僕に見せてよ 

April 05 [Wed], 2006, 1:25
僕に見せて
全ての君を

笑顔の君はもう見たんだ
泣いた君はもう見たんだ
怒った君はもう見たんだ
疲れた君ももう見たんだ

だから君の中が見たいんだ

ほら、この割れ目から液体が出てきたよ
この割れ目を舐めると君の顔は歪む
もっともっと広げてあげるよ
もっともっと出してあげるよ




コノ赤イ赤イ液体ヲ―――


***あとがき******
あなたは引っかかりましたか?【何が
引っかかった人残念でしたー♪【ウザ
ちなみに祥吾も引っかかりました
「お前コレダメだろコレ、18歳未満お断りだよ」
とか言われました
コレじゃせいぜい12くらいじゃないの?

でも結局はグロいわけですし
引っかかると思った方はどうぞ注意してやってください
気付いたら即消しますんで;;

以上高永柳作「僕に見せてよ」でした

何でこんなことになってんの? 

April 03 [Mon], 2006, 4:27
えー、皆様お初にお目にかかります。高永柳のイトコ早潟魏祥吾です

「つか何コイツこんなキョドってんの?」って思ってるそこのあなた
よくぞ聞いてくれました【聞いてねぇよ
※これからちょっとグチるんで嫌な方はどーぞ見ないでください

君に贈ろう 

April 03 [Mon], 2006, 3:57
僕はピエロ
愛のピエロ
君のピエロ

君のために気持ちを運びます
君のために愛を運びます
君のための愛を運びます

君は僕に気付いていません
だって僕は君のピエロ
ピエロは妖精
見えちゃダメ
知られちゃダメ
自分の気持ちを伝えちゃダメ

だから僕は君の幸せを願うんだ
僕が幸せになれない分君に幸せになってもらいたいんだ
君のことが大好きだから

僕はピエロ
君のピエロ

君に幸せ贈ります



***あとがき******
恋愛ものあんま好きじゃないのにどうして書いちゃうんだろう・・・
まぁ気にしないでおくか

この詩はあるサイトさんに影響されてピエロものが無性に書きたくなったと・・・
でもパクリじゃないです
本当です。ピエロ=妖精も私が考えました
でも同じ設定の人っているだろうな・・・
前の月と太陽も結構いたし・・・;;

以上高永柳作「君に贈ろう」でした

月と太陽 

April 01 [Sat], 2006, 21:28
あの日僕は輝きを失った

あの日僕の隣からの輝きを失った

あの日僕は隣にいた君を失った

だけどその日僕は大事な事に気付いた

僕等はまるで月と太陽

君が太陽で僕が月

君がいなきゃ僕は輝けないんだ

だから戻ってきて

僕を照らすために戻ってきて

世界に光を齎す為に戻ってきて

僕のために戻ってきて

お願いだから戻ってきて

君じゃないとだめなんだ

だって




僕は君が好きだから―――



end

***あとがき*********
初のヤプログがなんでしょうコレ;;;
って事ではじめまして高永柳でーすv
時々男と間違われますがれっきとした女なんで・・・;

え〜この詩についてですけど
「ある活躍した少年は幼馴染の少女が死んでから『輝きを失った』と言われるようになりました
それが嫌だと感じた少年は理由を探しました
そして少年はとても簡単で確実な理由をやっと見つけたのです
理由とはもちろん幼馴染を亡くしたことです
翌日少年は彼女の墓前で語ったのでした」
というシナリオで少年が語った話として考えたのですが・・・

うん、ダメだね。
もしもこの詩を好きだ、素敵だ、と言ってくださる方がいましたら
それはあなたの心が清く優しいのです
私はそんなあなたが大好きです (←迷惑
以上、高永柳作「月と太陽」でしたw
P R
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:s_ryuichiro
読者になる
Yapme!一覧
読者になる