疲れた。

June 12 [Sun], 2016, 0:28
出雲大社を出発して一路京都に帰る。しかし、島根県まで来て温泉も入らずに帰るのはスパ・キングのオイラには出来なかった。当然入ったんだが、ここがまた気持ちいい!湯温や雰囲気、物凄く良かった。「帰りは高速飛ばせばいいや」と思って長居したんだよ。それがまさかとんでもない事に。当初は0時に到着予定だったんだけど、温泉で気が抜けたのか、余りの眠たさに高速のPAで2時間仮眠。そして雨音で目が醒める。昼から少し降ってた雨は超本降り!車を走らせるもここ、米子道・・・おっそろしい程の悪路!雨もあって50`走行でもきついくらいだ。なんとかしろよ鳥取!中国道までひたすら我慢し帰って来たのは午前4時・・・後6時間で仕事やん・・・。オイラの旅、リフレッシュしに行って疲れて帰ってくるのはザラだけどね、流石に堪えたわ。次の日仕事がまともに出来んかったのは言うまでもない。そしてブログの更新が遅れて5月の旅の記事がまだ始められていないのも言うまでもない・・・スマン。

神様は多忙?

June 09 [Thu], 2016, 2:18
多々羅しまなみを昼頃に出発、しまなみ海道からやまなみ街道を走る。有料道路のくせにSAが全くないこの道は睡魔との戦いだったわ!無事北上できたのは17時頃、島根県の出雲大社に到着。ここは縁結びで超有名な所だよね。で、少し考えた。オイラはいろんな所に出掛けてその度にそこの土地の人達とお喋りしてる、温泉でも、山頂でも、漁港でも。勿論それに留まらず、日常的な仕事場での縁。もっと言えばラインやF.B、このブログにしたってそうだ、今やありとあらゆるツールが縁を広げてると思う。そしてそこから知識、感動、悲しみ、もふもふ!等も縁になるんだろう、果てしなく縁は広がったなと。そしてそれが縁の神様のお陰と考えるなら・・・神様超忙しいやん!と。まぁ、グダグダと書いたが何が言いたいかと言うと、もっと重要な縁をまわせよ!と言いたい訳だ。只でとは言わん。50円だ!5円(ご縁)の10倍だぞ!神様よ!心してかかれ!!ってかお願いしますぅ・・・。

二度としません。

June 06 [Mon], 2016, 0:42
うさぎ島からフェリーに乗って道の駅に到着。行きに逢ったなつきちゃんにさよならを言いに寄ったんだが、目が合った途端に「えぇ〜っ、それはないわ〜」みたいな顔をされる。どうしたの?と尋ねると、「なんでうさぎの恰好で来てくれないんですかぁ。」と。オイラがうさぎ島でしたうさパジャマ姿はタイムラインに上がってる、当然なつきちゃんもそれを見ていた訳だ。オイラにとっては黒歴史になる姿をこの娘はご所望だったらしい。ここで笑いの神様またまた降臨、「早よせえや!」と。オイラの心にお住いの神様はどちらかというと[笑いをとれ]ではなく[笑われろ]的な感じらしい(涙)。ええ、やりますよ!やりゃぁいいんでしょ!と。観光客がいっぱいの中、視線を感じながら着て登場。これで満足だろうと思ったらこの格好でお土産買わされるし、「このお土産美味しいですよ」みたいな営業活動までさせられた。オイラだけ辛い思いさせられるのは癪だったのでなつきちゃんにも被り物を進呈。「したくないですよ〜」なリアクションが返ってくるかと思いきや嬉々として被り始める。愛媛に置いておくには余りにも惜しい逸材、関西で十分やっていける、天竺鼠のナスの方は確実に超えるね!そんなこんなで楽しんだ後、また6か月後のうさぎ島に来るときまた会おうねと約束しさよならとなった。今度来るときは人妻になってるらしい、少しは落ち着くかな?

絶対又来る!

June 02 [Thu], 2016, 1:20
朝もふ終了後に温泉に入ってから更にもふる。ここに来た時にはスライスしたニンジン35本分にその他諸々、しかもこれはオイラ一人であげるためのもの。それが全滅!今回ゆっくりプランでチェックアウトは12時なんだが待たずして終わっちまった。その上雨が本格的に降り出した。もふもふのうさぎちゃんが、だいぶしっとりしてきてお家の巣穴に引きこもりだしたんだ。こうなっては仕方が無い、オイラ達も退散することに決めた。ここ、うさぎ島に来て3年、7回目ですることは何一つ変わっていないのに絶対に来たくなる!オイラの中でそれだけうさぎちゃんと遊べるのは価値があるものだという事だな。そして毎回口にする言葉「絶対又来る!」を唱え楽しさと寂しさを噛み締めながらこの島を後にした。

オイラに出来る事。

May 28 [Sat], 2016, 1:11
温泉を入った後に朝もふ開始。実は昨日の夜に気になる子がいたんだ。写真のこの子なんだけど、常にずっと一羽で居るんだ。見てると他のうさぎを怖がってるみたいだった。実はこの子、目の周りが傷だらけ!やっぱりね、ご飯の時って奪い合いになるんだよ。デカうさが子うさのご飯を横取りするのなんか当たり前、喧嘩も。生存競争と言ってしまえばそれまでなんだろうけど、やっぱりこういう姿を見るとね・・・。オイラが近寄っても逃げなくて、人間には慣れてるみたいだったので、オイラの持ってたご飯の大半をこの子にあげた、頑張って大きくなれよと思いながら。島の子全部を見ることは出来なくても、せめて手の届く範囲の事なら何とかしてあげたいと思う。オイラはここのうさぎちゃんに物凄く癒されてる、そのお返しが少しでも出来るならと。又、こういった考えの人達が来島する事を個人的には切に願う。
P R
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/s_tanaka/index1_0.rdf
月別あ〜かいぶぅ