キンバトだけどウェディ

February 24 [Wed], 2016, 11:46
看護師をするきっかけとして欠かせないものに年収が高いということがあります。例えば、一年目の給料で見てみてもほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にも収入が高めだといえるはずです。しかしながら、そうやって高いお金をもらって働くということは、自分の腕を磨いて、患者さんにより良い看護を提供できるよう努力が必要なのです。交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、土日が休日になるでしょう。何か急な事態によって呼び出されたり、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、それでも、土日はかなり休める印象です。それから個人経営の病院で、入院施設のないところなら、多くの場合は土曜、日曜、祝日は、お休みです。意外かもしれませんが、今とは別の仕事場で働くことを望んでいる看護師は、割合に数が多いです。働く看護師が不足している病院などいくらでもあって、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場において給料が相場より遥かに安かったり、身体が辛いのにどうしても休めない、など、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、単に給料や労働条件だけを見ないで、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。シフトを組んだ交代制勤務などで看護師の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、中でも気を抜けないのが、申し送りの仕事でしょう。入院している患者に関する情報をしっかり覚え、しっかりと次の担当看護師がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。簡単な伝言で済むレベルのものも少なくないですが、症状に対する重要な処置の方法などに関しては安易な気持ちで申し送りできないものです。貴重な人材である看護師が必要とされている場は病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。数々の介護施設のうち、グループホームのようなところでも看護師は必要とされています。グループホームで介護サービスを受けている方というのは、認知症の問題を抱えている方、というのが条件なので、十分留意したうえで関わらなければなりません。介護の分野に関心があるという看護師は、グループホームへ勤務することも考えてみると良いでしょう。看護師の収入については、労働者全般と比べると、平均収入ならなんなく看護師が上回りました。医療に関わる職場において需要が途切れることなくあります。そのため、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような得難い長所もあるわけです。ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。不安や悩みを抱えている患者から見ると優しい言葉をかけてくれる看護師は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。でも、現実には看護師の勤務実態は大変厳しいことが多く、覚えておかなければいけない仕事や繰り返しのチェックなど酷くストレスを感じていると言えるでしょう。こうした仕事のストレスから、看護師の中にはうつ病になっている方も意外と多いのです。性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方やストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、医療職にかかわる人たちもより必要性が高まると考えられています。なので、今日でさえも看護師が不足していることが指摘されているのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。年ごとに多数の看護師が新たに生まれているのにもかかわらず、なぜ看護師がそんなに足りていないのでしょう。それには改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが起因しています。ほんの少し前までは看護師というのは女性の職業と思われがちでしたが、ここ数年の間に徐々に男性看護師も増加しています。看護職においては、患者の移動の際や入浴を補助したりと、結構力のいる仕事も多く、男性看護師がより力を発揮できるということもままあります。給料の点からみると女性と変わらないのですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、その分より職業的な高みを目指していけるということです。働く時間を、自分である程度調整でき、興味があってしてみたい、という仕事を多くの中から選べるのが看護師という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。働く期間も様々で、単発、短期、もちろん長期の募集もあり、こちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、看護師として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には派遣で働いてみることも一応考えてみながら求職活動をしてみてはいかがでしょうか。たくさんの人と出会える街コンですがこういったイベントに出る看護師は多く存在しています。女性の多い職場であるため男性との出会いというものが少なくて、結婚相手を見つける目的などのある看護師が、街コンに参戦しています。看護師という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。ただし、たとえカップルが成立しても休日が合わないために結果として、破局、ということもままあるようです。一般的に、看護師は離職率が高いです。そのため、転職率も同じように高い傾向があります。こうした流れを受けて、看護師専用の転職サイトが増えつつあります。看護師の求人に特化した転職サイトであれば、時間をかけずに希望する条件にあった求人を見付けられる可能性が上がるので、仕事に追われて時間のない看護師にはぴったりですね。それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを併用して、より良い転職先を見付けましょう。もはや日本は超高齢化社会です。病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、医療機関を利用する人も増え、看護師の仕事も大変になるばかりです。看護師らの労働環境はあまり良くはなく、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、残念なことですが、過労死してしまった看護師もいるのです。きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、多くは訪問介護の仕事があったりして、そして、そういったところでも高齢者増加の影響は大きく、さらに看護師の需要は高まっており、高齢化社会のつけを看護師が一身に引き受けるような形にもなっています。専門職だけあって、看護師という仕事についていると、他業種と比べると、簡単に転職ができるようです。結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった一個人のライフステージが変化することによる転職もよくみられますが、人によっては看護師としてのスキルをあげるために、転職を志す場合もあります。こういった動機で転職しようとする際は、明確な志望動機が必要で、そうでないと職場を変えるのは難しくなるでしょう。例として、今いる職場では遭遇することない症例を体験したい、公立病院が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった看護師としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、看護師として役に立ちたいと思案している看護師の方もいるでしょう。現実に、海外で日本の医療に対する需要の高まりから、困難を抱える人を救うことの出来る看護師という人材が要求されています。海外で看護師になる場合、意思疎通をはかるためにも、英語を話せることが絶対条件になります。看護師として海外で働きたい場合、きちんと英語を学んでおくべきです。様々な病気を抱えた患者に出来るだけ安心感を持ってもらうためにも、看護師はその外見に問題がないのか気を付けておくことが重要です。女性のケースでは、派手な化粧はなるだけ控えておいて、病院に適したナチュラルメイクを施すのが一番良いでしょう。すっぴんとは異なり、雰囲気が変わることは間違いないでしょう。基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、看護師をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。そんな仕事ですが、ずっと看護師をしていると、それなりに医療についても学んできて、詳しくもなりますから、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、自身の身体に関してもかなり深く理解できるようになるでしょう。看護師として働くということは、イコール夜勤の仕事も含んでいるという場合が大半ですから、看護師の中でも小さな子を持つ場合には不安材料となります。小学生になる前の子供だったら、24時間保育を実施している保育所を利用したり、病院に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。それでも、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。ですので、看護師の中でもパートの勤務に変えていくという方も相当数いると思われます。看護師として、初めての病院勤務を始めた新人であったり、転職してきたばかりの看護師に対し、経験不足を理由に、間違いなく残業をしているのに、相当する手当が払ってもらえないことがあるようです。賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、勤続年数や経験などは関係せず労基法違反であり、犯罪です。残業も完全に仕事のうちですから、せっかく働いたのならその時間分、報酬を得なくてはなりません。よく看護師の職はハードワークだと言われますが労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは個人医院またはクリニックのように、夜勤帯の勤務のないような勤務先を除いては、まれだと思います。具体例として、二交代制の病院勤務について言うと、合間で休憩はあるのですが、合計勤務時間が16時間になることも。労働時間が長いということも看護師という仕事が大変と思われがちな一つの根拠となっているようです。医療の現場に携わる仕事とあって、看護師は片時も気を抜くことはできないでしょうし、そうこうしているうちに自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、メンタルの部分にもかなりのプレッシャーがあるということです。そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを探し出せるかどうかというのは、この仕事を続けていくのであれば見逃すことのできない点になるでしょう。看護師の世界で通用する、業界専門用語の一つとして「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。何のことか見当がつきますか?食事のために休憩するということを仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ち現場でよく使われています。このエッセンという言葉自体には、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。一昔前、医療の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、現在までその習慣が微かに残っていて現在に至っても普通に使用されているようです。初めて看護師の就職先を探してみてもなかなか見つからないという方は、年齢が壁になっているかもしれません。実際の求人には年齢についての制限を載せていない場合も、実際には病院側が採用年齢を決めている場合があります。具体的に言うと、30代以上で初めて看護師としての職場を探すのは、難しくなります。高い給料をもらっている看護師でも、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。病院以外の働き口も看護師には多く、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといった短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、Wワークをしようと思えばできるのです。とは言え、メインで働いている職場の規定で看護師のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、大体、本業自体がとんでもない激務なのですから、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、ここ数年でどんどん病院を利用する必要のある人たちが増えていっています。ですから当然、医療機関で働く看護師もどれだけいても足りないという程、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。しかし、人材が不足している、ということはつまり、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、転職先に困ることはない、というメリットも確かにある訳です。看護師は比較的高給のイメージがあります。場合によっては人の一生を左右する責任の重い仕事ですし、夜勤等、大変な仕事ですが、給料で見れば平均的に高水準を維持できることが看護師の特徴だと言えるでしょう。景気に左右されないのも強みでしょう。このような高給で安定した職場という面では看護師は他にないくらい優秀な職業だと言えます。看護師が働く場所に、いろいろな診療科がありますが、中でも外科に勤務したときのいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、分かっておく必要があります。まず、手術前の患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、看護師に必要な力を身に着けやすいという事でしょう。短所は何かというと、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、時間をかけて確実に患者の看護を実践するのが難しいことです。かつての看護師は看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の看護師がほとんどでした。でも、今では看護師の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男性が働くことも珍しくありません。実際の現場に必要になる看護師としての能力を考えるならば、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。母性的な優しさだけでなく、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、看護師にとって大事なポイントになっています。国家資格を有した正看になるためには、看護課程のある大学や専門学校で学び、無事に卒業するのが必要不可欠になります。看護師試験の受験資格が看護課程を卒業していることなのです。ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、看護学校の受験合格を目指した予備校も人気があるのです。准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、通信教育課程もありますから、働きながら勉強することが出来ます。看護師は、患者と接する場合が多いので、不信感や不安を与えないために、髪形に気を配っておきましょう。看護師として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが良いと思います。とはいえ、職場の環境や方針次第では、ルールがそれぞれ異なるケースがあると覚えておきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayane
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/s8vthhetoscol9/index1_0.rdf