ガムを噛みながら暗記?

May 08 [Tue], 2012, 14:18
チューイングガムを噛みながら暗記すると忘れやすい脳が混乱することが判明mediaid114Pouch05月05日1210チェックする23つぶやく15日記を書く日記を読む1噛むという行為は、上昇した心拍数を抑えて脳の血流を増加させる効果があるといわれています。
そのためでしょうか。
大リーグやプロサッカーリーグ渡部みなみに籍を置く海外のスポーツ選手、そして現在では海外で活躍する日本人スポーツ選手の多くが、試合中にチューイングガムを噛んでいる姿をよく目にしますよね。
しかし最近になって、噛むことで体に引き起こすあることが研究によって明らかにされました。
それは、チューイングガムを噛んでいると脳が混乱するという現象。
詳細は海外サイトio9comに掲載されています。
心拍数を抑えることと脳が混乱するということは、一見矛盾ともとれる事態これは一体どういうことなのでしょうか。
この新たな研究結果を発表したのは、ウェールズにあるカーディフ大学の科学者たち。
彼らはある実験を経て、チューイングガムを噛みながら複数のことを暗記しようとすると、脳が混乱してそのうちのどれかひとつを忘れてしまう、という事実を明らかにしました。
彼らが行った実験とは、ガムを噛みながら見聞きした数字または言葉の羅列順序を、人は正確に覚えているかどうかといったもの。
するとガムを噛んで実験に挑んだ被験者たちの多くが、数字または言葉の羅列の中からひとつなりふたつを見落としていることが判明したのです。
これまでの研究では、電話番号のような単純な数字を思い出そうとする際には、ガムを噛むことが効果的だとされてきました。
それは先に説明したように、噛むという行為が脳に血流を送り込むからです。
つまりこれらの研究結果を総合すると、噛むという行為は、単純な記憶を思い出すのに効果を発揮する一方で、何かを覚えることには不向きであるということがわかりますね。
ただしここで注意すべきなのは、過去の実験で使用されたガムにはミントの味が付いており、今回の実験で使用したガムは無味であったという相違刀B
そのため、もしかしたら脳の記憶には噛むという行為のほかに味が深く関わっている可能性も否定できないので、これが正確な結ナあると断言するのは難しいという側面もあります。
噛むという行為が脳の混乱を引き起こすという、新たな研究結果。
今後さらに時間をかけて、脳の働きと咀嚼に関する正確な事実を明らかにしてほしいものです。
文田端あんじ参考元io9comPouch関連ニュース甘い食べ物とコカインの脳にもたらす共通唐ェ明らかに左利きの人は、右利きより9年早死にするってホントGPSの使いすぎに要注意いったいどういうことガムを噛むという行為はよく、リズム運動のひとつといわれてる。
噛みながらリズムに乗れるので、脳が活性化されるとかで、うつ病対策にもなるとか。
ミントガムを噛んでいると、鼻詰まりが治まってきたりすることも。
きっとなんとなく脳が刺激されているのだろか。
人それぞれ、っていうのもあるが。
味がないことにより、味を見つけ出そうとして脳が混乱してきてたり。
リズムにのっているということは、リズムが乱れることもあるのかも。
リズムが乱れたら、またそれも調子がくるうということか。
香りで記憶がよみがえるとかも関係あるのかな。
考えてみるといろいろ出てきそうなのでよくわからない。
ミントガム最近噛んでなかったので、時々噛んでみようかな。
歯にもいいみたいだし、食欲も抑えられるし。
なかなかいいことづくめかもしれない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:s9dk1dciej
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/s9dk1dciej/index1_0.rdf