久々ですが、吐露。

August 26 [Fri], 2011, 18:41
自分、細やかじゃないなぁ、とよく思う。
大ざっぱ、うっかり、抜けている。
心理学の講義で、忘れるのが人間。忘れるから脳の容量を大きくできた、と習ったが。
しかし、なんなんだろう、私の抜け落ちっぷりは。
昔、忘れ物をしまくってよく怒られた。
当時の自分について、あれは多分何かしらおかしかったと今の私は言っている。何らかの障害みたいなのがあって、昔はそれは特に病名もつかなかったけど、大人になるにつれて薄れ、普通に生活している人が多いという。そういう人は妙なところに才能を発揮するらしく、私もそんな部分があったから。
でも、やっぱり変わらなきゃいけないわけですよ。社会人だもの。公務員だもの。人様の子ども、預かってるんだもの。
もう29にもなるのに、まだまだ考えが甘い自分が嫌になる。
そして、自分の体質。
我慢してもそうなってしまう場合はどうしたらいいんだ。
気合いの問題みたいなことを言われたが、踏ん張ってるんですよ。踏ん張って踏ん張って踏ん張って、それでもダメで。
私が何と言おうと、相手がどう受け取るかが大切何だろうけど、生理現象だもの。
腺が人より小さいとか何か無いかなあ。気合いが足りないなら、私はどのくらい踏ん張ればいいんだろう。みんなそんなに踏ん張っているのだろうか。心を無にすればいいのだろうか。私はそんなに器用なことはまだできない。不器用な生き様らしいし、でも、裏表が無い所が好きと言っている人もいるし、私も社会に適する器用さよりもちゃんと相手の気持ちを受け止めたい。相手が話しているのに自分のことを主張はしたくない。
でも、私はそういう器用さを持たなきゃこれから絶対苦労する。それはわかる。
そして、自分を主張するのは必要だけど、それを良しと思わない人も以外といる気がする。
失敗したのは私だから、まあ、しょうがないんですが。
音読用の詩を探していて、まどみちおの「やってしまったならこれからがある」みたいな詩に少し励まされた。
私の今後如何で何とでもなると思えた。やっちまったなら取り戻す。なあに、まだ8月。

実家へ

April 01 [Fri], 2011, 19:01
地震以来初めて実家へ帰る。
というのも、姉からのヘルプがきたから。
姉が勤める県立病院からも、災害派遣にたくさん行っていて、人手不足だから休み返上。
で、姉が土日に休めない時は母の出番なわけだが、母は母で、地震で延期になった保育園の卒園式。父には戦力外通告を出してあるので、巡り巡って私。
嫁いだのに子守りに帰るなんて変かもしれないけど、被災地の人手の確保に繋がることだと思って引き受けた。
Y氏は寂しそうだけど、私が考えて決めた時は応援してくれる人だからね。
申し訳ないから、夕飯に豚キムチと、もやしとソーセージを蒸したのを作って置いてきた(好物)。仕事帰りの私の精いっぱい。
私は決して優しい人間じゃないけど、ああしてあげよう、こうしたら嬉しいかな、と考えられるようになってきたなあ、と思う。Y氏に関しては。

実家へ

April 01 [Fri], 2011, 18:50
地震以来初めて実家へ帰る。
というのも、姉からのヘルプがきたから。
姉が勤める県立病院からも、災害派遣にたくさん行っていて、人手不足だから休み返上。
で、姉が土日に休めない時は母の出番なわけだが、母は母で、地震で延期になった保育園の卒園式。父には戦力外通告を出してあるので、巡り巡って私。
嫁いだのに子守りに帰るなんて変かもしれないけど、被災地の人手の確保に繋がることだと思って引き受けた。
Y氏は寂しそうだけど、私が考えて決めた時は応援してくれる人だからね。
申し訳ないから、夕飯に豚キムチと、もやしとソーセージを蒸したのを作って置いてきた(好物)。仕事帰りの私の精いっぱい。
私は決して優しい人間じゃないけど、ああしてあげよう、こうしたら嬉しいかな、と考えられるようになってきたなあ、と思う。Y氏に関しては。

うちの嫁

March 20 [Sun], 2011, 10:00
昨日、私は微妙に発熱して終わった。
昔は37℃なんて平熱の範囲内だったけど、ダイエットしてから平熱が低くなったので、37℃をこえるとどうもおかしい。
とにかく眠くて、午前も午後も夜もしっかり眠った。
卒業式までバタバタしていて、おまけに地震のために土日も働いたからだろう。
それと、余震のたびに目が覚めるから睡眠時間も少なかったんだよ、と言われて気付いた。
確かに。
数年前の地震の時は、余震がきても気付かなかったし、地震慣れしていた。
今回は、小さな揺れも反応するし、震度3くらいでも「ぎゃーっ」となる。先生モードになっているから学校では大丈夫だったけど、家だとだめだ。で、睡眠不足。
意外に私、デリケートだったようだ。多分、体育館の照明の揺れとかがすごかったからだと思う。
私が寝ている間に、台所が模様替えされて使いやすくなっていた。地震以来取り外していた食洗機もセッティングされていた。
物流が復活してきたのか、イオングループが強いのか、野菜や肉が手にはいった。ごはんも作ってもらってしまった。
実はしばらく私が忙しかったから、夕飯も作ってもらい、あげくの果てには自分で弁当まで作るように。
あんたいつでも嫁にいけるよ、と言いかけて、いや、私が嫁にもらったのか?と思った。
春休みに入ったので、もう少し私もがんばろうと思います。

卒業

March 19 [Sat], 2011, 2:45
地震の時はまさに卒業式練習。体育館の照明器具の揺れ、収納が飛び出してきたこと、今でも思い出すと怖い。でも、泣きながらでも一生懸命避難した6年生に感謝。
一週間経って規模は若干縮小したけど、無事卒業式ができた。
袴着ちゃった。えへへ。余震の時に大変かな?とも思ったけど、いざという時には何とかなるさ、と。地震だ何だと、何もかも質素にしちゃっても寂しいし。
臨時休校にもなったから、なかなか練習時間を取れなかったのに、節電で暖房を切っていたからかなり寒かったのに、
…立派だった!
卒業式後に、ちょっとしたサプライズもあって、うるっときそうになったけど、食い止めた。
謝恩会は中止になったので、PC室で謝恩会で上映予定だったDVDをみんなで見た。
数日間の停電、今も続く物資の不足という被害はあったけど、みんな無事で、卒業式できるのはすごく幸せなことだ。
でも、卒業の実感が無い。
春休み終わったら、またあの人たちがやってきて、普通に過ごしちゃいそうな気分。だんだん寂しくなるのだろう。
勉強やら友達関係やらでつまずいても、みんながもつ、誠実さ、優しささえあれば、何とでもなる。ってことを、最後の授業で話した。
二年間楽しかった。
そう思えることにも感謝。
24人に感謝。
巡り合わせにも感謝。
私は幸せだ。

入籍

February 11 [Fri], 2011, 22:57
しました。

いろいろあったけど、やっぱり私は彼とずっと一緒にいようと思った。
一緒に幸せになれると思った。

婚姻届というものは、思ったよりあっけなく提出できるものだった。
あまりにあっけなくて、実感がなかなか感じられず。
お互いの実家に挨拶に行ったのに、いつも通りな感じ。

で、写真を撮りに。
前から予約していた、貸衣装+ヘアメイク込み、ワンカットで25000円の小さな写真館。
割と簡単なヘアメイクで、結構サマになるもんだ。
私は膨らんだ感じのウエディングドレス。Y氏は長身をいかして、ちょっと長めの白いタキシード。
チャップリンフリークのカメラマンが、楽しく写真を撮ってくれて、私は始終笑いっぱなし。Y氏はどのくらい笑ったらいいのか迷いつつ。
結局、ワンカットだけじゃもったいなくて、もうワンカット追加。
写真を撮りながら、少しずつ、結婚したんだなぁと思えた。
もともと一緒にいる時間がながいから、生活はあまり変わらない。
でも、私はこれから幸せになっていくのだ、と自覚。

ともかく、入籍したので報告。

久々

February 06 [Sun], 2011, 3:09
実家泊。

姉がSK?買った!と自慢してきたので、風呂上がりに無断で使用。うん、多分いい。クリームが、クリームというか、もう、固形物に近い。それがまた“いいもの詰まってます”って感じがする。


私には実家が2つある。
1つは山奥の、大学卒業まで住んでいた家。祖父が亡くなってしばらくしてからはもう誰も住んでいない。
2つめは今いる家。駅前の住宅地。祖父が亡くなる2、3年前に建て、家族はいずれこっちに住もうと話をしていた。
山奥だと、何かあった時にすごく困る。救急車も到着に時間がかかるし、車が無いと買い物にも行けない。近所のしがらみもある。暖かい近所付き合いならいいんだけど、実際にはいい人もいるんだけど、うちの近所は何だか面倒な人や自分のことしか考えない人が多い。祖父の葬儀の時、本当にわかった。悲しんでいられなかった。

そんなこんなで、今は新しい家にいる。
私は場所というものにさほどこだわりがなく、離れて暮らすようになっても、どっちの実家も落ち着いて過ごせた。
山は山で気持ちいいし、新しい家はやっぱり便利。

でも、今、結婚を目の前に控え、一番の場所は変わりつつある。
結婚に向けた話合いで、親とたくさんもめたから、この家に愛着が薄れたのか?それとも、転勤族になったから場所に対する執着が消えうせたのか?とも思ったけど、そうではない。

私たちも新しい家族になっていくんだ。
まずはあのアパートで。

まだわだかまりが残っていないとは言えない。
でも、私が笑って暮らしていければ、うちの親もわかってくれる。
大丈夫、大丈夫。


なめてかかってはいけない

January 26 [Wed], 2011, 19:12
我が6の2の教室は、校舎の一番西の端にあり、朝日が当たりづらいために、大変寒い。
最新設備の学校だから、温度管理は職員室でピピッと操作するのだが、他のクラスが温まっても6の2はとにかく寒い。
最近は私、上5枚、下2〜3枚が当たり前。
隣のクラスと必ず3℃違う。
こんなに寒いからインフルエンザも流行りそうだけど、今年は無事。もう学級閉鎖はいやだ。特に卒業を控えているのだし。

卒業といえば、卒業までのカウントダウンをみんなで書いたのだけど、何なんだ、この実感の無さは。
昨年度末に、多分また同じメンバーで1年過ごすんだろうなーと思っていた時と、何も変わらない。
卒業担任はそれじゃだめなのかもしれないが、私は今こうなんだからしかたがない。
画像の「あと1日」を書いた子も、
「どうしよう、全く想像がつかない!」
と言っていた。
やれ卒業だ中学校だと口では言うんですがね。
何事にも終わりがあることを、どうも意識したくない時もある。


さて。
運動量の確保のため、体育では私も動くようにしていて、体を温めるための鬼ごっこはかなり本気。
うちの学年、平均すると脚があまり速くはないから私でも勝てる子が多いし。
で、今日も元気に鬼ごっこ。
隣のクラスのすばしっこい子を捕まえようと、全力で走ってきて手を伸ばす。
しかし、同じことをしている子が向こうからやってきた。すごい勢いで。
彼は、身長は私より数センチ高いが、体重は15キロくらいは重い。しかも筋肉質。小学生なのに。体重が重い割には動けるから、多分ラグビーをやったらいいと思う。
私も彼も、狙っていた子に逃げられ、そのままの勢いで、衝突。
私の頭が彼の首の横側にヒット。
2人で倒れた。
彼は若さと丈夫さのおかげか、スッと起きたけど、私はしばらく起き上がれず。
脳みそが揺れたと思った。
立ち上がってもグラグラした。
立場もあるから、何より先に「大丈夫?」と聞いた。
彼は首を押さえつつ、頷いた。で、すぐ鬼ごっこ参戦。
私も勢いで再び参戦。
しかし、頭がぶつかったのが首にきて、しばらく痛かった。
保健の先生に、私のこともだけど、首という急所にダメージを受けた彼のことを相談したら、
「そのまま動けて、痛がらず帰ったなら大丈夫。むしろさやか先生の方が…」
と。
そして、
「相手が悪かった」
と。
…私もそう思う。
小学生とはいえ。
今、頭のほかに、首、アゴ、こめかみに鈍い痛み。ムチウチっぽくなった。

隣のクラスの、県の中年の中で一番脚の速い先生は、
「ぶつかって怪我するのはいつもこっちなんだよな。俺もいくつメガネを壊したか…」
と。


小学生を甘く見ると痛い目にあうぞ、ということだろうか。

和風

January 12 [Wed], 2011, 18:35
日番だったので、最初っから最後まで、むったりと学校にいました。
で、校内の見回りをしていたら見つけてしまった。図書室の外側の戸に。
うちの学校は司書の先生がいるから、図書室はなかなか充実しているのだが、なぜ今回こんなことに。
こりゃ1月19日に本を返さなきゃ呪われそうだ。そういう狙いか?!
ちなみに、内側には、こいつがドライヤーで髪を乾かしている絵があった。
絵本のキャラクターなのだろうか。室内にも関わらずダウンを着て見回りするほど寒かったのに、わざわざ写真撮るために2回図書室前を通っちゃったよ。

前髪力

January 11 [Tue], 2011, 17:36
朝、出勤時刻が副校長先生とほぼ同時だったのだが、車に乗っている副校長先生が私のことをものすごい顔で見ていた。
本当に、「ものすごい」としか表現できない表情だった。
何かやらかしたか?!やらかしてなくても気に障ることでもしたか?!
と思ったが、ただ単に、髪型が変わって、私が誰だか分からなかっただけだった。良かった。やらかしてはいなかった。

しばらくデジタルパーマのお世話になっていたけど、久しぶりに髪をストレートにした。
美容院へ行くと、そんなつもりじゃなくてもなぜか「バッサリいってください!」と言いたくなる性分なのを何とか抑えて髪を伸ばしてきたが、何だかバッサリバサバサいきたくなってしった。が、この丸顔でショートはまずい。近藤春奈さんになる。角野卓造じゃねえよ、とか言ってられん。それと、長いとごまかしきくからね。変なクセついてても、結ってごまかす。
しょうがないから、切りたい欲はしばらく伸ばしていた前髪にぶつけることに。
長いほうがクセが出にくいのと、童顔すぎて「年相応になろう」とのコンセプトのもと伸ばしてきた前髪。しかし、最近は若返りたくてしょうがなかった。ちょうどいいんだ…と言い聞かせ、ジョキジョキ。前髪は瞬く間に短くなり、ストレートと相まって、とっても若返った。びっくりした。暗闇なら高校生と言い張れる…というのは無茶か。
しかし前髪ってすごいね。


そうそう、貸衣装屋に行ってきましたよー。卒業式で着る袴をレンタル。
大学の卒業式でおとなしめのを借りてしまった心残りがあり、若いのを着るなら今しかねえ!やるなら今しかねえ!…だけど、先生だし、やらかしてはならない…ということで、迷った迷った。
卒業式に向けて忙しくなるから嫌だー!と思ったけど、まあ、袴という楽しみがあるから、それはそれで良し。
yaplog!こうこく
★プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サヤカ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1982年11月24日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:教員
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-聴くのも弾くのも好き。ピアノ、箏、三弦(三味線)も弾きます。トランペットも始めました。
    ・クッキング-手早く作れて栄養のある物を考えるのが好き。最近はおつまみをよく作る。
    ・ダイエット-延々と減量中。今までマイナス20キロプラス2キロあたりをうろうろ。ちょっと太ってきたから何とかせねば。
読者になる
・性格(自分から見て)
A型だと言うと必ず驚かれるくらい大ざっぱ、身回りの整理整頓ができない、気持ちの切りかえがはやい(=立ち直りが早い)、自分に甘く他人に厳しい、うっかり者、変な物好き、人との距離感をつかむのが下手。
・性格(人から言われたこと)
精神的にタフ、常に慌てている、落ち着いている(矛盾している意見だ…)、自分を犠牲にし過ぎる、自分に厳しい分他人にも厳しい、物事にこつこつ取り組む、書記のような仕事ぶり、よく物にぶつかる、いろいろしでかす、たまにA型らしいところがある。

初めての高学年担任。お子さまたちの近くにいると、身長の低さと童顔のせいで紛れてしまいます。
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
★最新コメント
アイコン画像サヤカ
» 32 (2010年04月02日)
アイコン画像さとみ
» 32 (2010年04月01日)
アイコン画像サヤカ
» やはりダメージは大きかった (2008年03月10日)
アイコン画像さとみ
» やはりダメージは大きかった (2008年03月09日)
アイコン画像サヤカ
» たまには歩くのもいいもんだ (2007年12月26日)
アイコン画像てらこ
» たまには歩くのもいいもんだ (2007年12月17日)
アイコン画像えり
» 通信簿が終わったので、長々と… (2007年12月15日)
アイコン画像
» 25歳、だらだらと語る (2007年11月25日)
アイコン画像さとみ
» 25歳、だらだらと語る (2007年11月25日)
アイコン画像サヤカ
» 境界線はどこだ (2007年09月25日)

フリースタイルなヒトのツーハンカタログhaco.no.16