長沼で小園

May 31 [Wed], 2017, 13:02
株を売買するには、現物株の他にも投資方法は様々にあります。

オプションもその中の一つです。


オプションといったものには買う権利のコールと売る権利であるプットがあって、各それぞれに売買ができ、これら四つのパターンの組み合わせ方によって、自由に投資戦法を組むことのできるデリバディブ投資となっているのです。すごく魅力的な投資法ですが、それなりの知識が必要となります。

株の初心者の弱点は、ずばり損切りなのです。上がるとついつい思い、手放さない事が結構あるのです。また、損したくないと思って、さらに損失を膨らませてしまうパターンがあります。絶対とか100%ということはありえないので、損失を最小限で済ませるという事も株投資においてはすごく必要な事です。

これから株をやってみたいと思って今のところはバーチャルの取引により行っています。今は順調で、結構大きく勝ち越しているのですが、いざ実際に、株取引となると簡単にいかなさそうです。



でも、この株のバーチャルによって得た感覚というのを大事にして、本年中には、株取引をやってみようと思っています。

聞いたことがあるとは思いますが、株へ投資する方法には、現物取引と信用取引があります。



やっぱり初心者には大きく資金を失う可能性がある信用取引はおすすめしません。
自分の持金以内で投資ができる現物取引から始める事をおすすめします。入金した金額より損するリスクがないんですから。
また、株主優待を目的として長く株を保有するのも良いと思います。
私は好みの製造業者やブランドの株を保有しています。
年間に一度配当が出るのですが、配当金だけでなく優待で色々なものがもらえるのがお目当てです。特に好みの会社からもらえると、もっともっと頑張って欲しいなあという気持ちになります。株の投資を行う際には、単元の株ではなく、ミニ株式を買い入れる方法もあります。

単元株では投資金額が高額すぎて購入できない株式を買いたい時には、ミニ株で少量ずつ入手することによって、一度に大金を準備しなくても手に入れたい銘柄を購入できます。投資に詳しくない人が株を始めたいと思った場合は、なるべくリスクが少ない資産運用の方法を考えることが必要です。
いきなり個別株の取引を始めるよりも、初めのうちは投資信託などから取引を開始した方がよいかもしれません。


そのようにして、多少は取引の方法などが理解できるようになってから実際に株式の売買を行うとよいでしょう。株式投資の社会ではテクニカル指数を駆使して株式の投資をしている人たちが多数います。

そんなわけで、株への資金投入の初心者もテクニカル指標についてはおおまかに書籍などで学んでから株の取引などを始めた方が、勝つ度合いが高くなるのではないでしょうか。

私はアベノミクスという言葉を耳にしたので、経験のないまま、株式投資を始めたばかりの初心者です。最初はまったく利益が出ず、損失を抱えてヒーヒー言っていたのですが、いまでは経済が上向きなのか、私のスキルがよくなったのか黒字になるように結果が出てきました。



株の収益とは、株価の変動による利益と、配当で会社から支払われる金銭という利益の二つのパターンがあります。
株価の変動を見極めるのは難しいと思っている初心者の方は、株価が落ち着いていて、一定の配当を毎期ごとに支払っている会社の株を買うことにより、配当という定期的な収入を得るというのも良い投資方法の一つだと思います。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:綾音
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる