STYLE 

August 31 [Wed], 2005, 6:55
沙世のお話はここまで。
来週からまた彼と顔を合わせる生活が始まる。
今更どんな顔して会えばいいのかわからないけど・・・

きっと何事もなかったかのように私達は声を交わす
この先も私達の“過去”は知られずに時は経つだろう
それはお互いがポーカーだから
それが私達のスタイルだから

結局沙世は彼が好きで、考えても仕方なくて
このまま報われなくても
今の私には彼を好きでいることが幸せなのかな・・・




なぁーんて 甘い
(笑)。

好き 

August 31 [Wed], 2005, 6:41
陽の当たる窓辺が好き

イチゴの甘酸っぱい匂いが好き

みんなで語り明かす夜が好き

澄んだ冬の空が好き

傍に感じる体温が好き

そう、そして・・・あなたが好き

ありがとぅV 

August 29 [Mon], 2005, 23:53
振られちゃった週の土曜日だったかな
こなさなきゃならない事は山積みなのに何事にも無気力だった頃

どうしても出ないといけない食事会で
沙世のことを気に掛けてくれてる先輩が通りすがりに頭を撫でてくれた

何を問うでもなく、聞き慣れた台詞を言うでもなく
ただ、黙って軽く頭を撫でてくれたの

その時は“?”って感じだったんだけど、通りすぎた瞬間にわかった
これが彼のスタイルなんだって
沙世はその時初めて、うなだれてても仕方無い、前を向こうって思えたの


疲れちゃった時、こんな温もりがほしくなる
こんな優しさに弱い

ありがとぅU 

August 28 [Sun], 2005, 6:38
沙世の恋愛、全てを知ってる友達からの

『よく泣かないで頑張った。
でも好きになってる以上どうしようもないよね、他の男でいいじゃんなんて言えないよ。
辛くなったらいつでも言えよ』

こんな優しさがスキ

俺が幸せにするだとか
イイ男紹介してやるだとか・・・

ゴメンナサイ、沙世にはなんだかしっくり来ないの

ありがとぅ 

August 28 [Sun], 2005, 5:46
沙世が前を向いて立って居られるのは
沙世を心配してくれる沢山の人に囲まれてるから

どんなに苦しくてもう駄目だって思っても決して一人じゃない
その事が幾度と無く私を支えてくれたの

ありがとう
私はまた自分の足で歩いてるわ

残暑お見舞い申し上げます 

August 26 [Fri], 2005, 7:16
前略

久しぶりにあなたの事を耳にしました。
お元気そうですね。

でも・・・大丈夫ですか?
あなたは強い人だから、時々思い返しては心配になります。

暑さ厳しい折、どうぞご自愛くださいますように。

かしこ

我慢 

August 24 [Wed], 2005, 6:23
そんな風に思えるのはまだぎりぎりの所で希望を失っていないから

何故沙世じゃないのかを問わないのも
私は何だったの?って泣き叫ばない
あるいは、あなたの前でただひたすら涙を流さないのも

モノワカリがいいからって勘違いしないで・・・
あなたを完全に失いたくないから
まだここで待って居たいからなのよ

まだ沙世に我慢する力は残ってる

ココロ 

August 24 [Wed], 2005, 6:13
人はきっと数え切れない楽しさよりも
たった一つの辛さを深く記憶してしまうものだから
あなたと過ごせた時間の中に
気づかず、当たり前のように過ぎていった無数の幸せがあるのだろう・・・

街中で 

August 23 [Tue], 2005, 5:03
懐かしい香りがした
頭じゃない
もっと深いところで私は彼を覚えている
私の感覚が告げる、私には彼が必要だって・・・

彼の残していく香りが大好きだった
同じ匂いが今は胸の奥をしめつける

・・・会いたい

会いたいよぉ

それから 

August 22 [Mon], 2005, 21:15
私達・・・“達”、そう呼べる関係があったとするなら
私達が終わってから一ヶ月くらい

あの頃よりは立ち直ってるように思う
今はふとしたことで彼を思い出せば泣けてくるから

2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像沙世
» 我慢 (2005年08月26日)
アイコン画像kou
» 我慢 (2005年08月24日)
アイコン画像沙世
» 離れ離れ (2005年08月20日)
アイコン画像kou
» 離れ離れ (2005年08月20日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sa-yo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる