言い訳。 

January 30 [Mon], 2006, 23:12
「だって君がそういったから」


私が意見をした時に、実は納得してないのに、私の言う通りにしてる時にあなたが使う言葉。
私は意見を言っただけです。
それに従え、なんて一言も言ってません。
それどころか、あなたの意見を聞きたいんだと、声を枯らせて言ってます。

勝手に言う通りにしておいて、私を「我侭だ」と言う。

こっちからすればそれこそ我侭。

頭で考えるよりも言う通りにしてる方がそりゃ楽だろう。
間違ってたら私のせいだと罵れるし。
自分の言葉に対する責任は取らなくて良いんだものね。


だけど
もう大人なんだから、そういう逃げはルール違反です。

見てて情けなくなります。

「私はこんな男と結婚してしまったのか」と。


もしそういえば、ショックだとかなんとか言ってまた逃げるでしょ。
そうじゃなくて、「そんなことない!」と挽回するくらいの男らしさが欲しいもんです。


「男だから仕方ない」
その言葉を隠れ蓑にして何もわからないフリするよりも、
そう言われる事を恥じて、言われないように男を磨く努力をして欲しいもんです。


私は「女だから仕方ない」なんて言われたらバカにされてると感じますけどね。

拠り所 

January 20 [Fri], 2006, 13:35
最近、一緒に住んでるのにあなたのケータイを全く見かけなくなったよ。

あたしの代わりになる、新しい心の拠り所を見つけたのかな。

あたしには心の拠り所がなくって、羨ましい限り。

子供にとっては、あたしは拠り所。
そうでなきゃいけない。

でも私は自分の拠り所を子供に求める訳にはいかないでしょ?

最近、本当に「独り」だなぁって思うよ。

子供は私を必要としてくれるけど、それは「母親」として。
私を必要としてくれる人、いないっぽい。

自分のせいか…。

よくわかんない。

今日は私服で、いつもより遅く出勤したね。
お弁当もいらないって。

これでまた、疑わしく思っちゃう私がイヤ。


何も疑うな。何も受け入れるな。

矛盾してるけど。 

January 17 [Tue], 2006, 23:39
お帰りなさい。

今日は週に1度の買い物の日だから夕食のおかずが多め。
ご飯、手抜きで良いやってあの日から思ってるんだけど
無意識に考えちゃうんだよね。

「この味、好きかな」
「最近これ食べてないだろうから作ろう」

あなた中心の生活、そう簡単には治せないらしい。

料理大ッ嫌いだから、本当は手を抜きたいはずなんだけどね。
自分でも不思議。


あたしがあなたのこと、「好きでなくなるようにする」って言って
あなたは「それなら一緒に住む意味がない」って言ってくれたんだけど
その割にはあの日以来、あたしに接触する事がなくなったよね。

なんか…「じゃあ俺も好きでなくなるよ」って言われたみたい。

本当は、あたしがそんなこと言っても「嫌だ!」って言って欲しかった。
あたしが素っ気無くなっても、この前までみたいに愛情表現をしていて欲しかった。

無茶苦茶な事、言ってるけど。私。


この「見た目だけの平和な生活」を容認したの?
あなた、本当にこんなんで良いの?
私は嫌なんだけど。
嫌だけど、無理矢理顔作って、言いたい事隠してるんだけど。


あなたとしては、本当はこういう生活が望みだったのかも?

私が求めてる本当の生活、あなたは違う人に求めてるのかも?


疑心暗鬼。
超ー暗い。
こんな自分が嫌だ。
前はこんなじゃなかったよ。
こんなにしたのはあなただよ。
戻してくれ。
前向きに生活してた頃の私に。

失恋 

January 16 [Mon], 2006, 19:26
今日も仕事忙しいかな。
あの女と親しくしてるのかな。
気になるけど、気にしないようにしてる…けど本当は気になってるんだ。

あれだけ隠れてメールしてたんだもの、そう簡単には切れてないと思っちゃうし。
あいつはあなたの事、好きなんだから心配で心配で。

でも考えるとキリがないから、今はやっぱり忘れておこう。


それよりも、ついこの間、やっと分り合えて、昔みたいな2人になれたのに
また前と同じぎこちない関係になったのが悔やまれる。

この間までは、本当に楽しかったー。
これからはずっとこんな風にやってこうって思ってたよ。

なのにそれが続いたのもほんの1ヶ月くらいだったね。

やっぱり長続きしないねー…。

今までもそうだったから当たり前の流れなのかもしれないけど。

1,2ヶ月のサイクルで何かしら事件が起こるんだよね。
解決したー!と思っても、また何かあるんだよね。なんでだろね。


私が好きすぎるからか。
現実的すぎるからか。



とにかく、あなたに触れなくなって2週間。
淋しい。

一緒にいるけど、単なる「お父さん」「お母さん」。

そんなの、本当はすごく嫌なんだけど。
仕方ないからそうするけど。


抱きつきたい。
キスしたい。
癒したい。
癒されたい。
手を繋ぎたい。
頭を撫でて欲しい。
好きって言いたい。
好きって言って欲しい。

家庭内失恋、とでも言おうか。

ブログを書く理由。 

January 16 [Mon], 2006, 18:56
付き合い始めて約4年。結婚して約2年。子供を産んで1年。

色んな事があり、夫との間に溝が生じました。

特に子供が産まれてからは、その溝は深くなったようです。


私は、最初の頃と変わらず、夫が大好きです。

誰よりも好きです。ずっと一緒に居たいんです。


夫もそうだと言ってくれます。

言ってくれますが…

浮気に近い事をよくします。

それ以外にも、心無い事をされたりします。

それでも、最初は自分のした事の非を認め、改めようとしてくれていました。

私としては、例え間違いを起こしてしまったとしても
反省して改める意志があれば大概の事は許せます。

最近では、非を認めず、いかにして私を言い負かすか…自分が勝つかが重要になってきてるようです。

それはただ「話をする」から「喧嘩をする」になってしまうだけで。

嫌な気分以外、何も生まれません。

私はそういう非生産的な事はしたくないんです。



…だから、もう夫のする事に何も感じない事にしました。

そうしないと、私自身、ここにいられない。



何も感じないようにする為には、どうするか。

私が夫を好きで無くなる事。


色々考えた結果、それが一緒にいられる唯一の手段だと思いました。

矛盾だらけですが、好きで無くなっても一緒に居たいんです。

つまり、やっぱり好きってことなんですね。


とにかく、好きという気持ちをなくす事にして、2週間程経ちます。


だけど私は、今までずっと正直に生きてきたんです。

こうやって偽って暮らす事に、早くも息苦しさを感じています。

このブログはそのハケグチです。

夫に言えない、夫への気持ちを外に出したいんです。

本当は夫に言いたいけど、それが出来ないから、ここに逃げようと思います。
P R
■プロフィール■
me = ユキエ(20代)
family = 夫・子供(1才)
これは夫への手紙です。
ウザイ!と思う方が多いかと思いますがどうかスルーして下さい。
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:s_l_l
読者になる
Yapme!一覧
読者になる