ブライアン・フェリー

March 02 [Tue], 2010, 10:06
ブライアン・フェリー(Bryan Ferry, 1945年9月26日-)は、イギリスのロック・ミュージシャン、シンガー。ロキシー・ミュージックやソロ活動で有名。来歴イングランド北部ニューキャッスル郊外の炭坑夫の家庭で生まれる。苦学しつつニューキャッスルの大学で美術を学び、アマチュア・ソウル・バンドでシンガーとして活動。その後ロンドンに引っ越し、教師として働きながら曲を書く。1971年にロキシー・ミュージック結成、1972年に『ロキシー・ミュージック』でデビュー。1973年にはバンドと並行してソロ活動も開始し、全曲カヴァーのソロ・デビュー作『愚かなり、我が恋』発表。1974年末、ロキシー・ミュージックの活動の合間を縫って、初のソロ・コンサートを行う。1975年にロキシー・ミュージックが解散してからは、ソロ活動に専念し、1977年に初来日公演を行う。1979年から1983年にかけて、再結成ロキシー・ミュージックで活動。その後ソロ活動を再開させ、1985年には『ボーイズ・アンド・ガールズ』が大ヒット。このアルバムからのシングルカット「DON’T STOP THE DANCE」が、富士フイルムのビデオテープのCMに使われ、自身も出演し日本でもヒットした。この曲は2002年に再び日産・プリメーラのCMに使われている。1997年、『イン・ユア・マインド』(1977年)収録曲「TOKYO JOE」が、木村拓哉主演のTVドラマ『ギフト』で使用され、日本で大ヒットした。2001年、ロキシー・ミュージックの再々結成ツアーに参加。音楽性ロキシー・ミュージックでは、ヨーロッパ的ダンディズムを感じさせるサウンドと奇抜なファッションから、グラム・ロック(グリッター・ロック)の一派とも目された。しかしブライアン自身は、黒人のジャズやソウル・ミュージックからも影響を受けている。自身も優れたソングライターで、ロキシー・ミュージックでは曲作りの中心を担っていたが、ソロ活動では、他人の曲をカヴァーするのも好んでいる。『タクシー』は黒人音楽のカヴァーが中心だが、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのカヴァーも含む。『ディラネスク』は全曲ボブ・ディランのカヴァー。他にもビートルズ、エルヴィス・プレスリー等を取り上げている。基本的にシンガーであるが、キーボード・ハーモニカ・ギターを演奏する時がある。キーボードに

国家公務員法改正案を閣議決定へ(産経新聞)
<真鍋かをりさん>所属事務所を提訴 脱税査察「信用に傷」(毎日新聞)
<首都圏・雪>東海道新幹線、一時減速 上下55本に遅れ(毎日新聞)
篠山紀信さん書類送検へ=公然わいせつ容疑−屋外でヌード写真集撮影・警視庁(時事通信)
<東京都議補選>島しょ部で自民勝利、小沢幹事長問題影響?(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/s9zil472/archive/9
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。