13th.day -紅葉満喫、榛名山&北軽井沢
2017.02.22 [Wed] 11:00

2016.10.23(Sun) 前橋→軽井沢:12.4→15.1℃、晴れ時々くもり

13日目、5:40起床
今日も天気の心配はなさそうです

朝食はコロッケサンド。温めたマックスコーヒー付き
じつはマックスコーヒー飲むの初めて

(,,゚Д゚)「ありがとうミクさん! 噂通りかなり甘いな、こういうの山で飲むべきなんやろかね?」


今日は赤城山(地蔵岳)か榛名山(相馬山)どちらかに行って、明日妙義山に行くつもりにしてました
厳正な抽選の結果、かわいい方に決定。r33で高度を上げていきます!

ヤセオネ峠からスタートします
登山口の赤い鳥居、扁額に"黒髪山神社"と書かれてる

(,,゚Д゚)「oh...俺らには縁がないものですなあw」


相馬山は榛名山で標高二位。ヤセオネ峠からスルス峠へ周回することにしました
県道を歩く区間含め、距離は約6km、登り返しほとんどなく標高差は350m

8:10出発です
序盤は歩きやすい遊歩道、傾斜もなく鼻歌交じりのお散歩

17分でまた赤い鳥居が出てきました。ここで南側からの登山道と合流
扁額に"相馬山"とある

傾斜が急になります。少し歴史を感じるような、行場のような岩の階段やら

ちょっとした鎖場やハシゴも出てきます
別に危なくはないし鎖掴まなくても登れる

(,,゚Д゚)「う〜ん。楽しいっちゃ楽しいんやけど…背後のクルマやバイクの音がひどすぎてゲンナリするわ…」


登りきって少し平坦なところに出て、また鳥居をくぐると…もう頂上の黒髪山神社が見えてきた

8:46。わずか36分で相馬山(1411m)のテッペンに立ちました!
そこの神社でいろいろとお願いしろとか言ってくるんですが…

(,,゚Д゚)「よいかミクさん? 髪は全知なる神の至高の創作物であり…、愚かなる人類には創造不可能ないわば禁断の…(ry」


山頂の居心地はそんなによくない。東方向だけ展望アリ、高崎や前橋を見下ろす
ちょっと霞んでるのと、馴染みのない町はそれほど楽しくはないか

山頂は15分で満足。降りましょう!

鎖場とか傾斜が急なわりには西側の展望いい場所がないのな
高い場所から榛名富士とか他のピークを撮りたいんだが、こんな写真が精一杯で

登山口付近(ヤセオネ峠)をズーム。紅葉のピークには少し早かったかなあ?

分岐からは来た道を戻らず、スルス峠の方へ進んでみる。こっちは結構長い階段で整備されてたりして

西側の展望のいいところがあった。けどだいぶ標高下げてしまったな
最高峰の掃部ヶ岳は榛名富士の裏で見えないか

浅間山をアップ

稜線の方に踏み跡があったので、景色がいいのではと登山道を外れてみる
踏み跡はあるし誰かが整備してるようにも思えるけど…300mほど進んで結局登山道に合流した

9:44、下山

振り返ると相馬山がカッコイイ!

(,,゚Д゚)「まあ、登るより見た方が楽しめる山かもしれんね。紅葉の色もいい感じやけど、あと一週間遅い方が良かったかもな」
(#,,゚Д゚)「それにしてもマフラー改造しとるバイクの音がやかましいわ! マジで殺意覚える」


うるさいバイクにはコケるよう咒詛を飛ばしつつ、登山口までメロディロードを歩いて戻る
クルマが通り過ぎるたびに卑猥なメロディが流れてくるw

r33「♪静かなホテルの6号室で、男と女の(ry」


ちなみにバイクでメロディロード走っても、車重の軽さとメットの風切り音で全然聞こえない。琵琶湖大橋とかも同じ

さて、お次は2年前も行った硯岩(1251m)に登ります
掃部ヶ岳の登山道を進んで途中から分岐

榛名山に来たんだったらここは外せないな
予想通り、榛名湖と周辺の峰々が素敵な色で出迎えてくれました!

赤城山もよく見える。珈琲用意して、のんびり飲みながら幸せ補給

パノラマでも一枚

(,,゚Д゚)「それにしてもやっぱりバイクがうるさい」
(,,゚Д゚)「俺が榛名山のヌシなら、休日二輪禁止にするわコレ。ホンマひどい」


硯岩で30分ゆっくりしました。降りましょう

榛名湖の周回路、景色楽しみながらトコトコ進んで…

2年前と同じ東屋で、昼飯のコロッケサンド!

(,,゚Д゚)「ありがとうミクさん。榛名山は何度でも来たいけど、次からは休日外しましょうね、学習しました…」


正午まわりました、なんか雲が広がってきたな、榛名山をあとにします

r33→r54で北軽井沢を目指す。失笑地図でオススメルートになってるけど、なかなかの快走路だし景色もいい

13:01、二度上峠を通過。浅間山を一枚

同じ場所で別アングル。この場所すごく雰囲気良かったんだけど、写真の腕が足りん
写真撮るのに適した場所はクルマが停まってて残念

北軽井沢はまさに紅葉の見頃を迎えてました!
r235で別荘地を縫って抜けて…

博士でも足が出る、グリーンプラザ軽井沢の温泉に浸かっていきます!
初めて来たのに、なんかここ見覚えあるゾ

(,,゚Д゚)「銀髪幼女とサウナでフィンランドごっこ。おかしいな、そんなイメージしか浮かんでこないんですけど何故」


温泉で芯まで温まったけど、しかしさすが軽井沢気温低い
でもその分紅葉はこの旅一番綺麗で

次は鬼押出に行こうと思うけど、125ccは一旦国道まで出る超遠回り
それにしても俺にはこの付近は一生縁がない別世界のようね…

15:11、鬼押出し園の駐車場に来ました。すごい観光客の数やね

どうも有料の様子。駐車場から見た感じ、こういうのは火山登ったらニアリーなものが見れそうな感じがするんだが

(,,゚Д゚)「すげー、これで金とるか…。しかも600円って信じられん」
(,,゚Д゚)「俺らには今更なモノやね、残念観光地であることを確認しました、二度と来ませんな」


陸橋の上から北西方面、四阿山がいい色で見えてる

アップで。頂上ガスってる

(,,゚Д゚)「あの山登った時ガスってたしな。浅間山とあわせてリピートしたい山やねんけどいつになるやら…」


R18に出て、買い出し済ませましょう
このスーパー、何故かムチャクチャ客多くて繁盛してた。地元民だけじゃなくて観光帰りの首都圏ナンバーのクルマが大量に押し寄せてた感じでした

碓氷BPで群馬側へ戻る。走ってると右手に異様な岩峰が見える

(,,゚Д゚) 。o0○(コレが裏妙義か…凄いな。全国いろんな山を見てきた俺でも、こんな稜線は他で見たことないわ…)


17:20、道の駅妙義
ビバークは何とかできるといったレベル。付近に野宿出来そうな場所もないし、ここは致し方ない

駐車場から富岡や高崎の街灯りを望める

心配なお天気を確認…

(,,゚Д゚) 。o0○(ここで雨は凌げそうにないな。明日は対策できる場所へ移動しとかなきゃならんか、折角来たのになあ…)


昨日白菜を特売で買えたのでちょっと嬉しいです、晩酌は袋麺の酸辣スープで鍋にしました

(,,゚Д゚)「プハー、ミクさん今日もお疲れっス」
(,,゚Д゚)「明日は妙義山やね。登ってみたいと思ってから何年よ、きっと期待に応えてくれるでしょう楽しみやね!」



13日目の出費計:

グリーンプラザ軽井沢/温泉博士
豚コマ(TSURUYA軽井沢店)
豚コマ(TSURUYA軽井沢店)
厚揚げx2(TSURUYA軽井沢店)
袋ラーメン(TSURUYA軽井沢店)
ぶなしめじ(TSURUYA軽井沢店)
ハムカツ(TSURUYA軽井沢店)
おにぎり(TSURUYA軽井沢店)
コーラ350ml(TSURUYA軽井沢店)
ビールのようなもの990ml(TSURUYA軽井沢店)
\1,108

230
117
122
76
125
86
43
37
35
237

本日の移動距離:約146.5km
本日の寝場所:道の駅妙義