでくださいね。

基本のさばの味噌煮の作り方

December 22 [Mon], 2008, 1:31
これから冬にかけて丸々と太って脂がのってくる旬のさばを使った料理と言えば、さばの味噌煮。
さばの味噌煮の基本の作り方は、酒、みりん、砂糖、しょうゆ、水をひと煮たちさせた中にさばとしょうがを入れ中火で煮て、最後に煮汁で溶いた味噌を入れ煮汁をかけながら煮詰めていきます。
さばの味噌煮の作り方はとても簡単でご飯にピッタリですし、1日置いても味がしみ込んでおいしくなります。

また、さばは青魚なので、動脈硬化を抑え、脳細胞を活性化させる働きのあるDHA(ドコサヘキサエン酸)と、高血圧の予防や中性脂肪を減らす働きがあるEPA(イコサペンタエン酸)を多く含んでいます。
さばは竜田揚げや塩焼きなど様々な料理がありますが、体に良い発酵食品である味噌を使ってさばの味噌煮をぜひ作ってみてください。圧力鍋を使った作り方だと骨まで食べられるやわらかさになりますし、酒の変わりに焼酎を使ってもおいしいそうです。
さばの味噌煮の作り方も色々あり、クックパッドなどで作り方が紹介されていますので、自分の好みの作り方を探してみてください。
テレビでもレシピなどは多く紹介されていますし、レシピ本も多く発売されていますので、参考にするのもいいですね♪
P R
カテゴリアーカイブ